ホールスター取締役会が産業ソリューションと美容・パーソナルケア事業の幹部から2人の新たな責任者を任命

シカゴ--()--(ビジネスワイヤ) -- 世界的特殊化学企業のホールスターは最近、ダミアン・マーシャルとバルン・マトゥールを幹部チームに加えたと発表しました。マーシャルとマトゥールは合わせて25年に及ぶホールスターでの経験を持ち、共に2016年からゼネラルマネジャーの職に就いています。両者の副社長への昇進は、2018年1月の取締役会でホールスターの取締役が投票して正式決定しました。

ジョン・パロ最高経営責任者(CEO)は、ホールスターの新任の副社長への強い自信を表明しました。「当社の2つの主要な事業セグメントのゼネラルマネジャーを務めたマーシャルとマトゥールは、指導力、深い知識、チーム成功への熱意を既に証明しています。」

「共に重要な両者は、ホールスターの中核的価値である従業員への情熱、倫理重視、成果主義、継続的学習を一貫して実証することで、当社の企業文化にプラスの影響を与えています。取締役会は、全会一致でその功績に対する認識を支持し、今後のさらなる成果を期待しています。ホールスターの歴史と成長軌道の中で、両者が役員になるのは今が最適です。」

ダミアン・マーシャルは、1997年に製品マネジャーとしてホールスターで働き始め、製品マーケティングと事業開発で数年をかけて徐々に責任ある役職を経験した後、2016年秋に産業ソリューション担当ゼネラルマネジャーに任命されました。この役職で、マーシャルはホールスターの特殊エステル改質剤事業のP&L、製品開発、戦略的方向性を担当しました。マーシャルは、ノートルダム大学で機械工学の学士号を取得し、ノースウェスタン大学で環境工学の修士号を取得し、シカゴ大学で経営学修士号(MBA)を取得しています。イリノイ州ウェスタンスプリングスに家族と暮らしています。

バルン・マトゥールは、2013年に事業開発ディレクターとしてホールスターに入社し、当社の画期的なマイカ光保護技術の商業発売に特に注力しました。そして、2016年にホールスターの美容・パーソナルケア事業担当ゼネラルマネジャーに任命されました。現在は、ホールスターの急成長中のサンケア、スキンケア、ヘアケア、トイレタリー、化粧品の製品・配合の専門分野のP&L、製品開発、戦略的方向性を管理しています。マトゥールは、ワシントン大学で化学工学の学士号を取得し、ロチェスター工科大学で応用統計学の修士号を取得し、シカゴ大学ブースビジネススクールで経営学修士号(MBA)を取得しています。妻と共にイリノイ州シカゴに暮らしています。

マーシャルとマトゥールは、2018年1月19日にホールスターの幹部職に就任しました。

ホールスターについて:

ホールスターは、特殊化学ソリューションを提供する世界的大手企業です。当社は、すべての仕事に共同アプローチを取り、お客さまがその製品の構想から最初の生産バッチまでを最大限に活用できるようにすべく、技術サポート、化学の専門知識、業界知識を提供しています。詳細情報についてはwww.hallstar.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Hallstar
Marie Paro, 312-554-7470
mparo@hallstar.com

Contacts

Hallstar
Marie Paro, 312-554-7470
mparo@hallstar.com