第25回中国ハイテクフェア、中国一の技術展示会として経済発展を促進

The 25th China Hi-Tech Fair Concludes, Bolstering Economic Development as China's No.1 Technology Show

中国・深セン--()--(ビジネスワイヤ) -- 中国一の技術展示会として知られる中国ハイテクフェア(CHTF)は、2023年11月19日に無事に終了し、最先端技術や革新を紹介する世界的な展示会としての地位を固めました。累計来場者数は24万8000人、交渉による取引金額は372億7900万人民元に達しました。今年の展示会は、輝かしい歴史の中で最大かつ国際的に多様性の高い展示会として歴史的な節目となりました。

2会場で開催された展示会では、32種類の主な活動が発表され、681種類の新製品と画期的な成果が紹介されました。クライマックスとしては、深センにおける5つの研究機関の設立、17の政府機関や地方自治体の協力事業の現場契約締結などがあげられます。

ファーウェイの全液冷スーパー急速充電スタンド、ドローンや自動運転車両などの人工知能アプリケーション、世界デビューとなるファーウェイのLuxeed S7、XPeng AeroHTのフライング・カーなどの画期的な技術が大きな注目を浴びました。

1410社のハイテク企業、598社の専門企業や革新駆動企業、183社の外資系企業を含む4000社を超える出展企業が参加したCHTFには、105か国から代表者が集まり、国際的な経済・技術交流が行われました。

CHTFは、毎年開催される展示会以外でも、国際的な交流の主要な場として使用されました。6回参加したイラン代表団の指導者は、400万ドルの投資と中国における成功した設立という成功事例を述べて、長く続くパートナーシップを確立する上でこの展示会が極めて重要な役割を果たしていることを浮き彫りにしました。

一帯一路構想の10周年を迎えるCHTFは、一帯一路に関わる諸国9か国から9名の閣僚関係者を迎えました。トータルでは76か国からの参加があり、これまでで最も多様性の高い技術展示会となりました。

CHTFは、知名度の高いフォーラム講演の場としての機能を備えることにより、政策立案者、研究者、業界リーダー間のディスカッションやコラボレーションを推進しました。この技術展示会では、132件の契約が締結され、科学、技術、経済学関係の著名人からの情報を得て、重点政策、イノベーション・ゾーン、人材の育成に関する講演が行われました。

イノベーション拠点としての深センの役割を浮き彫りにしたCHTFは、深センキャピタルグループ、Shenzhen HTI Group、Lime Capitalなどの投資機構およびベンチャー投資会社が参加し、プロジェクトの交渉、ロードショー、資金調達を促進しました。

CHTFは25年にわたり、革新技術を紹介するだけでなく、明るい未来を想定する段階へと進化しました。深センの革新都市にて開催される技術展示会は、経済成長と質の高い発展に新たな原動力を注ぐものです。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

聯絡人

For International Visitors:
Email: overseas@chtf.com

聯絡人

For International Visitors:
Email: overseas@chtf.com