ファーウェイがHUAWEI Watch 2の接続にOTのeSIMを採用

仏コロンブ--()---- (ビジネスワイヤ) -- 埋め込みセキュリティー・ソフトウェア製品およびサービスの世界的プロバイダーであるOT(オベルチュール・テクノロジーズ)は本日、華為技術(ファーウェイ)が新製品のHUAWEI WATCH 2(ウォッチ2)にOTの技術を採用し、初のGSMAフェーズII規格準拠eSIM(埋め込み型SIM)であるDakOTa v4.0を世界的に展開すると発表しました。

ファーウェイのような大手OEM(相手先ブランド製造メーカー)がeSIMに対応すれば、携帯通信事業者がサービスをさらに幅広く拡大し、新世代のコネクテッド・デバイスにもサービスを提供できるようになります。二次的なコネクテッド・デバイスでは、これまではWiFiやブルートゥースの接続が一般的に利用されてきましたが、携帯通信に対応すれば、ユーザーは広いカバー域の恩恵を受けることができ、サービス品質も大きく向上します。

OTのeSIMは、フランスのビトレにあるSAS UP v7.0認定工場で製造され、最高の効率、セキュリティー、透明性をもたらす技術によりウェアラブル・デバイスに必要なモバイル接続に貢献し、エンドユーザーにシームレスな完全にデジタル化された体験をもたらします。このソリューションにより、エンドユーザーは無線通信を使って自分のスマートウォッチに好みのMNO契約機能をダウンロードできます。この契約情報はOTなどの相互運用が確保された契約マネージャーのところで安全に保管されます。モバイル通信への加入をスマートウォッチでアクティベートしておけば、ユーザーは、スマートフォンの電源が入っていない場合や手が届かない場合でも、スマートウォッチだけで通話、データ通信、通知受信が可能です。

OTのコネクテッド・デバイス・メーカー事業副マネジングディレクターのViken Gazarianは、このように述べています。「OTは、ファーウェイのようなプレミアム・デバイス・メーカーによって選ばれ、この初めてのGSMAフェーズIIの世界的なeSIM展開に参加できることを誇りに思います。OTが技術革新に投資してきたことや、中国のOEM企業のために献身的にサービスを提供してきたことが認められました。」

ファーウェイ消費者BGのウェアラブル・モバイル・ブロードバンドおよびホーム・デバイス事業副ディレクターのRico Zhangは、このように述べています。「ファーウェイはOTとのこの初めての協力をうれしく思います。OTは、サービス、サポート、産業用品質に関するOEMのニーズを真に理解しています。」

オベルチュール・テクノロジーズについて

OTはネットワーク接続、認証、決済を保護する組み込みデジタルセキュリティーの世界的リーダー企業です。

OTは高成長市場で戦略的位置を占めており、「エンドポイント」デバイス向け組み込みセキュリティーソフトウエアソリューションのほか、関連のリモート管理ソリューションを銀行や金融機関、モバイル通信事業者、政府や政府機関、コネクテッドオブジェクト/デバイスのメーカーなど、膨大な数の国際的顧客に提供しています。

OTは700人近い研究開発者を含む6500人以上の従業員を世界各地で雇用しています。世界に4カ所のセキュアな地域製造拠点と39カ所のセキュアサービスセンターを構えるOTの国際ネットワークは、169カ国の顧客にサービスを提供しています。詳細については、www.oberthur.comをご覧ください。

The M Worldのダウンロード

モバイル分野の最新動向について知っておくべきことすべてを、アップストアとグーグルプレイからダウンロードできます。

www.oberthur.com/themworld

当社をフォローしてください

ツイッター

リンクトイン

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

MEDIA
Elan-Edelman
Chloé Tisseuil, Tel. +33 1 86 21 50 54
chloe.tisseuil@elanedelman.com

Contacts

MEDIA
Elan-Edelman
Chloé Tisseuil, Tel. +33 1 86 21 50 54
chloe.tisseuil@elanedelman.com