クインタイルズとカドリジが提携して医薬品ブランドの商業化を改善へ

市場のリーダー企業が専門知識と電子ソリューションを欧州および米国で統合

米ノースカロライナ州リサーチ・トライアングル・パーク&パリ--()--(ビジネスワイヤ) -- 世界有数のバイオ製薬サービス企業クインタイルズと、製薬・医療業界向けの電子ディテーリングとマルチチャネル販売ソリューションにおける市場リーダー企業のカドリジは本日、世界的な提携を発表しました。この提携は、医師を対象としたディテーリングに革新的なモデルをもたらして、バイオテクノロジー企業と製薬企業が生産性を向上させ、複雑性を克服して、自社治療薬の価値をより効率的に説明できるようにするものです。

クインタイルズとカドリジは欧州と米国をカバーする共同販促契約を通じて、 バイオテクノロジー企業と製薬企業が最大の固定費の1つを削減できるようにします。そのために従来の医療業界にあった訪問モデルから、医師との対面式の議論と、電話やインターネットを介した遠隔地からのライブ電子ディテーリングとしてのコミュニケーションを取り混ぜた“ハイブリッド”モデルへと移行を進めます。この共同販促契約に基づいて、クインタイルズとカドリジは「ウェブ通話」センターを開設しますが、これにより医薬品営業担当者がフルタイムで医療専門家に情報伝達ないし電話をすることができます。

今回の提携は当業界においてこの種のものとしては初めてのものです。カドリジとクインタイルズの提携事業は、古くなった販促モデルから新しいモデルへと円滑に発展・移行するために必要なサービスとソリューションを切れ目のない完全な形で提供します。そのための基盤となるのは複数の通信チャネルをスマートに組み合わせたもので、これらがバイオテクノロジー企業や製薬企業にコスト削減、売り上げに対する影響力の増大、さらなる柔軟性の向上をもたらして、市場進化へと至ることができるようにします。

クインタイルズで商業化担当シニアバイスプレジデントを務めるマイケル・アッカーマンは、次のように述べています。「当社はカドリジと提携して、ブランドのライフサイクルニーズを踏まえて医師に対するディテーリングをカスタマイズすることで、ブランドのライフサイクル・インプリメンテーションに革命をもたらすことができます。当社は顧客がニューヘルスの展望の中で成功を収めることができるよう支援しており、これらの革新的なハイブリッドコールセンターとマルチチャネルモデルは当社顧客が求める変革的ソリューションです。」

カドリジの創設者で会長のOlivier Cadouは、次のように述べています。「多くの企業がハイブリッドアプローチの試験事業を行なっていますが、クインタイルズと当社の提携で提供するのは実際の市場に出すソリューションであり、これにより顧客は適切なメッセージを適切な時に適切なターゲットに適切なチャネルを通じて届けることで、時間と経費を削減することができます。この契約によりバイオテクノロジーと製薬の分野において世界最大の営業チームにアクセスすることで、当社の米国と欧州におけるプレゼンスが拡大します。」

クインタイルズについて

クインタイルズは、臨床、販売、コンサルティング、および資金の各ソリューションを世界中で提供する唯一の完全に統合された製薬・バイオサービス企業です。60カ国に及ぶ2万人以上の現役専門家から成るクインタイルズのネットワークは、患者と安全性、倫理に対する揺るぎないコミットメントをもって事業を展開しています。クインタイルズは、製薬・バイオ企業のリスク対応と、常に変化する環境における機会獲得を支援します。詳細情報については、www.quintiles.comをご覧ください。

カドリジについて

カドリジは電子ディテーリングと電子会議のSaaS型(サービスとしてのソフトウエア)ソリューションにおける欧州のリーダー企業です。当社は製薬業界の専門家が求める複雑な条件を深く理解しているため、高性能で革新的なソリューションとサービスを幅広く開発することが可能であり、それを実践してきました。カドリジは医療分野の営業チーム向けソフトウエアソリューションに加え、現在進めているサポートプログラムも提供しており、医療業界で従来からあった訪問モデルから、より高い投資収益率をもたらす“ハイブリッド”モデルへと円滑な移行を可能にしています。医薬品営業担当者はこうしたハイブリッドモデルにより、医療専門家に対する製品の対面式販促と、電話とインターネットを組み合わせて遠隔地からコミュニケーションを実現するライブの電子ディテーリングをスマートに組み合わせることができます。2002年創業のカドリジは60人近くの従業員を擁し、15カ国において製薬企業上位20社内にランク付けされている顧客数社を抱えています。詳細情報についてはwww.kadrige.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本プレスリリースには、将来の出来事に関する現在の期待に基づく“将来見通しに関する記述”が含まれます。基となる仮定が不正確であると判明した場合や、未知のリスクないし不確実性が具現化した場合、実際の業績は期待や推測とは著しく異なる可能性があります。こうしたリスクと不確実性には、一般的な業況、競合他社による技術的進歩と特許の取得、研究開発と規制プロセスに内在する課題、市場による新製品の受容が予測不可能であるなど製品マーケティングに関連する課題、患者に対する治療の結果に一貫性が見られない問題、製品に欠陥がある可能性、製造において困難が発生する可能性、国内外の事業と現在成功している本提携に影響を及ぼす法律および政府による規制が含まれますが、これらに限定されません。両社は法律で義務付けられている場合を除き、これら将来見通しに関する記述を更新する意図ないし義務を明示的に否認・拒否します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Quintiles Media Relations
Mari Mansfield, 919-998-2639, mari.mansfield@quintiles.com
or
Quintiles Investor Relations
Greg Connors, 919-998-2000, invest@quintiles.com
or
Kadrige Media Relations
Gill Borniche, +33 1 55 04 89 20, gborniche@kadrige.com

Contacts

Quintiles Media Relations
Mari Mansfield, 919-998-2639, mari.mansfield@quintiles.com
or
Quintiles Investor Relations
Greg Connors, 919-998-2000, invest@quintiles.com
or
Kadrige Media Relations
Gill Borniche, +33 1 55 04 89 20, gborniche@kadrige.com