ウーヤラのグローバルビデオインデックスによれば、タブレットとモバイルでの動画視聴は2012年に倍増

- 第4四半期、デスクトップ利用者の視聴時間は、ライブ視聴がビデオオンデマンドのコンテンツ視聴の18倍

- 広告付き動画の視聴は休暇シーズン中に91パーセント増加

- タブレットとモバイルでのストリーミング動画視聴時間は2012年に100パーセント増加

Ooyala's Global Video Index offers key insights into how viewers watch video online around the world. (Graphic: Business Wire)

???news_view.multimedia.download???

Mobile World Congress 2013
BVE 2013

米カリフォルニア州マウンテンビュー--()--(ビジネスワイヤ) -- 映像ストリーミング・分析・収益化プラットフォームを提供する大手企業のウーヤラは本日、世界中でオンライン動画がどのように視聴されているかについての重要な洞察を提供する「世界ビデオインデックス:2012年を振り返って」を公表しました。今回のビデオインデックスは、消費者の映像視聴がオンラインに移動していることを確認し、コンテンツプロバイダーが新しいタイプのプレミアム・コンテンツと配信方法を試している理由を解説しています。

世界ビデオインデックスの主な調査結果:

  • 第4四半期、ビデオオンデマンドのコンテンツの視聴時間と比べた場合、ライブ映像の視聴時間はデスクトップで18倍、タブレットで5倍、モバイルで4倍となりました。
  • 広告付き動画の視聴は、12月半ばのピーク時で第4四半期当初比91パーセント増
  • 2012年は、タブレットとモバイルでのストリーミング動画視聴時間が100パーセント増加
  • 2012年、iPhone(アイフォーン)利用者が自分の携帯で動画を視聴した時間はアンドロイド利用者の2倍
  • 前四半期にタブレットでの動画視聴に費やされた総時間数のうち、およそ3分の1が60分以上のプレミアム長尺コンテンツ

ウーヤラのジェイ・フルヒャー最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「ストリーミング動画は転換点を越え、今や世界中で、消費者にとっても放送局、ブランド、メディア企業にとっても必要なチャンネルになっています。このレポートで当社が提供してお客さまにお送りしているデータは、消費者がオンライン上でどのように映像と関わっているかを理解するための極めて重要な情報です。このような情報により、魅力の高いパーソナライズされた動画体験を提供することが可能になり、結果的にオンライン動画によってより高い利益を上げることが可能になっています。」

ウーヤラの世界ビデオインデックスは、世界のメディア企業やブランド企業に重要な洞察を提供し、データ主導型の意思決定により売上高と視聴者数を拡大できるように支援しています。レポート全文と図解はウーヤラから直接入手できます。

130カ国以上でユニーク視聴者数にして2億人近くの匿名化された視聴習慣を測定する徹底したレポートは、休暇シーズンが視聴習慣をどのように変化させるかについて、タブレットおよびモバイルの視聴者数の増加とデスクトップでの視聴者数の減少、ライブとビデオオンデマンドのコンテンツのエンゲージメントレベル、iOSとアンドロイドの携帯電話の動画視聴習慣について、洞察を提供しています。

現在、映像は複数種類の機器で消費されるようになっているため、結果的に視聴者が断片化しており、コンテンツプロバイダーが自社の利用者の視聴習慣を把握することがかつてないほど重要になっています。ウーヤラの市場をリードする分析は、放送局、メディア企業、消費者向けブランドが自社の視聴者を理解して視聴者数を増やし、マルチスクリーン放送による利益拡大の支援になります。

ウーヤラの分析は、ウーヤラ・ディスカバリーウーヤラ・ナウのようなツールにも役立てられています。ウーヤラ・ディスカバリーを利用すれば、映像コンテンツの提供者は、ウーヤラ・プレーヤー内で非常に関連性が高いコンテンツをアルゴリズムを基に推薦し、視聴関連の売り上げを拡大することができます。ウーヤラ・ナウはリアルタイムのビデオ分析ダッシュボードで、ウーヤラのコンテンツ提供者と通信事業者が、あらゆる機器でライブとVODのコンテンツが消費されるところをリアルタイムで確認できます。

その他のデータ、分析情報、ニュースはウーヤラのVideoMindブログでご覧いただけます。

ウーヤラについて

ウーヤラは、パーソナライズした映像体験をあらゆるスクリーンを通じて提供しており、オンライン映像の管理・パブリッシング・解析・収益化のリーダー企業です。コンテンツ所有者は、ウーヤラの総合的な技術とサービスによって視聴者のエンゲージメントの向上や映像からの売り上げの拡大につながる洞察を得て、視聴者数を増やすことができます。

ウーヤラの技術を使用する企業にはテルストラ、ESPN、Pac-12 Enterprises、ミラマックス、ブルームバーグ、テレグラフ・メディア・グループ、テレフォニカ、ザ・ノース・フェイス、ローリング・ストーン、デル、セフォラ、Yahoo! Japanがあります。米カリフォルニア州マウンテンビューに本社を置くウーヤラは、ロサンゼルス、ニューヨーク市、ロンドン、シドニー、メキシコ・グアダラハラにオフィスを構えています。当社は、米大陸、欧州、アフリカ、日本、アジア太平洋地域の一流の再販業者や技術パートナーと協力しています。詳しい情報については、www.ooyala.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Ooyala
Steve Biondolillo, 408-620-0847
Communications Manager
steveb@ooyala.com

Sharing

Contacts

Ooyala
Steve Biondolillo, 408-620-0847
Communications Manager
steveb@ooyala.com