バルセロナのモバイル・ワールド・コングレスで香港におけるLTEの進捗を明らかに

CSLとZTE、CSLのNextG™ネットワークを利用した香港におけるLTE試験運用の第1フェーズ詳細を発表

Mobile World Congress 2010

バルセロナ--()--(ビジネスワイヤ) -- 香港大手の移動体通信事業者であるCSLと、同社親会社のテルストラ・コーポレーション、そして電気通信技術およびネットワーク・ソリューションの世界的大手プロバイダーのZTEコーポレーションは、香港有数のモバイルネットワークであるNextG™の提供を開始して以来達成した、数々の成果を明らかにしました。

CSLは2009年3月に、定評のあるオールIPモバイル・ブロードバンド・ネットワーク「NextG™」の商用展開を開始しました。NextG™は、世界初のソフトウエア無線(SDR)に基づくHSPA+オールIPネットワークです。ピーク時の下り速度が最大21Mbpsで、香港で最も広範な受信範囲を誇る同ネットワークは、比類なきモバイル性と性能を提供しています。

CSLは、NextG™のSDR機能により、ソフトウエア・アップグレードを行って、3GネットワークからLTEへと速やかに移行することができます。さらにCSLは(2009年オークションで獲得した)LTE向け帯域幅を所有しているため、LTE移行の道のりはスムーズかつ容易です。

CSL、テルストラ、ZTEは2009年9月に、アジアで最初の、また世界でも初の試みの1つとなるロング・ターム・エボルーション(LTE)ネットワークの商用試験運用を開始し、LTE技術を利用して最大127Mbpsで通信できることを実証しました。

そしてCSL、テルストラ、ZTEは本日、香港に本格運用が可能な20の基地局を配備するまでに成長した、LTE試験運用の進捗について発表しました。現在CSL、テルストラ、ZTEはこれらの基地局を試験運用し、次世代モバイル技術の性能と特徴について調査しています。

CSLの最高技術責任者(CTO)であるChristian Daigneaultは、次のように述べています。「この試験運用が注目に値するのは、研究室から道路へと、利用できる場が外の世界に拡がっている点です。我々は現在、消費者がすぐに利用可能なLTE USBモデムを使って、基地局のテストを実施中で、この野外試験運用はLTEネットワーク全体で行っています。USBモデムは、香港の街中でピーク時の下り速度として最大100Mbpsを実現するなど、非常に優れた性能を発揮しており、この試験運用の結果には大変満足しています。LTEの商用提供が始まり、世界中のネットワークで展開されるようになると、大いに役立つでしょう。」

香港におけるLTEネットワークの発展は、過去1年間に業界の耳目を集めてきました。CSLとZTEが世界のモバイル通信業界の最前線に立ち、香港の消費者や企業のために無線利用の新しい地平を開いてきたからです。

CSLの最高経営責任者(CEO)兼テルストラ・インターナショナルのグループ担当マネージング・ディレクターであるTarek Robbiatiは、NextG™の提供を開始して以来、ユーザーの利用パターンが大きく変化したことを指摘しています。「旧式の3Gネットワークと比べ、データ通信量が20倍に増え、当社ネットワーク上の音声トラフィックを凌ぐまでになりました。ネットワークは、より高速な通信速度の提供に向けて、LTEへと絶え間なく進化しています。また、スマートフォンをはじめとする機器の普及と相まって、香港ではこれから長期にわたりデータ通信量が急増する見込みです。CSLは今後もLTE技術に対する投資を続け、香港に世界で最も先進的なネットワークの1つを構築するします。それにより、顧客が自由に生活を楽しむための、真のモバイル・ブロードバンド・サービスを提供できます。それは香港ではすなわち、いつでも好きな場所で、無線接続を利用できることを意味しています。」

CSLのAenil Premji最高マーケティング責任者(CMO)は、次のように語っています。「世界トップクラスのインフラによって、効率と生産性を最大化する高度な企業アプリケーションが利用可能となるほか、消費者には優れた使用性と機能性を備えた、充実したモバイル・マルチメディア体験を提供できるようになります。」

CSLはLTE試験運用に注力する一方、香港では今後何年もHSPA+ネットワークが利用されることを見込んで、同ネットワークへの取り組みも継続しています。またCSLは2009年9月に、900MHz帯域でUMTS HSPA+ネットワークを展開すると発表しました。これは周波数の再割り当てを行う、香港で初めての試みとなります。Robbiati最高経営責任者は、次のように述べています。「900MHz帯域のUMTSを利用したモバイルサービスは、屋外の受信可能範囲を広げ、屋内における信号透過率を高めるように設計されています。これは香港のように高密度な都市環境では、極めて重要な点です。我々が最近提供を開始したNextG™ホーム・ブロードバンド・サービスでは、このネットワーク独自の利点を最大限に活用しています。」

ZTEコーポレーションの会長であるHou Weiguiは、次のように述べています。「ZTEは、テルストラとCSLとの戦略的提携により、香港有数のモバイルネットワークであるばかりか、世界でも最も先進的なネットワークの1つを構築できたことを大変うれしく思います。このネットワークはピーク時の下り速度が最大21Mbpsからスタートし、SDRベースのHSPA+オールIPネットワーク、900MHz帯域の初の再割り当て、1つの基地局を使った127MbpsのLTEネットワーク、そしてLTE USBモデムを利用した20の基地局が構成する、下り速度が最大100MbpsのLTE試験運用ネットワークへと、多数の成果を上げながら進化してきました。これは当社がテルストラとCSLと協力し、絶え間ない技術革新と傑出したエンジニアリング能力によって、世界で最も競争が厳しい電気通信分野の課題克服に専心していることを現しています。」

またPremji最高マーケティング責任者は、次のように語っています。「顧客は以前にも増して、モバイル・ブロードバンドを使ったデータ・サービス、ハンドセット、アプリケーションを求めるようになっています。CSLは、顧客に焦点を当てたサービスのリーダーとなることで、香港におけるリーダーとしての地位を確立しました。当社は顧客の声に耳を傾けることで、彼らにとって重要なことを突き止め、適切な技術的ソリューションで、そのニーズに応えています。」

CSLについて

CSLは香港初の大手モバイル・ネットワーク事業者です。同社はまた香港で初めて、独自の市場細分化戦略を展開したモバイル企業です。細分化したブランドである: 1O1OOne2Freeニューワールド・モビリティを通じて、顧客中心のサービスを提供するために、最先端の技術を利用しています。世界有数のGSM/WCDMAネットワークであるNextG™を運用し、国内および海外の顧客に包括的なポストおよびプリペイド・サービスを提供しています。CSLはまた、香港における大手ローミング運営業者で、世界400社以上のモバイル事業者との間で、他に類のない国際的なマルチメディア接続を提供しています。詳しい情報については、www.hkcsl.comをご覧ください。

CSLは、オーストラリアの大手電気通信・情報サービス会社であるテルストラ・コーポレーション(www.telstra.com)の子会社です。

ZTEについて

ZTE は通信機器およびネットワーク・ソリューションを提供する世界的大手企業です。その製品範囲の幅広さと完璧さは世界でも群を抜き、実質的に有線、無線、サービスおよび端末などあらゆる市場部門を網羅しています。当社は革新的なカスタムメイドの製品およびサービスを、140を超える国の通信事業者500社以上に提供しています。これにより毎年の売上増加に貢献し、世界の通信の未来を担っています。ZTEは年間売上高の約10%を研究開発に投入し、新たな通信基準を確立するさまざまな国際的組織において主導的な役割を果たしています。2008年度には3G機器市場全体で約30%のシェアを獲得し、中国の3G業界をリードしています。健全な企業の社会的責任(CSR)イニシアチブを持つZTEは、国連グローバル・コンパクトのメンバーであり、CSRプログラムの開発および実施において、グローバル・コンパクトの10原則を厳格に順守しています。ZTEは中国で唯一の上場通信メーカーであり、株式は香港証券取引所および深圳証券取引所(香港H株:0763.HK、深圳A株:000063.SZ)で取引されています。詳細についてはwww.zte.com.cnをご覧ください。

テルストラについて

テルストラ・コーポレーションは、オーストラリアの大手電気通信・情報サービス会社で、オーストラリアでは最もよく知られたブランドの1つです。テルストラは固定回線、モバイル、ブロードバンド(BigPond®)、情報、取引、検索(Sensis®)、ペイTV(FOXTEL)全般にわたって、完全に統合された電気通信体験を顧客に提供できるオーストラリア唯一真の通信企業です。テルストラの国際事業には、香港の大手モバイル通信事業者であるCSLニューワールド・モビリティ・グループ、ニュージーランド第2位の完全サービス接続事業者であるテルストラクリア、グローバル接続と国際音声・衛星サービスのリーチ、中国の大手不動産および家具ウェブサイトのソウフン・ホールディングス・リミテッドなどがあります。

香港におけるNextG™のマイルストーン

  • 2009年1月
  CSLがLTEオークションで2600Mhz(LTE/4G)帯を獲得
 
  • 2009年3月
CSL、テルストラ、ZTEが香港でNextG™の提供を開始—世界初のHSPA+オールIP商用モバイル・ネットワーク
 
  • 2009年9月
CSL、テルストラ、ZTEがLTE商用ネットワークの試験運用開始を発表
 
  • 2009年11月
NextG™ネットワークは、再割り当てを行ったUMTS 900MHz帯を利用
 
  • 2010年1月
CSLとZTEは、運用可能なLTE基地局を香港で20以上所有
 
  • 2010年2月
香港のLTE試験運用では、消費者がすぐに利用可能なUSBモデムを使用

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

CSL
David Aitken, +852 2883 3626
+852 9020 5566
Head of Regulatory and Corporate Affairs
david.aitken@hkcsl.com
Lavin Chan, +852 2883 2742
+852 9878 9288
Senior Manager, Corporate Affairs
lavin.ch.chan@hkcsl.com
or
ZTE
James Wen, +86 755 2677 5187
+86 13603043051
Head of ZTE international branding section
james@zte.com.cn

Contacts

CSL
David Aitken, +852 2883 3626
+852 9020 5566
Head of Regulatory and Corporate Affairs
david.aitken@hkcsl.com
Lavin Chan, +852 2883 2742
+852 9878 9288
Senior Manager, Corporate Affairs
lavin.ch.chan@hkcsl.com
or
ZTE
James Wen, +86 755 2677 5187
+86 13603043051
Head of ZTE international branding section
james@zte.com.cn