東芝:バーコードリーダ用CCDリニアイメージセンサの新製品について

-超小型パッケージで従来比1/7のサイズを実現-

東京--()--(ビジネスワイヤ) -- 東芝はバーコードリーダ用超小型CCDリニアイメージセンサTCD1256GAGを製品化し、2013年9月より量産を開始します。
TCD1256GAGは、超小型パッケージを採用することにより外形面積を従来製品の約7分の1(チップサイズレベル)まで小型化しました。これによりシステムを小型化ができ、アプリケーションの可能性が広がります。
従来品(TCD1254GFG)にも搭載していた電子シャッタ機能搭載により、外乱光の影響を受けず安定した信号を確保できます。さらに、サンプルホールド回路を内蔵することにより出力信号の後段設計が容易となるだけでなく、基板の小型化が可能です。

ラインアップの主な特長
1.超小型パッケージ (TSVパッケージ,チップサイズレベル)
2.電子シャッタ機能搭載
3.サンプルホールド回路内蔵

アプリケーション/用途
バーコードリーダ、スキャンエンジン、POSシステム、タッチパネル等

新製品の主な仕様

品番   TCD1256GAG
画素サイズ 5.25×64 [μm]
画素数 2500画素
電源電圧 3.0V単一(最小電圧)
データレート 2MHz
付加機能 電子シャッタ機能、サンプルホールド回路
外形サイズ 15.044(L)×1.014(H) [mm]
量産時期   2013年9月

Contacts

本資料に関するお問い合わせ先:
株式会社 東芝
セミコンダクター&ストレージ社
高畑浩二
Tel:03-3457-3405
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp

新製品TCD1256GAG(上段)と従来製品(下段)(写真:ビジネスワイヤ)

???news_view.multimedia.download???

???pagination.previous??? ???pagination.next???

Sharing

Contacts

本資料に関するお問い合わせ先:
株式会社 東芝
セミコンダクター&ストレージ社
高畑浩二
Tel:03-3457-3405
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp