ピーター・ケニオン、国際スポーツ業務を指揮するためCAAスポーツに参加

ロサンゼルス発 -- (ビジネスワイヤ) -- チェルシーFC(フットボール・クラブ)とマンチェスター・ユナイテッドの前最高経営責任者(CEO)ピーター・ケニオンが、国際業務の指揮をとるためCAAスポーツに加わりました。世界のスポーツ業界で最も影響力を持つエグゼクティブの1人とされるケニオンは、CAAスポーツの経営チームに参加し、スポーツ選手の代理、商品推奨、スポーツ関係資産の販売とスポンサー活動、メディア権、企業向けコンサルティングなどを含めた分野において、当エージェンシーの海外業務の拡張を指揮する責任を負います。ケニオンはまた、CAAスポーツのロンドンにおける業務を発展させ、国際販売・管理チームの構築を促進します。

エンターテインメントとスポーツ分野における大手エージェンシー、クリエイティブ・アーティスト・エージェンシー(CAA)の1部門であるCAAスポーツは、発足ご3年という短期間に米国内でも主要なスポーツ選手代理会社に成長し、500人以上の世界的トップクラスのスポーツ選手、コーチ、放送関係者、スポーツタレントの代理人として活動しています。またCAAスポーツは、コーポレートマーケティング、放映権、スポーツ関係資産のスポンサー活動の分野でも業務を行っています。

ケニオンは、次のように語っています。「チェルシーとともに、過去2年間、CAAスポーツと仕事をする機会を持ち、彼らのアプローチとチームカルチャーから多くのことを学びました。そのアプローチとカルチャーこそ、個人であれ企業であれ、幅広く、刺激的なクライアントと効率的に働くことを可能にするものです。短期間に、そして競争が激化する環境の中、CAAスポーツは米国スポーツのリーダーとしての地位を確立しましたが、このエージェンシーと海外のクライアントのために、その国際的な存在感を増大させ、新たな好機を創造する一助となることを楽しみにしています。」

チェルシーの外部エグゼクティブ・ディレクターとしてチェルシーにとどまるケニオンは、2004年よりオーナーのローマン・アブラモビッチの下、スタンフォード・ブリッジのチーフ・エグゼクティブを務めていました。ケニオンは、チェルシーFCを世界的ブランドに成長させ、最近では、サムスンとの数百万ドル規模のジャージのスポンサー契約の再交渉業務の先頭に立ちました。在職中の2007年と本年、チェルシーFCはFAカップを、2005年と2006年には権威あるプレミアシップを制し、2008年にはチャンピオンズリーグの決勝に進出しました。

CAAのマネジング・パートナー、デビッド・オコナーは、次のように述べています。「最高水準の国際スポーツにおけるケニオンの卓越した成果と業界での深い人脈、市場に対する広範な知識は、私たちのビジネスにさらに弾みをつけ、洞察と卓見をクライアントに提供することになるでしょう。」

CAAスポーツ共同ヘッドのハワード・ニューチョウは、次のように語っています。「チェルシーFCを代理することを通じ、私たちはケニオン氏と親密に仕事をする機会を持ち、ブランドと業務展開に対する氏の協力的かつ戦略的なアプローチを直接体験しました。CAAで新しい役割を果たす氏と働くことに、私たちは高い期待を感じています。」

チェルシーFCに参加する以前、ケニオンはマンチェスター・ユナイテッドの最高経営責任者で、ナイキをチームのスポンサーとして獲得し、13年間に3億300万ポンドをチームにもたらしました。ボーダフォンとの3000万ポンドのスポンサー契約の仲立ち、ニューヨーク・ヤンキーズとの画期的なマーチャンダイズ提携を指揮したのもケニオンでした。それ以前、ケニオンは、アンブロのスポーツウエア担当プロダクション・ディレクター兼最高責任者でした。ケニオンは1986年、オペレーションズ・ディレクターとしてアンブロに入社しました。当時、同社の年間売上高は1600万ポンドでした。1993年にはマネジング・ディレクターとなり、同社の焦点をサッカーに移行させ、その製造部門を中国に移転させました。1997年にマンチェスター・ユナイテッドに加わるためにケニオンが同社を去った時には、アンブロは年間6億ポンド以上を生む、非常に収益性の高い会社に変わっていました。

CAAスポーツは、イギリス、ポルトガル、スウェーデン、ロシア、日本、イスラエルを含む、世界の多くの地域にエージェントを抱えています。当エージェンシーは、大手スポーツ・マネージメント会社Gestifuteと国際的に提携し、2008年FIFAワールド・プレーヤー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたクリスティアーノ・ロナウド、インテルミラノの有名マネジャー、ホセ・モウリーニョ、アンダーソン(マンチェスター・ユナイテッド)、ナニ(マンチェスター・ユナイテッド)、デコ(チェルシーFC)を含む数多くの世界の一流サッカー選手やコーチを代理しています。また、CAAスポーツは本年度UEFAチャンピオンのFCバルセロナとチェルシーFCの代理人でもあります。当エージェンシーのテニス部門は、男子テニス世界第3位のノバク・ジョコビッチ、4位のアンディ・マレー、女子テニス協会(WTA)ツアー2位のディナラ・サフィナ、本年度全仏オープンチャンピオン3位のスベトラーナ・クズネツォワ、アンドレ・アガシ、シュテファニー・グラフを含めた多くの選手を代理しています。最近ではゴルフ部門を開設し、伝説的な国際的ゴルファー、グレッグ・ノーマンとその会社グレート・ホワイト・シャーク・エンタープライズと契約しました。

当エージェンシーは、スポーツ選手の代理業務の成長を促進するとともに、業界における最も画期的な契約交渉を行い、業界関係者の誰もが追い求める提携業務を多数獲得してきました。クライアントにはNFL選手のペイトン・マニングとトニー・ロモ、NBAのレブロン・ジェームス、カーメロ・アンソニーとドウェイン・ウェイド、MLBのデレク・ジーターとライアン・ハワード、NHLのシドニー・クロスビーとエフゲニー・マルキン、サッカースターのロナウドとデビッド・ベッカム、そしてNASCARチャンピオンのジミー・ジョンソンのほか多くの選手が含まれ、ヤンキーズ・スタジアム、マディソン・スクエア・ガーデン、スタムフォード・ブリッジなど世界の有名競技場の代理人でもあります。当エージェンシーは最近6回のNFLドラフトで、全体ドラフト第1位の選手を5回代理し、NHLドラフトでも過去5年間のうち4年、全体ドラフト第1位の選手を代理し、その中には本年度のジョン・タバレスも含まれ、MLB俸給裁定の歴史上、1選手に与えられた最高の俸給額を獲得しました。加えてCAAスポーツは、36人以上のNBAオールスターと新人選手の代理業務を行い、その中にはジェームス、アンソニー、ウェイド、クリス・ボッシュ、トニー・パーカー、アレン・アイバーソンが含まれます。

ケニオンはCAAのロンドンのオフィスから指揮をとります。写真とマルチメディアギャラリーは次のサイトでご覧になれます: http://www.businesswire.com/cgi-bin/mmg.cgi?eid=6094453&lang=en

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

CAA
Beth McClinton, 424-288-2000
bmcclinton@caa.com

Contacts

CAA
Beth McClinton, 424-288-2000
bmcclinton@caa.com