バーチャストリームとボーダフォンがドイツのクラウド市場に関する戦略的提携を発表

世界的な電気通信大手が、企業向けIaaSとバーチャストリームを利用したSAP向けクラウドサービスを提供

ワシントン--()--(ビジネスワイヤ) -- 企業レベルのクラウドプロバイダーで、EMCフェデレーション傘下のバーチャストリームボーダフォンは本日、ドイツ市場の企業顧客に世界レベルのクラウドサービスのポートフォリオを提供する提携関係を発表しました。バーチャストリームは、ドイツにおける接続されたクラウドベースサービスの初の推奨データセンターパートナーとして、ボーダフォンを選定しました。

VCHSのマネジングディレクターのGreg Hyttenrauch氏は、次のように述べています。「ボーダフォンは、バーチャストリームが同社の基幹的クラウドソリューションのドイツ事業のために、当社のクラウドサービスとホスティングサービスを選んだことを誇りに思います。バーチャストリームのxStreamとVCEを統合したインフラストラクチャーに、ボーダフォンのデータセンター、サービス、ネットワークが組み合わされることで、ドイツ市場やその他の地域で企業レベルのサービスを提供する当社の能力を強化できます。」

両社は、バーチャストリームのクラウド管理ソフトウエアxStream®を利用した、サービスプラットフォームとしてのクラウドインフラストラクチャーを共同で提供し、ボーダフォンのより広範なネットワークサービスと一体化させることで、顧客にエンドツーエンドのサービスを提供します。顧客は非常に安全で拡張性のある環境に、SAPなどの社内ワークロードを移し、総所有コスト(TCO)を大幅に削減しながら、導入するITの機動性、性能、回復力を改善できます。ボーダフォンがドイツ市場に持つ複数のティア3以上のデータセンターを、障害復旧時に活用することで、ドイツのデータの支配権に関する要件に準拠したサービスも提供できます。

バーチャストリームの共同設立者兼最高経営責任者(CEO)のロドニー・ロジャースは、次のように述べています。「バーチャストリームにとって、ドイツは重要な成長市場であるため、ボーダフォンと正式に提携することで、当社事業をドイツで迅速に拡張する体制が整います。この共同サービスは、非常に重要なインフラストラクチャーを管理する能力においては他に類を見ないものとなり、基幹的アプリケーションを以前に増してクラウドに移行させている企業は、素早く拡張できます。」

バーチャストリームは、EMCが2015年7月に正式に買収し、現在はEMCフェデレーションの一部です。当社のクラウドソフトウエアとクラウドサービスは、すでに世界中の多数のフォーチュン500企業が利用しています。ボーダフォンとの提携は、同社がすでに欧州・中東・アフリカ(EMEA)でEMCと築いている既存の関係を拡張するものです。

xStreamは、バーチャストリームの米国およびその他の国々における登録商標および商標です。本リリースで使用されているその他のすべての商標は、それぞれの所有者の財産です。

バーチャストリームについて

EMCフェデレーション傘下のバーチャストリームは、企業レベルのクラウドソフトウエアとクラウドサービスを提供し、世界の企業や公共セクターの組織が基幹的アプリケーションをクラウドに移行し、運用する際に信頼されています。企業、サービスプロバイダー、政府機関にとって、バーチャストリームのクラウド管理ソフトウエアxStreamと、サービスとしてのクラウドインフラストラクチャー(IaaS)は、プライベート、パブリック、ハイブリッドを問わず、クラウド上の複雑な生産性アプリケーションで求められるセキュリティー、準拠性、性能、効率、そして消費ベースの請求に関する要件を満たすことができます。バーチャストリームは本社をワシントンDCに構え、世界各地にオフィスを構えています。バーチャストリームは米国と欧州にデータセンターを所有・運営しているほか、提携サービスプロバイダーのデータセンターが中南米、中東、アジアにあります。

EMCについて

EMCコーポレーションは、企業とサービスプロバイダーが事業を変革し、ITをサービスとして提供できるようにしている世界的リーダーです。この変革の基盤にあるのはクラウドコンピューティングです。EMCは革新的な製品とサービスを通じて、クラウドコンピューティングへの移行を加速化し、IT部門が最も重要な資産である情報を、より迅速かつ信頼できるコスト効率に優れた方法で、保管・管理・保護・分析できるように支援しています。EMCに関する詳しい情報については、www.EMC.comをご覧ください。

本プレスリリースには、連邦証券法で定義された「将来見通しに関する記述」が含まれます。実際の結果は、特定のリスク要因の結果として、将来見通しに関する記述で予測された内容とは著しく異なる場合があります。これらのリスク要因には、(i)買収を完了させる能力、予定されている買収完了日、買収のコストやメリットに関する想定を含め、デルの親会社であるデナリ・ホールディングスのEMC買収案に関連したリスク、(ii)一般的な経済状況および市況の不利な変化、(iii)情報技術への支出の遅延または低減、(iv)製品価格および部品コストの相対的・変動的な低下速度と、製品およびサービスによる売上高の量と混成の割合、(v)競争上の要因(価格圧力や新製品導入などがあるが、これらに限らない)、(vi)部品および製品の品質と入手可能性、(vii)ヴイエムウェアの業績変動とヴイエムウェアの株式取引に関連したリスク、(viii)新製品への移行と顧客による新製品受容の不確実性、急速な技術的変化と市場変動、(ix)買収と投資に関連したリスクを含め、当社の事業成長の管理に伴うリスクと、統合、再建、期待される相乗効果を達成するための課題やコスト、(x)優秀な従業員を引き付け、維持する能力、(xi)不十分な、過剰な、または古い在庫、(xii)為替レートの変動、(xiii)当社の安全なデータセンターやネットワークに対する脅威とその他の混乱、(xiv)当社の専有技術を保護する当社の能力、(xv)戦争やテロ行為、(xvi)その他の一度限りの出来事や、EMCが米証券取引委員会に提出済みか適宜提出する書類で開示されたその他の重要な要因がありますが、これらに限定されません。EMCは本プレスリリース公表以降に、これらの将来見通しに関する記述を更新する義務を負うものではありません。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Virtustream, Inc.
Lisa Desmond ,+1 615-368-7325
lisa.desmond@virtustream.com
or
Bateman Group
Matt Coolidge, +1 347-410-7974
PR-virtustream@bateman-group.com

Contacts

Virtustream, Inc.
Lisa Desmond ,+1 615-368-7325
lisa.desmond@virtustream.com
or
Bateman Group
Matt Coolidge, +1 347-410-7974
PR-virtustream@bateman-group.com