P&Gが2020年環境・社会目標に照らして進捗状況を詳述した2015年持続可能性報告書を発表

シンシナティ--()--(ビジネスワイヤ) -- ザ・プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー(NYSE:PG)は本日、当社の環境フットプリントの低減と恵まれない人々の社会状況改善に関する取り組みの進捗状況を詳述した第17回年次持続可能性報告書を発表しました。

この報告書は、持続可能な事業運営への当社の取り組みを強化するものです。また、資源保護の最大化、すべての工場への100%再生可能エネルギーによる電力供給、すべての製品と包装材について100%再生可能資材やリサイクル材を使用すること、消費者と製造から出る廃棄物のゼロ化を実現しつつ、消費者に愛される製品を生産するという当社の長期ビジョンに照らして進捗状況を詳述しています。

報告書では、2020年までに温室効果ガス絶対排出量を30%削減するという新たな目標や、当社の再生可能エネルギー使用量を増加させるコンステレーション・エナジーおよびEDF REとの2つの新たな提携を含め、気候変動の対処に向けたP&Gの最近の取り組みを強調しています。報告書では、木質繊維とパーム油の責任ある調達に関する当社の取り組みとこの分野における進展も詳述されています。

加えてP&Gは、子どもたちための安全な飲み水(CSDW)プログラムを通じて、きれいな水を利用できない子どもと家族に80億リットル以上のきれいな水を届けることで、地域社会と恵まれない人々に継続して投資しています(動画)。P&Gは、世界中の人道・緊急援助パートナーと協力して2020年までに150億リットルを届けると発表しました。P&Gは、自然災害で被災した人々も積極的に支援しており、今年は世界の25以上の災害について製品提供と寄付金による対応を行いました。

グループプレジデント兼P&G持続可能性エグゼクティブスポンサーのマーティン・ライアントは、次のように述べています。「P&Gは、自社の環境フットプリントと私たちが働き暮らす地域社会を向上させる技術革新の導入に関して長い歴史を持っています。持続可能性は当社のビジネス遂行の方法に統合されており、この報告書では当社の資源保護、環境保護、最も必要とする人々の社会状況向上に関する進展を詳述しています。当社は、再生可能エネルギー使用量の増加で大きな進歩を遂げ、気候変動の対処に向けた技術革新とコスト効果の高いソリューションに焦点を当てる同様の考えを持つ企業と提携しています。」

報告書は、P&Gの以下の取り組みについて詳述しています。

  • 気候:
    • 新たな目標:2020年までに温室効果ガス絶対排出量を30%削減するという新たな目標を掲げました。P&Gは、2010年から温室効果ガス排出量を4%削減しました。
    • 輸送:生産ユニット当たりのトラック走行距離を20%削減するという目標を達成し、2010年から約25%削減しました。加えて北米内では、当社は2016年までに当社のトラック輸送の20%以上を天然ガス車に移行させるという誓約を達成しました。これにより、1400万マイル以上のトラック輸送でよりクリーンに燃焼する天然ガスを使用したことになり、同時に数百万ドルのコスト削減を実現しました。
    • 木材パルプ:当社の紙タオルと吸収性衛生製品をサードパーティー認証100%のバージン繊維由来とするという繊維調達目標を達成しました。
  • 水:製造用水の削減目標を上回り、2010年から21%削減しました。
  • 廃棄物:
    • 製造廃棄物のゼロ化:過去3年間に、P&Gは製造廃棄物ゼロ化を達成した工場の数を世界の製造現場の10%から約50%に増加させました。
    • 包装:西欧のほとんどの地域でパンパースを箱から袋にするなどの包装の最適化に関する取り組みを継続しました。この取り組みにより、おむつ1つ当たりの包装材の重量が80%以上削減され、包装材6000トン以上(中型車約4000台の重量に相当)が節減されました。
  • 社会プログラム: 2020年までにきれいな飲料水150億リットルを提供するという当社の「2020年子どもたちのための安全な飲み水」の目標達成に向けた取り組みが順調に進んでいます。特に当社のブランドで女性と少女に力を与えるプログラムを通じて、推定5000万人の生活向上に貢献しました。

P&Gのレン・ソーアーズ持続可能性担当副社長は、次のように述べています。「持続可能性は、責任でありビジネスチャンスでもあります。2007年以来、当社は廃棄物とエネルギーの節減を通じて約20億ドルのコスト削減を実現し、当社の環境への影響を低減させてきました。当社の業務で実現している変化、事業のために生み出されたメリット、当社の持続可能性目標に照らした進捗状況を確認できて非常にうれしいです。」

P&Gの長期的な持続可能性ビジョン、目標、プロジェクトの詳細や報告書の全文は、pg.com/sustainabilityをご覧ください。

プロクター・アンド・ギャンブルについて

P&Gは、信頼される高品質のトップブランドからなる強力なポートフォリオで世界の消費者にサービスを提供しています。当社ブランドには、オールウェイズ、アンビピュア、アリエール、バウンティ、シャーミン、クレスト、ドーン、ダウニー、フェアリー、ファブリーズ、ゲイン、ジレット、ヘッド&ショルダーズ、レノア、オーレイ、オーラルB、パンパース、パンテーン、SK-II、タイド、ヴィックス、ウィスパーがあります。P&Gコミュニティーは、世界の約70カ国で事業を展開しています。P&Gとそのブランドについての最新ニュースと情報は、http://www.pg.comをご覧ください。

P&Gの持続可能性目標の詳細については、こちらをクリックしてください:P&G持続可能性

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

P&G Media:
Damon Jones, 513-983-0190
jones.dd@pg.com
or
Julie deSylva, 513-780-0006
deSylva.j@pg.com

Contacts

P&G Media:
Damon Jones, 513-983-0190
jones.dd@pg.com
or
Julie deSylva, 513-780-0006
deSylva.j@pg.com