HCLテクノロジーズがボルボ・オーシャンレース2017-18を支援

レースは2017年10月22日にスペインのアリカンテをスタート

  • ボルボ・オーシャンレースは世界最長のプロスポーツ・イベント
  • 4万5000海里を航海するボルボ・オーシャンレースは、世界各地の12の受け入れ都市に寄港
  • HCLはボルボ・オーシャンレースに戦略的ITサービスを提供

スペイン・アリカンテ--()--(ビジネスワイヤ) -- HCLテクノロジーズが戦略的ITサービス・プロバイダーを務める2017~18年のボルボ・オーシャンレースが、スペインのアリカンテでスタートしました。世界的大手ITサービス企業のHCLテクノロジーズは、エンドツーエンドのインフラ・サポートを提供し、アリカンテのレースビレッジとコマンドセンター間や、それらとレースルート上にある世界各地の12の受け入れ都市を接続します。この世界で最も長く厳しいプロスポーツ・イベントはアリカンテでスタートし、8カ月後にハーグで終了します。

スタートに際して、ボルボ・オーシャンレースのジョーディ・ネベス最高デジタル責任者は次のように述べています。「40年以上にわたり、ボルボ・オーシャンレースは史上最も優れたセーリング選手を集めてきました。今回のレースでは、HCLを戦略的ITサービス・プロバイダーとして迎え、今までで最もデジタルに焦点を当てています。海洋の健康に対する取り組みを示すために、国連環境計画のクリーン海洋キャンペーンと協力して大規模な持続可能性プログラムに着手している私たちにとっても、今大会は特別です。レースが行われる場所の中心には、持続可能性があります。私たちは、プラスチックごみのない海洋の実現に向けて貢献し、化石燃料の使用削減活動を支援したいと考えています。」

HCLとボルボ・オーシャンレースの協力について、HCLテクノロジーズのCVPでEMEA責任者のアシシュ・グプタは次のように述べています。「HCLテクノロジーズは、戦略的ITサービス・プロバイダーとしてボルボ・オーシャンレースに協力できてうれしく思います。世界は非常にダイナミックになり、セーリングはスポーツの中で最もダイナミックなものです。私たちは、ボルボ・オーシャンレースとの関わりを、お客さまのビジネス目標を達成し、次世代技術に関する主導能力を実証するためのモード1-2-3戦略のもう一つの例と考えています。私たちは、機動的で無駄のない21世紀の企業向けソリューションの開発に向けて独自の地位を築いています。」

ボルボ・オーシャンレース – 概要

  • ボルボ・オーシャンレースは、世界で最も長く厳しいプロスポーツ・イベントと評されることが多い
  • オリンピックおよびアメリカズカップと並ぶ世界の3大スポーツ・イベントの1つ
  • 優勝者に賞金は出ないが、ボルボ・オーシャンレース・トロフィーのシルバー・リングの1つに優勝者の名前が刻まれることが最高の栄誉
  • のべ15億人以上がレースを観戦
  • これまでに12回のレースを実施。初めは4年ごとに開催され、2008~09年から3年ごとに変更
  • 2017~18年大会では、男性に加えて女性をチームに参加させることに大きなインセンティブを与える規則が導入された

ボルボ・オーシャンレースのために、HCLは世界各地のレースビレッジへの来場予定者300万人に高品質な体験を提供するために、12の各受け入れ都市の異なる運用状況に合わせて用意した1300以上の製品・システムで機動的で無駄のないモデルとIPを導入しました。世界各地からHCLのチームが集まり、数百万人のレース観戦者のために世界クラスの経験を提供すべく熱心に作業しました。レース観戦者は、最新のデジタル技術を使用して、かつてないほどレースを近くで見られるでしょう。

ボルボ・オーシャンレースは世界最長のレースで、8カ月にわたり7艇のヨットが4つの海洋で競い合い、6大陸の12の港に寄港します。この8カ月間に、のべ15億人がレースを見守ります。ボルボ・オーシャンレースの2017~18年大会には、チーム・アクゾノーベル、東風隊、マフレ(MAPFRE)、ヴェスタス11thアワー・レーシング、新鴻基スカリーワグ、ターン・ザ・タイド・オン・プラスチック、チーム・ブルネルが出場します。この大会では、南極海を走る距離が前回大会に比べて3倍となり(1万2000海里)、2018年6月までにハーグで終了する予定です。

ボルボ・オーシャンレースのパートナーシップにより、HCLのスポーツ分野での実績がさらに拡大されます。これは、HCLがマンチェスター・ユナイテッドの公式「デジタルパートナー」を務める世界的契約に続くものです。

詳細については、https://www.hcltech.com/volvo-ocean-raceをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

HCL Technologies
Elka Ghudial
elka.ghudial@hcl.com
or
Devneeta Pahuja
devneeta.p@hcl.com

Contacts

HCL Technologies
Elka Ghudial
elka.ghudial@hcl.com
or
Devneeta Pahuja
devneeta.p@hcl.com