Covidien、第1四半期業績を発表

  • 純売上高は5%増、医療機器の売上高は11%増
  • 第1四半期の継続事業による希薄化後GAAP1株当たり利益は0.87ドル、特別項目を除いた継続事業の希薄化後調整1株当たり利益は13%増の0.95ドル
  • 2011年度の税率ガイダンスを修正

ダブリン--()--(ビジネスワイヤ) -- Covidien(NYSE: COV)は本日、2011年度第1四半期(2010年10~12月)の業績を発表しました。第1四半期の純売上高は27億7000万ドルで、前年同期の26億4000万ドルから5%増加しました。当四半期売上高成長率は為替変動の影響を受けていません。

2011年度第1四半期の粗利益率は56.7%で、前年同期の55.2%と比べて1.5ポイント上昇しました。調整後ベースでの2011年度第1四半期の粗利益率は57.6%で、過去最高の四半期水準となり、前年同期から2.4ポイントの上昇となりました。この業績改善は、積極的な事業構成、最近のポートフォリオの変化、製造コスト削減、事業再編プログラムの成果によるものです。

2011年度第1四半期の販売費および一般管理費は、買収関連費用と医薬品事業での製品発売費用により、前年同期から増加しました。第1四半期の研究開発(R&D)費は21%増加し、純売上高の4.3%となりました(前年同期は売上高の3.7%)。

2011年度第1四半期の営業利益は5億4900万ドルでした(前年同期は5億3600万ドル)。添付の四半期非GAAP差異調整表に記載された特別項目を除いた2011年度第1四半期調整営業利益は6億1500万ドルでした(前年同期は5億7400万ドル)。特別項目を除いた2011年度第1四半期調整営業利益による売上高営業利益率は22.2%でした(前年同期は21.7%)。

2011年度第1四半期の実効税率は16.1%でした(2010年第1四半期の実効税率は20.6%)。特別項目を除いた2011年度第1四半期の調整ベースの税率は18.4%となりました(前年同期は22.2%)。

2011年度第1四半期の継続事業による希薄化後1株当たり利益(GAAPベース)は0.87ドルでした(前年同期は0.80ドル)。特別項目を除いた2011年度第1四半期希薄化後調整1株当たり利益は0.95ドルで、前年同期の0.84ドルから13%増加しました。

リチャード・J・ミーリア会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「2011年度、当社は幸先の良いスタートを切りました。過去最高の粗利益率を達成し、営業利益率は着実に改善し、1株当たり利益の伸び率は2桁を達成しました。当社最大の事業セグメントである医療機器部門で優れた業績を実現できたのは、血管、酸素測定・監視、エネルギーの各製品分野で大きな利益を上げることができたためです。」

ミーリア会長はさらに次のように述べています。「2010年度に買収したアスペクト、ev3、ソマネティクスの統合も予定通り進んでおり、これら3つの事業は当社の期待通りあるいはそれ以上の業績を上げています。当社は今後も、当社の事業を推進させるような成長促進型の投資を継続していきます。例えば研究開発費の大幅な増強や新興国市場向けの成長イニシアチブなどです。一部の事業は市場に関連する要因により軟調ですが、堅実な製品ラインの追加、全事業にわたる充実した製品パイプライン、強力なキャッシュフローを活用した戦略的投資により、2011年度もそれ以降も当社は優れた営業業績を達成できると確信しています。」

事業セグメント別業績

医療機器の第1四半期売上高は18億8000万ドルで、前年同期の16億9000万ドルから11%増加しました。事業成長率は、買収、新製品、売上数量の増加により押し上げられましたが、一部は事業売却により相殺されています。エンドメカニカル製品の第1四半期の売上高は、主にステープリング製品の売上高が伸びたことで前年同期を上回りました。軟組織再生修復製品では、堅調な縫合製品がバイオサージェリー製品の低迷により相殺されましたが、売上高は前年同期より増加しています。エネルギー製品の当四半期売上高は2桁増となりましたが、これは今回も血管シーリング製品売上高の急増によるものでした。酸素測定・監視製品の売上高は、主にアスペクトとソマネティクスの買収により2桁の伸び率となりました。気道・換気製品の売上高は前年同期を大きく下回りました。その主な要因として、インフルエンザ関連の数量増があった前年度からの相対的減少および睡眠関連製品事業の売却が挙げられます。血管関連の売上高は、ev3製品の追加、および程度は少ないものの静脈不全・圧迫製品の伸びにより80%を超える増加となりま した。

医薬品の第1四半期の売上高は4億7000万ドルで、前年同期の5億1100万ドルから8%減少しました。この減少は主として、2010年度第3四半期に行った米国の放射性医薬品薬局事業の売却、およびスペシャルティ医薬品の売上高の減少によるものです。造影剤製品の第1四半期の売上高は前年同期をわずかに上回りました。その主な要因は当四半期の米国外での医薬品有効成分(API)の売上高成長率が前年同期の水準を下回ったことであり、その要因の一端には、アセトアミノフェンの売上高の減少があります。スペシャルティ医薬品では、ジェネリック製品の売上高が減少しました。競争活動の激化により前年同期より価格が低下したことが要因です。しかし、前期比ではジェネリック製品の価格は過去2四半期で安定しました。ブランド医薬品では、ジェネリック製品との競争により当社の従来のブランド製品の売上高が大幅に減少し、新製品のEXALGO®とPENNSAID®の好調な売り上げもこの減少を補うことはできませんでした。米国の放射性医薬品薬局事業売却の影響を除いた放射性医薬品の売上高は前年同期から横ばいでした。ジェネレーターの売上が伸びたため、タリウムおよび他の製品の売上高の減少が相殺されました。

メディカル・サプライの第1四半期売上高は4億2200万ドルで、前年同期の4億4300万ドルから5%減少しました。これは主に注射針処理およびナーシング・ケア製品の売り上げが減少したためです。2011年度第1四半期の売上高減少の大きな要因は、新型インフルエンザ(H1N1)関連の売上数量と販売会社による在庫積み増しがあった前年度との相対的減少です。

当社は、以前に発表した自社株買入プログラムに基づき、2011年度第1四半期には約230万株の普通株式を購入しました。

2011年度の業績ガイダンス

Covidienは、2011年度の税率ガイダンスを修正しました。現時点で、実効税率は第1四半期の調整ベース税率の18.4%を下回ると予想しています(現時点での外国為替レートを含み、一時的項目の影響を除く)。追加の税務戦略が実行されれば、2011年度の税率はさらに下がる可能性があります。当社の2011年度純売上高、営業利益率、フリーキャッシュフローのガイダンスに変更はありません。

COVIDIENについて

Covidienはヘルスケア製品の世界的大手企業として、患者転帰改善のための革新的メディカルソリューションを創出し、臨床でのリーダーシップと卓越性によって価値を提供しています。医療機器、医薬品、メディカル・サプライの3領域で、業界をリードする広範な製品ラインの製造、供給、サービスを行っています。当社は2010年度に104億ドルの売上高を上げ、世界60カ国以上に約4万2000人の従業員を擁し、当社の製品は140を超える国々で販売されています。当社事業の詳細についてはwww.covidien.comをご覧ください。

カンファレンス・コールとウェブキャストについて

当社は、本日午前8時30分(米国東部時間)より投資家向けのカンファレンス・コールを開催します。このカンファレンス・コールには以下の3通りのアクセスが可能です。

  • Covidienのウェブサイト:http://investor.covidien.com
  • 電話:「聴取のみ」の参加者も、質疑応答への参加を希望する場合も、ダイヤルイン番号は866-700-7101(米国)です。米国以外から参加する場合、ダイヤルイン番号は617-213-8837です。アクセスコードはいずれも21441069です。
  • 録音再生:カンファレンス・コールの録音再生は、2011年2月1日午前11時30分から2011年2月8日午後5時00分まで聴取できます。ダイヤルイン番号は888-286-8010(米国)です。米国以外の参加者のダイヤルイン番号は617-801-6888です。録音再生のアクセスコード はいずれも93591283です。

非GAAP財務指標

本プレスリリースには、事業成長率、調整粗利益率、調整営業利益、調整1株当たり利益、調整営業利益率などの財務指標が含まれ、これらはいずれも米国証券取引委員会の該当規則および規制では「非GAAP」の財務指標と見なされます。これらの非GAAP財務指標は、一般に認められた会計原則に沿って作成された財務情報を補足するものであり、当該情報の代わりとなるものではありません。当社の非GAAP指標の定義は、他社の類似した名称の指標とは異なる場合があります。

本プレスリリースで使用した非GAAP財務指標は、大きく変動する可能性があることや予測が困難なことがある特別項目による調整を行うものです。当社は一般的に、Covidienの過去の営業業績の評価、同業他社の営業業績との比較、経営陣のインセンティブ報酬の決定など、経営陣の財務および事業上の意志決定を円滑に進める目的で、これらの非GAAP財務指標を使用しています。こうした非GAAP財務指標は当社の事業に対する追加的な観点を示すものであり、GAAPベースの業績やGAAP財務指標に対する調整と同時に検討することで、Covidienの事業に影響を及ぼす要因や傾向をより詳細に把握できるようになっています。

非GAAP財務指標は、当社が報告した営業業績の増減につながる項目の影響を除外しているため、当社経営陣は投資家の方々に対して、当社の連結財務報告、および公式報告書を全体的に確認することを強くお奨めします。非GAAP財務指標とそれに最も直接的に対応するGAAP財務指標との差異調整は、本リリースに付された表に記載されています。

将来予想に関する記述

本通知文書に含まれる記述のうち過去の事実について記述していないものは、1995年米国民事証券訴訟改革法で定義される意味での将来予想に関する記述に当たる場合があります。本文書に含まれる将来予想に関する記述は、当社経営陣の現時点における見解と予想に基づいていますが、これらは多くのリスク、不確実性、および状況の変化の影響を受け、そのため実際の結果または当社の行動が当該記述で表明または含意されたものとは大きく異なるものになる可能性があります。実際の将来の結果が現在の予想と大きく異なるものになることの要因には、効果的に新製品を導入・販売したり技術の進歩に対応したりする当社の能力、少数の大規模な公的・民間保険提供者の支払い慣習、顧客、購入者グループ、第三者支払者、および政府組織による経費抑制努力、知的財産権上の紛争、複雑かつ費用のかかる規制(医療詐欺・乱用規制、海外腐敗行為防止法を含む)、製造やサプライチェーンの諸問題や障害、市況商品価格の上昇、Covidienまたはその製品にかかわるリコールや安全警告および否定的報道、製造物責任上の損失およびその他の訴訟債務、当社事業部門または商品ラインの売却、他の会社および事業を対象とする戦略的買収、投資、または提携を実行する当社の能力、競争、米国外で事業を行うことに関連するリスク、外国為替レート、環境修復費用が含まれますが、これらに限定されません。これらおよびその他の要因については、2010年9月24日終了年度のフォーム10-Kによる年次報告書およびその後当社が米国証券取引委員会に提出した文書でより詳細に特定・記述されています。当社は、法で義務付けられた場合を除き、これらの将来予想に関する記述を更新する一切の債務を否認します。

     
 
Covidien plc
連結損益計算書
四半期(2010年12月24日締めおよび2009年12月25日締め)
(単位は百万ドル、ただし1株当たりデータを除く)
 
 
四半期
2010年12月24日締め
純売上高比   四半期
2009年12月25日締め
純売上高比  
 
純売上高 $ 2,769 100.0 % $ 2,644 100.0 %
売上原価 (1)   1,198   43.3   1,185   44.8
粗利益 1,571 56.7 1,459 55.2
 
販売費および一般管理費 (1) 861 31.1 820 31.0
研究開発費 119 4.3 98 3.7
事業再編費 53 1.9 5 0.2
株主調停関連の収入   (11 ) (0.4 )   -   -
営業利益 549 19.8 536 20.3
 
支払利息 (52 ) (1.9 ) (43 ) (1.6 )
受取利息 5 0.2 5 0.2
その他の利益   13   0.5   7   0.3
継続事業による税引き前利益 515 18.6 505 19.1
 
支払法人所得税   83   3.0   104   3.9
継続事業による利益 432 15.6 401 15.2
 
非継続事業による利益(損失)、法人所得税控除後   (5 ) (0.2 )   11   0.4
純利益 $ 427   15.4 $ 412   15.6
 
基本1株当たり利益:
継続事業による利益 $ 0.87 $ 0.80
非継続利益による利益(損失) (0.01 ) 0.02
純利益 0.86 0.82
 
希薄化後1株当たり利益:
継続事業による利益 $ 0.87 $ 0.80
非継続事業による利益(損失) (0.01 ) 0.02
純利益 0.86 0.82
 
加重平均流通株式数(単位:百万株):
基本 495 499
希薄化後 498 504
 
 
 
 
(1) 以下の損益計算書項目には無形資産の償却費が含まれる。
売上原価 $ 37 $ 23
販売および一般管理費   12     4  
$ 49   $ 27  
                         
 
Covidien plc
非GAAP差異調整
四半期(2010年12月24日締めおよび2009年12月25日締め)
(単位は百万ドル、ただし1株当たりデータを除く)
 
四半期(2010年12月24日締め)
売上高 粗利益 粗利益率 営業利益 営業利益率 継続事業による税引き前利益 継続事業による利益 継続事業による希薄化後1株当たり利益
 
GAAP $ 2,769 $ 1,571 56.7 % $ 549 19.8 % $ 515 $ 432 $ 0.87
調整:
在庫処理費用(1) - 24 24 24 15 0.03
事業再編費用(2) - - 53 53 38 0.08
株主調停関連の収入 (3)   -   -   (11 )   (11 )   (11 ) (0.02 )
調整後 $ 2,769 $ 1,595 57.6 $ 615   22.2 $ 581   $ 474   0.95
 
 
 
四半期(2009年12月25日締め)
売上高 粗利益 粗利益率 営業利益 営業利益率 継続事業による税引き前利益 継続事業による利益 継続事業による希薄化後1株当たり利益
 
GAAP $ 2,644 $ 1,459 55.2 % $ 536 20.3 % $ 505 $ 401 $ 0.80
調整:
法務費用(4) - - 33 33 20 0.04
事業再編費用 (2) - - 5 5 3 0.01
タックスシェアリング契約の影響 (5) - - - (3 ) (3 ) (0.01 )
税関連費用   -   -   -     -     (1 ) -
調整後 $ 2,644 $ 1,459 55.2 $ 574   21.7 $ 540   $ 420   0.84
 
 
 
(1) ev3の買収時に在庫評価を時価に引き上げたことによる売上原価にかかる費用。
 
(2) 主に医療機器セグメントに関連する。
 
(3) 株主調停のための残余準備金当社分の戻し入れによる収入。これらの調停はすべて解決済み。
 
(4) 販売費および一般管理費に含まれる反トラスト訴訟に関連する法務費用。
 
(5) その他の費用に含まれるTyco InternationalおよびTyco Electronicsとのタックスシェアリング契約の影響の非利息部分。
               
 
Covidien plc
セグメント別および地域別売上高
四半期(2010年12月24日締めおよび2009年12月25日締め)
(単位:百万ドル)
 
四半期
2010年12月24日締め 2009年12月25日締め 変化率   為替の影響   事業成長率(1)  
 
医療機器
米国 $ 849 $ 681 25 % - % 25 %
米国以外   1,028   1,009 2 - 2
$ 1,877 $ 1,690 11 - 11
 
医薬品
米国 $ 308 $ 353 (13 ) % - % (13 ) %
米国以外   162   158 3 (2 ) 5
$ 470 $ 511 (8 ) (1 ) (7 )
 
メディカル・サプライ
米国 $ 370 $ 385 (4 ) % - % (4 ) %
米国以外   52   58 (10 ) (7 ) (3 )
$ 422 $ 443 (5 ) (1 ) (4 )
 
Covidien plc
米国 $ 1,527 $ 1,419 8 % - % 8 %
米国以外   1,242   1,225 1 (1 ) 2
$ 2,769 $ 2,644 5 - 5

(1) 事業成長率は非GAAP指標であり、恒常通貨ベース(該当する前期の実勢為替レート)で当期と前期の売上高の変化を示したものである。本リリースに含まれる非GAAP財務指標の説明を参照。

                             
 
Covidien plc
製品ライン別売上高(一部)
四半期(2010年12月24日締めおよび2009年12月25日締め)
(単位:百万ドル)
 
四半期
2010年12月24日締め 2009年12月25日締め 変化率   為替の影響   事業成長率 (1)  
 
医療機器
エンドメカニカル機器 $ 568 $ 551 3 % (1 ) % 4 %
軟組織再生修復製品 221 219 1 (1 ) 2
エネルギー機器 270 240 13 (1 ) 14
酸素測定・監視製品 205 180 14 (1 ) 15
気道・換気製品 186 209 (11 ) (1 ) (10 )
血管製品 332 182 82 - 82
 
医薬品
スペシャルティ医薬品 $ 131 $ 141 (7 ) % - % (7 ) %
医薬品有効成分 84 87 (3 ) (1 ) (2 )
造影剤製品 143 141 1 (1 ) 2
放射性医薬品 112 142 (21 ) (1 ) (20 )

(1) 事業成長率は非GAAP指標であり、恒常通貨ベース(該当する前期の実勢為替レート)で当期と前期の売上高の変化を示したものである。本リリースに含まれる非GAAP財務指標の説明を参照。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Covidien
Eric Kraus, 508-261-8305
Senior Vice President
Corporate Communications
eric.kraus@covidien.com
or
Bruce Farmer, 508-452-4372
Vice President
Public Relations
bruce.farmer@covidien.com
or
Coleman Lannum, CFA, 508-452-4343
Vice President
Investor Relations
cole.lannum@covidien.com

Contacts

Covidien
Eric Kraus, 508-261-8305
Senior Vice President
Corporate Communications
eric.kraus@covidien.com
or
Bruce Farmer, 508-452-4372
Vice President
Public Relations
bruce.farmer@covidien.com
or
Coleman Lannum, CFA, 508-452-4343
Vice President
Investor Relations
cole.lannum@covidien.com