コカ・コーラが世界に向けて、つながり合うことの大切さと2015年スペシャルオリンピックス世界大会・ロサンゼルスへのサポートを呼びかけ

知的発達障害の有無を超えて才能あるアーティストが結集し、スペシャルオリンピックスの素晴らしさを世界に発信するテーマソング「リーチ・アップ」を制作

アトランタ--()--(ビジネスワイヤ) -- この夏、ロサンゼルスで開かれる2015年スペシャルオリンピックス夏季世界大会に、177カ国から7000人のアスリートが集まり、感動的なスポーツの祭典を繰り広げます。知的発達障害を持つ少年少女と成人を応援するこの世界大会は、世界最大規模の人道的スポーツイベントです。

スペシャルオリンピックスの設立パートナーであるザ コカ・コーラ カンパニーは、大会を支援するためにスターミュージシャンを結集し「リーチ・アップ」と題した世界大会のテーマソングを制作しました。本日リリースされるこの新曲は、世界大会で演奏されます。スペシャルオリンピックス世界大会の公式放送局であるESPNは午後9時(米国東部時間)より3時間にわたり、開会式の模様を生放送します。番組では、ABC「グッドモーニング・アメリカ」のホストの一人であるロビン・ロバーツ氏と、ESPNのリンジー・ザーニアック氏とケビン・ネガンディ氏が進行役を務めます。

「リーチ・アップ」の制作にはロックバンドのO.A.R.とレコーディング・アーティストのコーディー・シンプソン氏に加え、シンガーであり、自閉症を持ちスペシャルオリンピックスアスリートとして表彰された経歴もある米国イリノイ州出身のブリアナ・ボグツキーさんと、ダウン症を持ち今年初めにオンラインに投稿した動画が大きな話題を呼んだ若いカナダ人のマディソン・テブリンさんが参加しました。O.A.R.のリードボーカルを務めるマーク・ロベージュ氏と、ネイサン・チャップマン氏、ケビン・ケイディッシュ氏が作曲した心を浮き立たせるオルタナティブロックの楽曲は、さまざまな能力を持つ人々をあきらめることなく努力を続けるよう勇気づけます。

知的発達障害の有無を超えてアスリート同士がチームを組み競技を行う「スペシャルオリンピックス・ユニファイドスポーツ」プログラムが発想の元となった「リーチ・アップ」は、コカ・コーラとスペシャルオリンピックスに共通する前向きな気持ちと、互いを認め合い、受け入れることの大切さを表現する楽曲です。

O.A.R.のリードボーカルのマーク・ロベージュ氏は、次のように述べています。「私たちは皆、自分に備わった能力とは異なる能力を持つ人たちに囲まれて生きています。結局のところ、すべての人が同じことをしているのです。それは、与えられた人生を毎日懸命に生きようと努力している、ということです。私は、マディソンさんとブリアナさんという素敵な2人と一緒に時間を過ごし、2人から学べたことを幸せに感じ、コカ・コーラと協力してスペシャルオリンピックス世界大会と同じくらい特別で大切なことを成し遂げられ、とてもうれしく思います。『リーチ・アップ』は応援歌です。この曲を聴いた人が、何でもやってみよう、という気持ちになってくれることを願っています。」

ソーシャルメディアでハッシュタグ「#ReachUp」を付けて「リーチ・アップ」ミュージックビデオをシェアすることで、スペシャルオリンピックスを応援できます。コカ・コーラは、ハッシュタグと共に「リーチ・アップ」ビデオが1回シェアされるごとに1ドルをスペシャルオリンピックスに寄付し(最高10万ドル)、世界大会をサポートします。

「リーチ・アップ」は、スポティファイで聴くことができます。ミュージシャンのストーリーについては、「コカ・コーラ・ジャーニー」をご覧ください。

ザ コカ・コーラ カンパニーは、知的発達障害(ID)を持つ人たちを対象とした世界最大級の保健スポーツ団体であるスペシャルオリンピックスの設立パートナーおよび世界的スポンサーです。当社は1968年のスペシャルオリンピックスの発足以来、同団体と深い関係を保ち、団体のプログラムに対して製品、設備、寄付、マーケティング支援を通じて1億9000万ドル以上を協賛してきました。

ザ コカ・コーラ カンパニーについて

ザ コカ・コーラ カンパニー(NYSE: KO)は、500個を超える炭酸・非炭酸飲料ブランドで消費者にさわやかさをお届けする世界最大の飲料会社です。世界で最も価値の高い有名ブランドの1つである「コカ・コーラ」をはじめ、「ダイエット コーク」、「ファンタ」、「スプライト」、「コカ・コーラ ゼロ」、「ビタミンウォーター」、「パワーエイド」、「ミニッツメイド」、「シンプリー」、「ジョージア」、「デル バレ」などのブランドで200億ドルの売り上げを上げています。当社は、炭酸飲料、RTDコーヒー飲料、果汁・低果汁飲料を提供する世界第1位の飲料メーカーです。世界最大の飲料流通システムを通じて、200カ国以上の消費者が毎日19億杯の当社製品を愛飲しています。ザ コカ・コーラ カンパニーは、持続可能な地域社会の構築を目指してたゆまぬ努力を重ねており、環境フットプリントの削減、活動的で健康的な生活の支援、当社社員のための安全で受容的な労働環境の構築、そして事業を展開する地域社会の経済発展の促進のための活動に力を注いでいます。ボトラー各社を合わせたコカ・コーラシステム全体で70万人を超える従業員を擁する当社は、世界の上位10社に挙げられる民間企業です。詳細については、「コカ・コーラ・ジャーニー」(www.coca-colacompany.com)をご覧ください。ツイッター(twitter.com/CocaColaCo)で当社をフォローしてください。あるいは当社のブログ「コカ・コーラ・アンボトルド」(www.coca-colablog.com)をご覧になるか、リンクトインをご利用の方は、www.linkedin.com/company/the-coca-cola-companyをフォローしてください。

2015年スペシャルオリンピックス夏季世界大会について

並ぶもののないほど高揚した精神と熱気にあふれ、すべてのスペシャルオリンピックスイベントのシンボルであるチームワークや喜び、勇気とスポーツの技に満ちた2015年スペシャルオリンピックス世界大会では、ロサンゼルス全域の会場でオリンピックスタイルの競技25種目が争われます。1932年と1984年のオリンピック大会の会場となった歴史あるロサンゼルス・メモリアル・コロシアムで2015年7月25日に行われる開会式には、8万人の観衆が集まることが見込まれています。バラク・オバマ大統領とミシェル・オバマ夫人が今大会の名誉会長を、ロサンゼルス市長のエリック・ガルセッティ氏とカリフォルニア州知事のジェリー・ブラウン氏が名誉ホストを務めます。現在の設立チャンピオンとスポンサーにはザ コカ・コーラ カンパニー、マテル、デロイト、カイザーパーマネンテ、デービス・エレン・アドバタイジング、AEG、デビッド・ゲフィン氏、スティーブン・スピルバーグ氏とケイト・キャプショー夫人、ウォルト・ディズニー・カンパニー、コロンブス騎士会、バンク・オブ・アメリカなどが含まれます。今大会の組織委員会であるLA2015は、501(c)(3)非営利団体です。ボランティアや協賛の機会を含む2015年スペシャルオリンピックス世界大会の詳細については、www.LA2015.orgをご覧ください。

スペシャルオリンピックス・インターナショナルについて

スペシャルオリンピックスは、スポーツの力を通じて人々の生活に変化を与える国際組織です。知的発達障害を持つ人々を勇気づけて力を与え、すべての人を認め合う精神を広め、相互理解と個人の尊重を奨励するコミュニティーを醸成する活動を世界中で行っています。1968年に故ユーニス・ケネディ・シュライバー氏が設立したスペシャルオリンピックスは、参加アスリート数百人規模の大会から始まりました。現在では世界各地の170カ国の400万人を超えるアスリートが参加する活動へと発展し、年間を通じてスポーツトレーニング、競技会、その他の関連プログラムを実施しています。スペシャルオリンピックスは日々行われており、世界各地のあらゆるコミュニティーで地元の公園や球技場などを利用して行われるものから世界大会までの幅広い活動により、知的発達障害を持つ人々の生活に変化を与えています。スペシャルオリンピックスは知的発達障害を持つ人々が可能性を実現し、健康を増進し、勇気をふるい、喜びと友情を感じる機会を継続的に提供しています。スペシャルオリンピックスの詳細については、http://www.specialolympics.orgをご覧ください。最新情報は@specialolympics(ツイッター)、fb.com/specialolympicsyoutube.com/specialolympicshqspecialolympicsblog.wordpress.comでご入手いただけます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

The Coca-Cola Company
Kate Hartman, 404-676-1254
Kahartman@coca-cola.com

Contacts

The Coca-Cola Company
Kate Hartman, 404-676-1254
Kahartman@coca-cola.com