2014年モバイル・アジア・エキスポが新記録を達成

参加者数が2013年から29パーセント増加

GSMA Mobile Asia Expo 2014 (Photo: Business Wire)

Mobile Asia Expo 2014

ロンドン--()---- (ビジネスワイヤ) -- GSMAは本日、上海で6月11~13日に開催された2014年モバイル・アジア・エキスポに、2万6000人*を超えるユニークビジターが93の国・地域から参加したと発表しました。この会議と展示会は3日間にわたって開催され、業界で最大かつ最も影響力のあるモバイル通信事業者、機器メーカー、機器プロバイダー、ソフトウエア企業、インターネット企業の幹部、そしてテクノロジーに精通した消費者が参加しました。会議プログラムは3000人以上を超える参加者を引き付け、最高経営責任者(CEO)の参加が150人を超えるなど、代表者の55パーセント以上が企業の経営幹部によって占められました。

GSMAリミテッドのジョン・ホフマンCEOは、次のように述べています。「第3回目のモバイル・アジア・エキスポは大成功を収め、GSMAがアジアで実施したモバイル業界向けのイベントとして過去最大になりました。参加者の大幅な増加は、企業のみならず消費者間でも、モバイル技術・製品に対する関心が継続的に高まっていることを表しています。参加者は展示会、モバイル・フォーラム会議、その他の多数の会合にわたって、モバイルが現在そして将来、生活のほぼすべての側面に与える影響を体験できました。」

2014年モバイル・アジア・エキスポは上海新国際博覧中心の3つのホールで開催され、約300社が出展しました。イベントには海外からの報道関係者や業界アナリストが640人以上参加し、モバイル・アジア・エキスポで行なわれた多数の業界発表をレポートしました。

業界と政府のリーダーが上海に集結

モバイル・アジア・エキスポは6月11日に、GSMAのジョン・フレデリック・バクサース会長、工業情報化部副大臣の劉李華氏、浦東新区知事のSun Jiwei氏による講演によって開幕しました。2日間にわたって開催されたモバイル・フォーラム会議プログラムでは、中国移動通信、中国電信、ホンリョン・イスラム銀行、ファーウェイ、JD.com、カカオ・コーポレーション、KTコーポレーション、テレノア・グループ、シャオミ、微博(ウェイボー)、ZTE、4iiiiイノベーションなどの組織のリーダーが基調講演を行いました。

モバイル分野の一流企業を紹介

モバイル・アジア・エキスポ展示会にはモバイルエコシステムのほか、隣接分野の企業も参加し、アルカテル・ルーセント上海ベル、AT&T、BMW、カノニカル/Ubuntu、中国移動通信、中国電信、中国総合通信、クールパッド、デル、中華電信、シトリックス、大唐電信、ジェムアルト、日立、ファーウェイ、JDSU、レノボ、快智科技.、KTコーポレーション、マカフィー、NTTドコモ、オベルチュール・テクノロジーズ、ペイパル、奇虎360科技、SKテレコム、ビザ、ZTEなどが出展しました。展示会では14のパビリオンやゾーンを設置し、多数の地域や国で特定の技術分野に注力しているモバイル企業にスポットを当てました。

モバイル・アジア・エキスポは今年も多彩なプログラムを用意し、App Planet、イノベーション・ラボ、パートナー・イベント、プロフェッショナル・トレーニング、そしてグローバル・デバイス・サミットやウェアラブル・デバイス・サミットを含むイベントなどを行ないました。

消費者向けの新しいイベントも企画

GSMAは2014年に、フィットビット・チャレンジやモバイル宝物探し「エリア14を探索」など、テクノロジーに精通した消費者のために多数の新しい体験やプログラムを企画しました。ショーケース・ステージでは3日間にわたって、デバイスのデモ、製品発表、インタビューが行なわれたほか、中国人ポップスターのジェーン・チャンの登場や、GSMA 360Fashion&テック・ランウェイ・ショーなど、多数のプレゼンテーションが実施されました。その他の新しい要素として設置したデバイス・アンリミテッド展示ゾーンでは、中国移動通信、クールパッド、HTC、ファーウェイ、レノボ、サムスン、ZTEなどが、最新のデバイスと技術を展示しました。

GSMAコネクテッド・シティー

モバイル・アジア・エキスポ展示会は、今年で2年目を迎えるコネクテッド・シティーを開催しました。1600平方メートルを超える会場では、アクセンチュア、BMW、中国連合通信、CityZen、フィットビット、ファーウェイ、ジャイブ・モバイル、KT、Omate、オーラルB、奇虎360科技、クアルコム・インコーポレーテッド、シークアンス、Sest-Tech、uPlane、Wanlink Global Technology (SZ) Limitedなどの企業が、モバイル接続された幅広い製品やサービスを紹介し、参加者が「コネクテッド・ライフ」を直に体験できる機会を提供しました。

2014年モバイル・アジア・エキスポのパートナー企業

モバイル・アジア・エキスポは、中国移動通信がプラチナ・イベント・スポンサーを、ファーウェイがゴールド・イベント・スポンサーを務めました。モバイル・アジア・エキスポの戦略的パートナーには、中国移動通信連合会(CMCA)と上海TD-LTE産業技術創新戦略聯盟(SCIA)が含まれます。公式メディアパートナーはBesTV、ブルームバーグ、C114、CNBC、モバイル・ワールド・ライブ、新浪、ウォール・ストリート・ジャーナルなどです。

ホフマンCEOは、次のように述べています。「第3回モバイル・アジア・エキスポの成功に寄与してくださった方々に、心よりお礼申し上げます。中国政府、上海市、プラチナ・イベント・スポンサーの中国移動通信、出展企業、パートナー企業、参加者の皆さまのおかげです。2014年イベントの大成功を基に、来年また上海に戻ることを楽しみにしています。」

2015年モバイル・アジア・エキスポは、7月15~17日に開催されます。

モバイル・アジア・エキスポのニュース報道やビデオハイライトは、モバイル・ワールド・ライブ(www.mobileworldlive.com/mobile-asia-expo-2014)をご覧ください。モバイル・アジア・エキスポの基調プレゼンテーションの映像は、今から数週間モバイル・ワールド・ライブでご覧いただけます。

編集者への注記:*この数値は代表者、出展者、契約者、メディア関係者など、イベントに出席した個人の数を表しています。イベントに登録した人の総数ではありません。

GSMAについて

GSMAは世界のモバイル通信事業者を代表する団体です。GSMAは220カ国以上にわたり、モバイル事業者800社近く、そして携帯電話・機器メーカー、ソフトウエア企業、機器プロバイダー、インターネット企業など、広範なモバイルエコシステムを構成する250社、さらに金融サービス、医療、メディア、運輸、公益事業などの業界分野における諸組織を結集しています。GSMAはまた、モバイル・ワールド・コングレスやモバイル・アジア・エキスポなど業界有数のイベントを開催しています。

詳しい情報については、GSMAのウェブサイト(www.gsma.com.)をご覧ください。ツイッター(@GSMA)でGSMAのフォローをお願いします。

写真とマルチメディア・ギャラリーはこちらをご覧ください:http://www.businesswire.com/multimedia/home/20140615005055/ja/

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media
For the GSMA:
Beijing
Zhao Qing, +8610 8569 9916
qzhao@webershandwick.com
or
Beijing
Will Zhang , +8610 8569 9855
wzhang@webershandwick.com
or
Hong Kong
Ava Lau, +852 2533 9928
alau@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com

Contacts

Media
For the GSMA:
Beijing
Zhao Qing, +8610 8569 9916
qzhao@webershandwick.com
or
Beijing
Will Zhang , +8610 8569 9855
wzhang@webershandwick.com
or
Hong Kong
Ava Lau, +852 2533 9928
alau@webershandwick.com
or
GSMA Press Office
pressoffice@gsma.com