ザ エスティ ローダー カンパニーズ、デジタルと消費者エンゲージメントのさらなる能力拡大と世界的なコミュニケーション強化の継続に向けて主要な戦略的任命を発表

デーモン・バレルが上席副社長としてエスティ ローダーに入社し、消費者エンゲージメントを統括

アンナ・クラインが企業問題担当副社長としての役割を拡大し、地域の企業コミュニケーションを監督

ニューヨーク--()--(ビジネスワイヤ) -- ザ エスティ ローダー カンパニーズ(NYSE:EL)は本日、当社の消費者エンゲージメントとデジタルのさらなる能力拡大と世界的な企業コミュニケーションの強化の継続を支える2つの主要な戦略的任命を発表しました。

  • デーモン・バレルは、2016年4月11日に消費者エンゲージメント担当上席副社長として当社に入社しました。バレルは、ジョージア・ガリノワメレニキオトー企業マーケティング担当執行副社長の下で勤務します。
  • アンナ・クラインは、2016年7月1日付けで企業問題担当副社長に任命されました。クラインは、グローバル・コミュニケーション担当執行副社長のアレクサンドラ・C・トラウアーの下で引き続き勤務します。

ザ エスティ ローダー カンパニーズ(ELC)がデジタルと消費者エンゲージメントという高度に戦略的な分野に継続して注力する中で、バレルの任命により今日のデジタル優先の世界における当社の前進が推進されるでしょう。バレルは、当社の消費者エンゲージメント能力の継続的な前進を担当し、あらゆるタッチポイントとチャネルでのシームレスな消費者体験のさらなる実現に取り組みます。幅広いマーケティング機能全体に関する約20年の経験を持つバレルは、デジタルとソーシャルメディアを早期に導入したリーダーとしてよく知られています。その経歴は、消費者エンゲージメント、デジタル/ソーシャルメディア、消費者関係管理、マーケティング戦略、マーケティング展開に及びます。直近では、バレルはバイアコムでニコロデオン向け360度マーケティング担当上席副社長を務め、ニコロデオンのメディア・消費者向け製品資産のあらゆる消費者エンゲージメントを統括しました。

ガリノワメレニキオトーは、次のように述べています。「私たちは、今日の急速に変化する状況の中で当社の継続的な業界リーダーシップを確保すべく、当社のデジタル能力の拡大と消費者エンゲージメントの推進に熱心に取り組んでいます。世界的なデジタル戦略開発とユニークで未来志向の消費者体験の構築に関するバレルの証明済みの経歴は、これらの高度に戦略的な分野で当社が継続して拡大するのに役立つでしょう。」

当社が海外で継続して成長し、売上高の60パーセント以上が米国外で実現している中で、世界的な戦略的コミュニケーションを強化する必要性が高まっています。クラインはその担当を拡大し、当社の地域の幹部チームと緊密に連携しつつ、地域での企業コミュニケーションも監督していきます。その役割の中で、クラインはELCとそのブランドを継続的に前進させるべく、継続して世界的なコミュニケーション戦略を強化・加速し、ビジネスの優先事項、問題管理、リスクの抑制、機会領域の特定をさらに調整していきます。クラインは、2007年からグローバル・コミュニケーション部門で数々の重責を担い、当社初の完全な企業責任報告書の作成や新たな事業開発コミュニケーションの監督を含むいくつかの全社的な戦略的イニシアチブを主導してきました。

トラウアーは、次のように述べています。「クラインは、卓越した戦略アドバイザーおよびコミュニケーション・リーダーとして当組織内と業界全体の両方で広く知られています。当社の海外事業が継続して成長する中で、今日の複雑な世界の状況に関する確かな理解と、非政府組織、メディア、その他の利害関係者と強固な関係を築く能力を併せ持つクラインは、当社の地域の企業コミュニケーション・チームを率いるというさらなる職務を引き受けるのに最適な人物です。」

ザ エスティ ローダー カンパニーズについて

ザ エスティ ローダー カンパニーズは、高品質のスキンケア、メークアップ、フレグランス、ヘアケア製品を製造・販売する世界的リーダー企業の1つです。当社の製品は150を超える国と地域で販売され、そのブランドには、エスティ ローダー、アラミス、クリニーク、プリスクリプティブ、ラボ シリーズ、オリジンズ、トミー ヒルフィガー、M・A・C、キトン、ラ・メール、ボビイ ブラウン、ダナ キャラン ニューヨーク、DKNY、アヴェダ、ジョー マローン ロンドン、バンブル アンド バンブル、マイケル コース、ダルファン、トム フォード、スマッシュボックス、エルメネジルド ゼニア、エアリン、マルニ、トリー バーチ、ロダン オリオルッソ、ルラボ、エディション・ドゥ・パルファン・フレデリック・マル、グラムグロー、バイ・キリアンがあります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

The Estée Lauder Companies
Media Relations:
Alexandra Trower, 212-572-4430
または
Investor Relations:
Dennis D’Andrea, 212-572-4384

Contacts

The Estée Lauder Companies
Media Relations:
Alexandra Trower, 212-572-4430
または
Investor Relations:
Dennis D’Andrea, 212-572-4384