"中国模式" 日本の製造業も学ぶ時代に

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- に、東京・渋谷のビジネス街の4つの巨大スクリーンが「こんにちは!世界の家電市場をリードするHaierです!」というメッセージを映し出しました。1月17日午後1時30分から第47回ネプコンジャパンの中国・日本・韓国大企業製造イノベーション・サミット・フォーラムが開催され、中国企業を代表する唯一の企業のハイアールは、トヨタ、ソニー、富士通ほか500社以上の大企業の代表者に向けて「マス・カスタマイゼーション・モード」を紹介しました。業界関係者によれば、「思考の新しい工業トレンド」を引き起こした「チャイナモード」を受け入れるのは日本の工業史上初めてのことです。

「チャイナモード」とは、ハイアール・COSMOPlat・マス・カスタマイゼーション・モードのことです。手作業の工場での非効率的な生産やユーザーが購入するモジュールの提供ではなく、ユーザーは全プロセスに関わり、ライフサイクル全体の価値を享受できます。

現場では、「チャイナモード」は日本の工業界のために新しい考えをもたらしました。

時代が変わる中で、日本の工業界も「チャイナモード」から知恵を学ぶことを期待しています。経済同友会の統計によれば、日本の製造業の労働生産性は2000年には米国に次いで世界第2位にランクされていましたが、現在は第11位に落ちています。経済同友会の代表幹事は、「私たちは、日本企業の経営劣化の現実を深く認識し、他者の助けを借りて変革する必要がある」と警告しました。

工業の高度化の分野では、ドイツ、米国、日本が大きな挑戦をしてきました。それでも2017年末の米電気電子学会(IEEE)の新規格計画委員会(Nescom)では、「チャイナモード」を「世界の新たな工業様式」として推進すべく中国のハイアールが主導したマス・カスタマイゼーションに向けた一般規格提案が採択されました。

強力な工業企業の中で抜きん出ている根本的な理由は、中国がこの革命の「目的」に焦点を絞っているためです。それは、ユーザーの生活向上です。言い換えれば、COSMOPlatの最大の価値は、「ユーザー」という最大で最重要の「変数」を世界の工業システムに導入することです。

これまでに、ハイアール・COSMOPlatは20カ国の12業種に導入されて世界の製造業は「中国時代」に入りつつあり、それに「欧米時代」と「日韓時代」が続いています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Haier
Michelle Li, +86-18561509919
3040437593@qq.com

Contacts

Haier
Michelle Li, +86-18561509919
3040437593@qq.com