シティ、グローバル・ファイナンス誌によりアジアの「ベスト・デジタルバンク」に選出

香港--()--(ビジネスワイヤ) -- シティは、グローバル・ファイナンス誌によりアジアの「2015年ベスト・デジタル・バンク」として表彰され、「ベスト・コーポレート/インスティテューショナル・デジタル・バンク」および「ベスト・コンシューマー・デジタル・バンク」に選ばれました。

年1回実施されるグローバル・ファイナンス誌のランキングでは、オンラインおよびモバイル・バンキング・アプリケーションが評価されます。選考は、オンライン顧客の獲得とサービス提供に関する戦略、顧客によるウェブ上のサービスの利用度、オンライン顧客基盤の拡大、品揃えの豊富さ、インターネット・サービスによる具体的なメリット、ウェブサイトのデザインおよび機能性に基づいて行われます。

シティのアジア太平洋コンシューマー・バンキング責任者のアナンド・セルバは、次のように述べています。「技術進歩とデジタル化により、お客様に対するサービスの提供方法が一変しています。クレジットカードからATMに至るまで、シティは新技術を活用してお客様へのサービスを進化させてきました。アジアでは、最新のハイテク支店の導入などの革新が大きな成功をおさめており、このハイテク支店はその後世界的に展開されています。シティは、世界の先端を行くデジタル・バンクとなることに重点を置いています。今回の受賞は、シティに対して信頼を寄せてくださっているお客様のおかげであり、深く感謝いたします。」

ベスト・コーポレート/インスティテューショナル・デジタル・バンク賞の受賞について、シティのアジア太平洋トレジャリー・アンド・トレード・ソリューションズ責任者のアモール・グプテは、次のように述べています。「私たちは、革新とデジタル化を継続的に活用して、お客様が市場や需要の変化に巧みに対応した業務モデルを確立できるように支援することに注力しています。デジタルバンキングに対する当社の取り組みは大きな成果をあげており、その結果、当社の商品は一段と簡素化され、利便性と柔軟性が増し、企業のお客様はこれまでは不可能だった方法によりトレジャリーの状態を的確に把握できるようになっています。今回の受賞は、デジタル化によるカスタマー・エクスペリエンスの向上に対する私たちの取り組み、ならびに当社がお客様と強力な関係を維持していることの証左と言えます。」

シティは、お客様の嗜好の変化に合わせて、アジアにおける業務のデジタル化に投資しています。たとえば、アジアでシティが消費者向け事業を展開している12市場すべてにおいて、モバイル・バンキングを導入しています。

また、新たなソリューションも積極的に模索しています。その一例として、アジア地域における次世代のフィンテック・ソリューションの開発を支援するためのシティ・モバイル・チャレンジを通じた活動が挙げられます。

アジアにおけるその直近の取り組みでは、11月3日にバンガロール、11月6日にシンガポール、11月10日にシドニー、11月12日に香港で開催されたデモ・デーでは1900件の登録があり、80近いフィンテック・チームがフィンテック・ソリューションを発表しました。12月15日に受賞者が発表されます。こうしたコンテストやシティのコンシューマー・イノベーション・ラボの活動を通じて、銀行業務に対する革新的なアプローチを開拓する刺激的な機会の発掘が加速することになります。

スピード、簡素さ、偏在性を求めて、シティはテクノロジーの活用を進めています。シティの世界中の新型支店はスマートバンキング・モデルを採用しており、双方向のタッチパネル、ビデオ会議機能、iPhoneとiPadによるフルサービスのバンキング業務が導入されています。2009年に初めてアジアに設置されたこの新型支店はその後、世界中で展開されています。こうした支店の新規顧客獲得数は、従来型の支店の2~3倍に達しています。また、これらの支店はペーパーレス/ワイヤレスとなっています。現在では、シティのアジアにおける個人取引全体の98%近くが非支店チャネルを通じたものとなっており、クレジットカードの約20%がデジタル・チャネルを通じて取得されています。

インスティテューショナル・バンキングでは、シティ・トレジャリー・アンド・トレード・ソリューションズ(TTS)が一連の革新的でテーラーメードの総合キャッシュ・マネジメントおよび貿易金融サービスを世界中の多国籍企業、金融機関、公共機関に提供しており、お客様の成功をサポートしています。100カ国以上で銀行業免許を取得している業界最大の自社ネットワークとグローバルな総合的技術プラットフォームを礎に、TTSは業界で最も包括的なデジタル対応のトレジャリー/トレード/流動性管理ソリューションの提供で引き続きリードしています。

シティのインスティテューショナルeバンキング・プラットフォームのシティダイレクトBEは、シティのオンライン・バンキング戦略の基礎となるもので、キャッシュ、貿易、流動性、投資に関連したグローバルなフルサービスに対する集中管理された一元的なポイント・オブ・アクセスを提供します。シティダイレクトBEは世界95カ国で利用可能で、24カ国語、140通貨に対応しています。シティダイレクトBEは、独立系の調査・コンサルティング会社であるグリニッチ・アソシエイツの著名なオンライン・サービス・ベンチマーキング調査において、9年連続で首位にランクされています。

2014年、TTSは1億件を超えるe決済取引を処理しており、このうち1200億米ドルの取引がシティダイレクトBEモバイル、14億7000万米ドルの取引が新しいサービスであるシティダイレクトBEタブレットにより行われました。

またアジアでは、シティは16市場において企業顧客向けのバーチャル・アカウントを導入し、7市場でバーチャル・カード・アカウントを導入している唯一の銀行です。バーチャル・アカウントは、企業が顧客に対して決済のため特定のバーチャル・アカウント・ナンバーを発行する決済システムで、バーチャル・カード・アカウントは、カード取引毎に1回限りのアカウントナンバーを発行することにより安全な国内および国際B2B決済を可能にする市場をリードするソリューションです。

また、10月下旬に発表されたグローバル・ファイナンス誌のアワードにおいて、シティは「ベスト・オーバーオール・グローバル・デジタル・バンク」にも選出されました。

シティについて

シティは、約2億の顧客口座を有し、世界の160以上の国・地域で事業を営む世界有数のグローバルな銀行です。個人向け銀行・クレジット業務、法人向け銀行業務、投資銀行業務、証券仲介、トランザクション・サービス、富裕層向け財産管理など、さまざまな金融商品・サービスを、消費者、企業、政府、各種機関向けに提供しています。

詳細については、www.citigroup.com | ツイッター:@Citi | ユーチューブ:www.youtube.com/citi | ブログ:http://blog.citigroup.com| フェイスブック:www.facebook.com/citi | リンクトイン:www.linkedin.com/company/citiをご覧ください。

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20151119006009/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Citigroup Inc.
James Griffiths, +852-2868-7668
james.a.griffiths@citi.com

Contacts

Citigroup Inc.
James Griffiths, +852-2868-7668
james.a.griffiths@citi.com