韓国の最適化AI SaaS専門企業HackleがアマゾンウェブサービスISV Accelerate Programのパートナーに選ばれる

韓国の最適化AI SaaS専門企業HackleがアマゾンウェブサービスISV Accelerate Programのパートナーに選ばれる (画像:Hackle)

韓国ソウル--()--(ビジネスワイヤ) -- 韓国の最適化AI SaaS専門企業ハックル(Hackle)がアマゾンウェブサービス(Amazon Web Services, AWS)ISV(Independent Software Vendor) Accelerate Programのパートナーに選ばれたと明らかにした。AWSクラウドでアプリケーションを実行したり、統合ソフトウェアソリューションを提供する企業向けに設計された、この共同販売イニシアティブは、グローバル市場でHackleの新しい販路を開拓しています。

AWS ISV Accelerateプログラムは、HackleがAWSの幅広い販売ネットワークを活用し、新しいビジネスビューを探索する機会を提供します。Hackleを導入した企業は、AWS Marketplaceを介してAWSコストとHackleサービスコストの統合された課金割引やクレジット決済などの恩恵を受けることができます。特に、AWS Enterprise Discount Plan(EDP)契約のクレジットを維持している企業にとって魅力的です。

2020年に設立されたHackleは、Coupangのロケット成長をリードした14人のソフトウェア専門家を中心とした豊富なノウハウを基に、プラットフォームベースのビジネスが高速成長するのに役立つAI SaaSプラットフォームを作成しています。このプラットフォームには、A / Bテスト、データ駆動型の意思決定、信頼性の高いデプロイのためのFeature Flagなど、Google、Amazon、Microsoft、Coupangなどのグローバルテクノロジー大企業が採用した実績のある成功公式が組み込まれています。このイニシアティブは、企業の開発人材不足の問題を解決し、データに基づいて顧客のビジネス成長を加速するためのソリューションを提供することを目的としています。Hackleは、高度な技術を活用し、ダイナミックなデジタル環境で効果的に競争するためのソリューションを提供します。

Hackleは創立して3年も経たずにYogiyo(韓国代表食品配達プラットフォーム)やGC Company(韓国を代表する旅行プラットフォーム)といった卓越したデジタルネイティブユニコーン企業、そしてCJ OliveYoung、Kyobo Life、LG U+を含む世界的な大企業など200以上の有料顧客会社を確保しました。

HackleのCEOであるChanghak Sunwoo代表は「Hackleは韓国市場を超えて日本市場進出のために事業を拡大しており、我々はAWSとのパートナーシップを通じてAWSの日本ネットワークを積極的に活用しながら、日本市場を体系的に攻略していく」と述べました。

さらに、彼は「Hackleチームは、データをより効果的な方法で使用したい顧客のニーズに対処することに焦点を当てており、プラットフォーム機能を提供するSaaS企業であるだけでなく、多数のデータ活用方法論と知識を提供するコンサルタントでもあります。この戦略は、四半期ごとに主要な指標が2倍以上成長することを可能にしたHackleの迅速な成功の重要な要素でした。 Hackleは、コスト削減とROI改善に対する海外企業のニーズを攻略し、韓国での成功を日本市場でも再現することを目指しています。」と強調しました。

Contacts

Dasom Lydia Jeong
lydiajeong@hackle.io

Contacts

Dasom Lydia Jeong
lydiajeong@hackle.io