テスラとパナソニックが共同で次世代バッテリー技術を開発

テスラが同社の最新型電気自動車(EV)用バッテリーパックにパナソニック製ニッケルベース・リチウムイオン電池を採用

米カリフォルニア州サンカルロス--()--(ビジネスワイヤ) -- テスラモーターズとパナソニックは本日、共同で電気自動車用次世代バッテリーの開発を行うと発表しました。

ハイウェイ走行が可能な電気自動車を生産する唯一の自動車メーカーであるテスラは、同社の最新型バッテリーパックにパナソニックのバッテリーを採用する予定です。このバッテリーは、現在生産されているバッテリーの中で最もエネルギー密度の高いニッケルベースのリチウムイオンで構成され、高容量、軽量性、耐久性、長寿命を理由にテスラがEV用に採用したものです。

テスラのCTO(最高技術責任者)JB ストローベルは、次のように語っています。「当社とパナソニックとの共同事業を通じて次世代EVバッテリーの開発が加速化し、テスラはさらにバッテリーパックの性能を改善できるようになります。テスラの厳密なバッテリー試験とEV要件についての理解をパナソニックの先進的なバッテリー技術と組み合わせることで、EV専用に最適化された特別仕様のバッテリーを製造することができるでしょう。」

パナソニックは世界最先端のバッテリーメーカーで、また世界の自動車産業に多様な製品を供給しています。

パナソニックエナジーの野口直人社長は、次のように語っています。「当社のバッテリーがテスラの現世代と次世代のEVバッテリーパックに採用されたことは、パナソニックのニッケルベースの化学技術と、パナソニックが継続して行っているリチウムイオンの研究開発と生産に対する広範な投資の有効性を大いに実証するものです。」

パナソニックは、世界最大のリチウムイオンバッテリー・メーカーの1社です。さらに、パナソニックはリチウムイオン電池技術の世界的なリーダーで、現在3年にわたる10億米ドルの設備投資に基づくリチウムイオンバッテリー研究開発・生産施設の建設を進めています。それら新施設の最初の施設は日本の住之江に建設され、2010年4月に生産を開始する予定です。

テスラの現在のバッテリー戦略は、複数のバッテリー供給業者からの電池を使って独自のパーケージ製造を行うというものです。複数の供給業者からの電池を使用するというテスラの戦略を継続できるようにするため、この新たな電池はまた、他の電池の形式と互換性を持つものとなります。テスラは既に、900台を超える自動車を北米と欧州の顧客に納入しています。

テスラについて

テスラの目標は、中心的顧客向けに手頃な価格の自動車を生産することにあり、絶えずEVのコストを削減し続けています。カリフォルニア州サンカルロスに本社を置くテスラは、自動車をオンラインで販売し、これまでに約900台のロードスターを北米と欧州の顧客に納入しています。南フロリダに加えて、テスラはカリフォルニア州のシリコンバレーとロサンゼルス、ニューヨーク、シアトル、ボルダー、ロンドン、ミュンヘン、モナコにもショールームを所有しています。

テスラ・ロードスターはアウディR8より高速ですが、にもかかわらず従来型のスポーツカーの6倍の効率を持っています。EPA推定値による充電1回あたりの走行距離は244マイルで、充電コストは5ドル未満です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Tesla Motors
Khobi Brooklyn, (650) 701 2890
kbrooklyn@teslamotors.com

Contacts

Tesla Motors
Khobi Brooklyn, (650) 701 2890
kbrooklyn@teslamotors.com