FCRインモビリエン、2015年度の利益が過去最高を記録

  • 2015年のEBITDAは2倍強増加して380万ユーロに
  • EBITは182%増の310万ユーロ(前年度は170万ユーロ)
  • 自己資本利益率は32%

ミュンヘン--()--(ビジネスワイヤ)-- FCRインモビリエンAGは本日、2015年度の業績を発表し、利益が過去最高を大きく更新したことを明らかにしました。暫定決算(未監査)によれば、FCRグループのドイツ商法の連結会計に基づく税引前利益(EBT)は前年比260%増加し、約180万ユーロ(前年度は70万ユーロ)となりました。

総売上高(純売上高に保有不動産売却受取金を加えたもの)は約690万ユーロ(前年度は約330万ユーロ)で、粗利益は約440万ユーロ(前年度は約180万ユーロ)となりました。支払利息・税金・減価償却費控除前利益(EBITDA)は約380万ユーロとなり、前年度の150万ユーロの2倍以上に増加しました。

支払利息・税金控除前利益(EBIT)は約310万ユーロとなり、前年比で182%増加しました(前年度は170万ユーロ)。この結果、FCRグループの自己資本560万ユーロ(前年度は340万ユーロ)に対する利益率は32%となりました。

FCRインモビリエン取締役のファルク・ラウディスは、次のように述べています。「2015年度は目覚ましい業績を上げることができました。利益の増加傾向が続く中、2016年度にはこの好業績を礎に不動産ポートフォリオを大幅に拡大させていきます。あらたに大きな節目を達成したことを受けて、2017年のIPOを目指します。」

FCRインモビリエンAGの債券は、フランクフルト証券取引所の公開市場に上場されています。ティッカーシンボルはWKN A1YC5Fです。この証券は年利8%の固定利付証券で、さらに償還時(2019年4月30日)に額面に対して年利3%の固定ボーナス金利が支払われます。

当社の監査済みの最終年次財務諸表および当グループの2015年年次報告書は、4月下旬に公表される予定です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

FCR Immobilien AG
Andrea Taudien
Press Relations
phone: +49 (0) 89 / 2000 511 - 99
fax: +49 (0) 89 / 2000 511 - 98
email: a.taudien@fcr-ag.de
www.fcr-immobilien.de

Release Summary

FCR Immobilien AG mit Rekordgewinn 2015

Contacts

FCR Immobilien AG
Andrea Taudien
Press Relations
phone: +49 (0) 89 / 2000 511 - 99
fax: +49 (0) 89 / 2000 511 - 98
email: a.taudien@fcr-ag.de
www.fcr-immobilien.de