クインタイルズがスポンサーになり、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが中国で成功するための戦略を最新レポートにまとめる

現地でのプレゼンスと積極的な規制対応の取り組みが必要

米ノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パーク--()--(ビジネスワイヤ) -- クインタイルズがスポンサーを務めるエコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)の最新レポートでは、「中国は、本気で参入に取り掛かり、中国で事業を行う上での現実に対応し、このダイナミックなビジネス環境で積極的に利益を守る企業にとって、利益を生み出すことができる複雑な市場である」と結論付けています。

台頭する中国」(Emerging China)というタイトルのこのレポートは、クインタイルズがスポンサーになっている「バイオ製薬の改革:進展する市場への戦略」(Reinventing biopharma: Strategies for an evolving marketplace)*の4回シリーズの第3回目です。調査の知見は、ライフサイエンス業界幹部への調査に基づいています。この最新レポートでは、半数以上(56%)が中国での機会を最大限に生かすことが各企業の優先事項の1つであると回答しています。

レポートの主な結果は、以下の通りです。

  • 中国は、早ければ2016年には米国に次ぐ世界第2位の規模のバイオ製薬市場になると予想されている。
  • 中国への現地進出が、バイオ製薬企業の成功につながっており、中国で事業を行っている回答者の61%が過去3年間でほどほどの期待ないし高い期待に応えるか、それらを超える売り上げがあったが、中国で事業を行っていない企業ではわずか36%しか同様の回答をしていない。
  • 中国の家庭の低い所得水準(2011年では中国の4億300万世帯のうち60%が年間所得5000ドル超)および不完全な市場データにより、先進国市場の方で事業を行うことに慣れているバイオ製薬企業にとって、独特の課題が生じる可能性がある。
  • 規制環境に積極的に対応することで時間と経費を節約できる:中国では多くの場合、企業は新薬の承認取得に他の市場より5年も長く要し、革新的な戦略が必要。

EIU執筆者のポール・キールストラ博士は、次のように述べています。「中国の2009~2016年の成長率は前年比で19%と予測されていますが、主に所得の上昇と高齢化によるもので、業界が見逃すことのできない機会を提供しています。」

クインタイルズのグレーターチャイナ地域担当副社長兼ゼネラルマネジャーであるリン・チェンは、次のように述べています。「この最新レポートの知見は、当社が中国で経験したことをそのまま伝えています。『現地を理解し、現地の立場で考え、現地に溶け込むこと』が不可欠です。当社は中国での投資やインフラを増強しており、13億人を有するダイナミックな中国市場に当社顧客としてのバイオ製薬企業が効率的に参入できるよう、あるいは同市場で事業拡大できるよう、支援しています。」

クインタイルズが最近中国で行った取り組みには、中国市場を狙っての上海におけるラボ検査能力の拡大および地域本社の設立の合意、中国東北部の大連における卓越拠点の開設、中国における臨床研究組織のKun Tuoの設立、コンサルティングサービスの拡充、新たな戦略的医薬品開発組織の設立があります。

* この調査について

本レポートはライフサイエンス企業の上級幹部270人への調査に基づいており、企業構成はバイオ製薬企業(64%)、医療機器企業(21%)、開発業務受託機関(CRO)などのサービス提供企業(10%)となっています。これらの幹部の出身は、中国あるいは台湾で現在事業を行っている企業(51%)、あるいは今後3年間で事業を確立する計画の企業(49%)です。調査対象者は上級幹部で、61%が経営幹部レベル以上です。回答者の拠点は世界的に広がっており、34%が西欧、32%がアジア太平洋地域、30%が北米です。回答者はあらゆる規模の企業に所属しており、53%が年間売上高5億米ドル未満の企業、17%が50億米ドル以上の企業に勤務しています。EIUは机上調査に加え、7人の上級幹部やその他の一流専門家へのインタビューも行いました。

エコノミスト・インテリジェンス・ユニットについて

エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)は、経済やビジネスに関する調査・予測・分析を提供する世界一流の人材を揃えています。1946年以来、世界中の企業・政府機関・金融機関・学術機関に正確で中立的な情報を提供し、ビジネスリーダーに力を与えて自信を持って行動できるようにしています。EIUの製品には、195カ国の政治・経済を分析した主力サービス「カントリーレポート」、データや予測のサブスクリプションサービスが含まれます。当社はまた、個々の市場や業界分野に関する調査・分析プロジェクトを個別依頼で引き受けています。詳細については、www.eiu.comをご覧ください。EIUは英国のロンドンに本社を置き、世界各地の40都市以上にオフィスを構え、約650人の各国専門家やアナリストのネットワークを擁しています。当社は、国際ビジネスや世界情勢に関する分析を提供している一流企業ザ・エコノミスト・グループの独立した企業間(B2B)事業部門として運営を行っています。

クインタイルズについて

クインタイルズは、臨床商業化コンサルティング資金ソリューションを世界的に提供する唯一の総合バイオ製薬サービス企業です。60カ国2万5000人以上の専門家で構成される当社ネットワークは、患者、安全性、倫理に対する揺るぎないコミットメントをもって、現在において結果を出しつつ未来に目を向けています。クインタイルズは、患者の生活を改善し、寿命を延ばす製品を開発・商業化するバイオ製薬企業の支援に取り組むと同時に、ステークホルダーに対しても価値を実証しています。詳細情報についてはwww.quintiles.comを、当社の他のニュースについてはwww.quintiles.com/newsをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Greg Connors, +1-919-998-2000
Investor Relations
invest@quintiles.com
or
Mari Mansfield, +1-919-998-2639
Media Relations
mari.mansfield@quintiles.com
or
Charlotte Taylor, +44 118 450 8386
Media Relations
charlotte.taylor@quintiles.com

Contacts

Greg Connors, +1-919-998-2000
Investor Relations
invest@quintiles.com
or
Mari Mansfield, +1-919-998-2639
Media Relations
mari.mansfield@quintiles.com
or
Charlotte Taylor, +44 118 450 8386
Media Relations
charlotte.taylor@quintiles.com