ドバイ空港会社、シェイク・ムハンマドによる320億ドル規模のDWC空港拡張計画の承認を歓迎

アラブ首長国連邦ドバイ--()--(ビジネスワイヤ) -- ドバイ空港会社は本日、ドバイ・ワールド・セントラル(DWC)にあるアル・マクトゥーム国際空港の総額1200億ディルハム(320億米ドル)の拡張を承認するとのアラブ首長国連邦(UAE)副大統領兼首相、ドバイ首長のシェイク・ムハンマド・ビン・ラシード・アル・マクトゥーム殿下による発表を歓迎いたします。これにより、最終的にDWCアル・マクトゥーム国際空港は年間2億人を超える旅客に対応する能力を持ちます。

この開発は世界最大の空港プロジェクトとなる見込みであり、工事は2段階に分けて行われます。第一期では、合計で年間1億2000万人の旅客を処理でき、一度に100機のA380型機が利用可能な2棟のサテライトビルの建設を計画しています。建設期間は6~8年の予定で、開発総面積は56平方キロです。

その規模に加えて、最新技術の導入と効率的な処理を通じて旅客の諸手続きにかかる時間を短縮し、移動距離も短くすることにより世界中の何百もの目的地間の迅速かつ効率的な乗継を可能にするため、極めて斬新なアプローチがとられていることも新空港の特徴です。

2020年末までにドバイ国際空港の利用旅客数は1億人近くに達する見通しであり、DWCの一段の開発は、向こう10年間の旅客および貨物の増加に対応すると同時に、2020年代半ばまでにエミレーツ航空の国際線ハブのDWCへの移転を促す上で不可欠な関連施設の整備に向けた重要なステップとなります。

ドバイ空港会社のポール・グリフィス最高経営責任者(CEO)は、このプロジェクトに対するシェイク・ムハンマドの長期的な視野に立った支援に感謝するとともに、新空港建設はドバイの将来的な発展に対する必要不可欠な投資と説明しています。

グリフィスは、次のように述べています。「ドバイの今後の発展はDWCにかかっています。今回の1200億ディルハムのDWC開発プロジェクトの発表は絶妙なタイミングで行われており、ドバイの航空業界に対する強力な支援要因となります。ドバイ国際空港の一段の発展を促すための選択肢は限られています。このため、向こう10年間に必要となる処理能力を確保できるだけでなく、空港の利用法やサービスをこれまでにない規模で一変させるような最先端の設備を備えた新空港を建設することにより、将来の発展を確実なものとするための新たな一歩を踏み出しました。」

DWCの拡張計画に関する詳細は、www.dubaix.aeをご覧いただくか、またはこちらをクリックしてください。

高解像度画像のダウンロードはこちらをクリックしてください。

*配信元:ME NewsWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Dubai Airports
Zaigham Ali, +9714-216-6916
Manager Media Relations,
Ali.Zaigham@dubaiairports.ae

Contacts

Dubai Airports
Zaigham Ali, +9714-216-6916
Manager Media Relations,
Ali.Zaigham@dubaiairports.ae