高雄グローバル・スマート港湾フォーラムが発足し、国際的な連携を促進

高雄市で開催されるグローバル・スマート港湾都市フォーラムには世界中の港湾都市が集結し、分野横断的な交流が行われます。

台湾・高雄--()--台湾の海事首都および港湾首都として知られる南部の都市、高雄市は、台湾が海洋テクノロジーに進出するための最良の基盤としての機能を果たしています。近年、時代の進化と産業の変化に伴い、高雄市政府は、高雄港の産業港から人間志向のハブへの変革を促進することに努めており、同時に、将来の産業変革のニーズを満たし、さまざまな分野で技術的リーダーシップを達成することを目的として、高度な半導体産業と5G利用のアプリケーションおよびサービスにおいて戦略的なインテリジェンス・ソリューションを実装しています。

高雄市政府は2016年に、港湾都市の経済成長に取り組む台湾で最初の国際プラットフォームとして、グローバル港湾都市フォーラム(GHCF)を立ち上げました。この隔年のフォーラムは、世界中の主要な港湾都市の代表者が集まり、港湾都市の経済成長に関連する問題を検討する会合の場として機能します。海洋テクノロジー、スマート港湾、スマートシティの開発を加速させ、経済、社会、文化、知識、人材、その他のリソースを活性化し、ブルー・エコノミーと港湾都市の持続可能な開発を促進します。高雄市はこのフォーラムを通じて25カ国とパートナーシップを確立しており、国際的な接続を促進する上で、ハブとしての役割を成功裏に果たしています。

COVID-19パンデミックは、世界経済と都市開発に壊滅的な影響を及ぼしましたが、これによってスマート技術アプリケーションと産業のデジタル変革も加速しました。高雄展覧館で開催された第3回目のフォーラムでは、高雄市の陳其邁市長がアジアの新ベイ・エリア2.0の最新の開発計画を明らかにしました。陳市長は、産業港を観光志向の港に変革し、スマート・ソリューションを導入するとともに、デジタル変革を経て、さまざまな分野で技術的リーダーシップを発揮することの重要性を強調しました。高雄市政府は将来的に台湾国際港湾公社と協力して、高雄港でのデジタル・アプリケーションの開発を促進し、それを世界に輸出しようとしています。

高雄市は近年、著しい進歩を遂げており、フォーラムに出席した交通部の代表者は、港と市の両方にとってウィンウィンの状況は、緊密な協力と対話を通じて、そして国際的な提携を促進することによってのみ達成できると強調しました。台湾国際港湾公社は、港のソフトウエアとハードウエアの向上に取り組んでおり、現在使用されている高雄第6国際コンテナ・ターミナルに加え、2024年に操業を開始する第7コンテナ・ターミナルもその対象となります。これは、アジア太平洋地域のハブ港の競争力ある立場を強化するという目的を達成するためです。また、高雄市政府の計画に沿って、高雄市の経済および貿易の発展に新しい勢いを生み出すべく、高雄港クルーズ・ターミナルに5G AIoTスマート・アプリケーションが導入されました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。 

Contacts

INVEST KAOHSIUNG
+886-7-336-0888
https://invest.kcg.gov.tw/

Contacts

INVEST KAOHSIUNG
+886-7-336-0888
https://invest.kcg.gov.tw/