AEROPRES

Powered by Business Wire

ハーバー・エナジー、最高財務責任者(CFO)にデビッド・D・パウエルが就任

業界のベテランが世界クラスの経営チームをさらに強化

ワシントン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ハーバー・エナジーは本日、デビッド・D・パウエルを最高財務責任者(CFO)に迎えたことを発表しました。パウエルは、世界的な運営経験を有する石油・ガス分野のベテラン経営幹部であり、これまで、世界全体で財務、IT、サプライチェーンの組織を構築・管理し、買収後の統合活動を主導し、また、業務変革と長期的な事業戦略の専門知識を有しています。パウエルは、ハーバー・エナジーのヒューストン・オフィスに勤務し、この新たな役職で世界的な責任を負います。

「クック最高経営責任者(CEO)ならびにハーバー・エナジーおよび全EIGの従業員と協力し、この新しい世界的な独立系石油・ガス会社の継続的発展に貢献できることを楽しみにしています。」

ハーバー・エナジーのリンダ・Z・クック最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「当社は昨年末、北海での大型取引を完了し、最近では、予定しているサントス・リミテッドの買収の進捗状況を発表しました。ハーバー・エナジーにとって、今は非常に活気あふれる時期です。パウエルは世界的な石油・ガス業界のCFOとして長年にわたる経験を有しており、必ず、当社の戦略の継続的な実施に大きく貢献してくれるでしょう。パウエルを当社チームに迎えられたことをうれしく思っています。」

デビッド・D・パウエルは、次のように述べています。「クック最高経営責任者(CEO)ならびにハーバー・エナジーおよび全EIGの従業員と協力し、この新しい世界的な独立系石油・ガス会社の継続的発展に貢献できることを楽しみにしています。」

パウエルはこれまで、コバルト・インターナショナル・エナジーのCFO、BHPビリトンの石油部門のCFOを務めました。BHPに入社する前には、オクシデンタル・オイル&ガス・コーポレーションに28年以上勤務し、米国、カタール、マレーシア、ロシア、アルゼンチンでさまざまな役職に就きました。パウエルは、ウィリアム・ジュエル・カレッジを最優秀で卒業後、ハーバード・ビジネス・スクールでアドバンスト・マネジメント・プログラムを修了しました。また、公認会計士(CPA)の資格を有しています。

ハーバー・エナジーについて

ハーバーは、EIGグローバル・エナジー・パートナーズ(EIG)が設立した世界的な石油・ガス会社です。通常のプライベート・エクイティ出資の企業とは異なり、ハーバーは永久資本で資金を調達しており、成功を収め、成長する長期的石油・ガス事業の世界的ポートフォリオを構築することを目指しています。ハーバーの最初の取引は、北海英国区間における30億米ドルの生産資産パッケージの取得で、これは2017年に完了しました。EIGはエネルギーおよびエネルギー関連インフラへの民間投資を専門としています。1982年以来、EIGは6大陸36カ国にわたる320件を超えるポートフォリオ投資に253億米ドル以上を投資しています。

ハーバーの詳細情報については、www.harbourenergy.comをご覧ください。

EIGの詳細情報については、www.eigpartners.comをご覧ください。

重要な免責事項:

本書に含まれる一部の情報は「将来予想に関する記述」であり、これは、「かもしれない」、「だろう」、「するはずだ」、「予想する」、「予期する」、「目指す」、「予測する」、「可能性として」、「推定する」、「意図する」、「継続する」、「考える」、などの将来予想を示す用語、またはその否定形あるいはその変化形で特定することができます。将来予想に関する記述はさまざまなリスクと不確実性を伴うため、実際の出来事や結果、あるいは実際の業績は、将来予想に関する記述で示されたあるいは予想された出来事、結果、業績と大きく異なる可能性があります。そのため、投資家の皆さまは、このような将来予想に関する記述を信頼しすぎないようにしてください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Sard Verbinnen & Co.
Robert Rendine / Brandon Messina, +1-212-687-8080

プレスリリース投稿されたい方は
いますぐ、会員登録(無償)

PR