GSMAの2015年モバイル・ワールド・コングレスがカーボンニュートラルに認定

エリクソン、モバイル・ワールド・キャピタル、アップストリームが第1回モバイル・ワールド・コングレス・グリーンスタンド賞を受賞

スペイン・バルセロナ--()--GSMAは本日、2015年モバイル・ワールド・コングレスがカーボンニュートラルであると正式に認められ、世界最大のカーボンニュートラルの会議・展示会としての地位が再確認されたと発表しました。BSI(英国規格協会)は、GSMAが国際規格PAS 2060に基づく認定プロセスを首尾よく完了し、モバイル・ワールド・コングレスがカーボンニュートラル・フットプリントを達成したことを確認しました。加えて、モバイル・ワールド・コングレスのより広範な環境対策の一環として、GSMAは本日、エリクソン、モバイル・ワールド・キャピタル・バルセロナ、アップストリームを第1回モバイル・ワールド・コングレス・グリーンスタンド賞の受賞者に選びました。

GSMAのジョン・ホフマン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「2014年に最初の認定を受けた後、私たちはモバイル・ワールド・コングレスの環境影響をさらに低減すべく設計した包括的なプログラムを導入しました。これには、電力消費と印刷物のゴミの削減、会場での資材の再利用・リサイクルの奨励、電子看板や電子ツールの活用、カーボンフットプリントの最小化に向けたフィラ・バルセロナ、出展企業、現地パートナーとの協力の取り組みが含まれます。私たちは、世界最大の会議・展示会として再びこの非常に重要な認定を受けたことを誇りに思います。」

2015年モバイル・ワールド・コングレスは、約15万9695メートルトンの温室効果ガス(tCO2e)を排出しました。モバイル・ワールド・コングレスに関連した炭素排出のうち、推定89パーセントは参加者によるイベントへの往復移動や、イベント開催地での滞在によるものです。残りの11パーセントは、会場やイベント運営に関連しています。

GSMAは再び認定を受けることを目指して、コンサルティング企業のファクターCO2と共にモバイル・ワールド・コングレスのカーボンフットプリントを算出し、その影響軽減と、残排出量を相殺するための管理プランを策定しました。独立第三者機関であるBSIは、特定されている排出源と温室効果ガスが国際規格のPAS 2050:2011に準拠し、正確であることを確認しました。さらにBSIは、GSMAが排出量削減のために講じた対策と、イベント開催中に発生した排出ガスの残量を相殺するために購入した信頼できるカーボンクレジットが、国際規格PAS 2060に準拠していることを確認しました。

GSMAが購入したカーボンクレジットは、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)のクリーン開発メカニズム(CDM)に登録されている複数の排出ガス削減プロジェクトに資金を提供することになります。そのようなプロジェクトには、中国湖北省と雲南省の2つの流れ込み式水力発電プロジェクトと、ベトナム・コントゥム省のDak Psi川の水力発電プロジェクトが含まれます。

エリクソン、モバイル・ワールド・キャピタル、アップストリームが第1回グリーンスタンド賞を獲得

2015年モバイル・ワールド・コングレスでは、GSMAは個々のカーボンフットプリントに関する出展企業の知見と理解を向上させ、その展示で環境の最優良事例を実現できるよう奨励すべく設計した新たな取り組みを実施しました。GSMAは、モバイル・ワールド・コングレスのあらゆる規模の出展企業を対象に、プラスの環境実績を評価・表彰するためにグリーンスタンド賞を創設しました。2015年グリーンスタンド賞の受賞者は次の通りです。

  • エリクソン、大規模スタンド(500平方メートル以上)カテゴリー
  • モバイル・ワールド・キャピタル・バルセロナ、中規模スタンド(150~500平方メートル)カテゴリー
  • アップストリーム、小規模スタンド(150平方メートル未満)カテゴリー

ホフマンは、次のように述べています。「環境対策が評価されて第1回グリーンスタンド賞を受賞された方々にお祝いを申し上げます。モバイル・ワールド・コングレスをカーボンニュートラルのイベントとすることにご協力いただき、感謝しています。これは、私たちだけでできることではありません。私たちは、出展企業、来場者、パートナーの皆さまと密接に協力し、個々のカーボンフットプリントを抑制するための情報とツールを提供しています。グリーンスタンド賞のようなプログラムは、これらのより広範な環境対策の重要な要素です。」

2016年モバイル・ワールド・コングレス

2016年モバイル・ワールド・コングレスは、2016年2月22~25日にフィラ・グランビアで開催されます。モバイル・ワールド・コングレスは、モバイル・ワールド・キャピタルに不可欠のイベントとして、バルセロナで2013年から2018年まで開催されます。モバイル・ワールド・キャピタルは、年間を通じてさまざまなプログラムや活動を開催し、バルセロナ、カタルーニャ州、スペインの市民だけでなく、世界中のモバイル業界にもメリットをもたらします。モバイル・ワールド・キャピタルの詳細については、www.mobileworldcapital.comをご覧ください。

-以上-

GSMAについて

GSMAは世界中のモバイル通信事業者を代表する団体で、モバイル事業約800社を結集しています。そのうち250社は携帯電話機および端末メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範囲なモバイル・エコシステムを構成する企業であり、関連業界セクターの組織も参加しています。GSMAはモバイル・ワールド・コングレス、モバイル・ワールド・コングレス上海、モバイル360シリーズといった業界を主導するイベントの開催も行っています。

詳細情報については、GSMAのウェブサイトwww.gsma.comをご覧ください。GSMAをツイッターでフォローしてください:@GSMA

原文はbusinesswire.comでご覧ください:http://www.businesswire.com/news/home/20150709005044/en/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

For the GSMA
Charlie Meredith-Hardy
+44 7917 298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
Núria Picas
+34 93 236 09 00
NPicas@webershandwick.com
or
GSMA Press Office

Contacts

For the GSMA
Charlie Meredith-Hardy
+44 7917 298428
CMeredith-Hardy@webershandwick.com
or
Núria Picas
+34 93 236 09 00
NPicas@webershandwick.com
or
GSMA Press Office