アイスワープがエンドユーザーエクスペリエンスの向上に主眼を置いたアイスワープ・サーバー10.2をリリース

アイスワープ・サーバー10.2は従来のパワフルで柔軟性が高い機能セットに加えて、使いやすさの最適化と向上を実現し、労働力の生産性を新しいレベルに高める

ワシントン--()--(ビジネスワイヤ) -- 2009年11月のバージョン10.0のリリースに始まるバージョン10シリーズの最新製品、アイスワープ・サーバー10.2(IceWarp Server 10.2)をリリースします。この最新バージョンはエンドユーザーエクスペリエンスを改善し、今日の現代的な労働力に対して、競争が極めて激しいビジネス環境で成功するための柔軟性と迅速性を提供することに力点を置いています。

アイスワープのサポート業務担当バイスプレジデントを務めるクリストファー・ノットは、次のように述べています。「ビジネスの展望は変わりつつあります。種類や規模を問わずどの組織でも、よりすぐれたツールを必要とし、またコミュニケーションとデータ利用をより簡便化・迅速化しなければなりません。」

アイスワープ・サーバー10.2には、従来からあるパワフルな機能セットに多くの改良が加えられています。あらゆる点に及ぶ改良により、コミュニケーションツールとしてアイスワープ製品を使用している各企業は業務の質、速度、洗練性を向上させ、時間や場所を問わず接続状態を保つことができるようになります。以下を含む新機能が追加されています。

  • ウィンドウズ用ユーティリティー - エンドユーザーはすべてのアイスワープ製クライアントソフトウエアをすぐにダウンロードしてアクティベーションキーを取得できるようになり、導入が簡単になります。また、空き時間情報を検索し、ブラウザー経由で個人用カレンダーにアクセスするとともに、ThunderbirdやiCalなどCalDAVをサポートしているアプリケーションのデータにアクセスするためのURLが提供されます。
  • すべてのタイムゾーンに対応 - カレンダーイベントの作成時にタイムゾーンを指定できます。UTC/GMTや各地域・都市を指定でき、世界規模でも対応できます。
  • 電子メール配信レポート - ユーザーは自分が送信した電子メールすべてについて、その後の経過を正確に確認できます。提供するレポートでは、メッセージがローカル配信されたか、正しく中継されたか、またはエラーにより戻されたかを確認できます。
  • GTDの本格サポート (イベントとしてタスクを同期) - 新しいActiveSyncポリシー「イベントとしてタスクを同期」の導入により、本来タスクをサポートしていないデバイス (アイフォーンなど) でタスクを表示できます。アイスワープはこの機能が可能な唯一のソリューションです。GTD(仕事を成し遂げる技術)を組織的手法として採用したことにより、アイスワープ・サーバー10.2はタスクをイベントとして同期し、携帯端末のカレンダーに表示し、すべての管理作業 (編集、作成、削除) をできるようにします。
  • Outlook Connector 10.2 – Microsoft Outlook 2010に完全に対応しています。
  • アイスワープ・デスクトップクライアント10.2 - XLISTコマンドによるローカライズされた電子メールとGroupWareのデフォルトフォルダに加え、改良された検索機能、カスタム辞書、改良されたフィッシング対策機能、誕生日や記念日についての新しいタイムゾーン処理をサポートし、安定性とパフォーマンスでさらなる最適化が実現されています。
  • WebDAV、アイフォーン(iPhone)、アイパッド(iPad)への対応を改良 - アイスワープは種類が増えているアップル製機種にも完全に対応しています。OS X 10.6用のiCalにも完全対応しており、共有カレンダー、招待状、空き時間データを含む機能を利用できます。アイフォーンとアイパッドのユーザーはCalDAVを利用してカレンダーを、CardDAVを利用して連絡先を同期できます。

アイスワープについて—アイスワープは過去10年以上にわたり、あらゆるクラスと規模の事業、あらゆるニッチ市場を対象としたコミュニケーションの統合に傾注してきました。アイスワープは最高のコミュニケーション、コラボレーション、セキュリティー、モバイル性を基盤に、組織が業務とコミュニケーションを行う方法に革命をもたらしました。組織の成長に対応できる優れた拡張性を提供しているため、中小企業、大企業、データセンターは一様に同じ製品を利用することができます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

IceWarp Public Relations
John Cooper
1-888-ICEWARP, ext 1212
PR@IceWarp.com
www.IceWarp.com

Contacts

IceWarp Public Relations
John Cooper
1-888-ICEWARP, ext 1212
PR@IceWarp.com
www.IceWarp.com