ヒルトン・ワールドワイドとサンダンス・インスティテュートが2013年ライトステイ持続可能性映画賞の受賞作を発表

米バージニア州マクリーン--()--(ビジネスワイヤ) -- ヒルトン・ワールドワイドとサンダンス・インスティテュートは本日、第2回ヒルトン・ワールドワイド・ライトステイ持続可能性賞プログラムの受賞ドキュメンタリーを発表しました。インスティテュートのドキュメンタリー・フィルム・プログラム・アンド・ファンドとヒルトン・ワールドワイドにより選定された長編映画賞の「Revolutionary Optimists」と「制作中」カテゴリー受賞作の「Hungry」には2万2,500ドル、特別賞の「Studio H」には1万5,000ドル、短編映画賞の「Jungle Fish」には5,000ドルが贈られます。授賞式は2013年サンダンス映画祭の受賞映画の監督たちとの招待者限定パネルディスカッションで行われます。パネルディスカッションは「Revolutionary Optimists」、「Hungry」、「Studio H」の監督とモデレーターとして脚本家のデビッド・ダーシー氏を招き、映画祭期間中の1月20日日曜日に行われます。

ヒルトン・ワールドワイドの持続可能性担当上席副社長のクリストファー・コープエルは、次のように述べています。「映画制作者たちは、重要な世界的問題についての変化を促し活発な対話を生む機会を有しています。ライトステイ持続可能性賞はソリューションを触発し、資源に限りのある世界に生きることを巡る複雑な問題を浮き彫りにするこうした説得力のあるドキュメンタリープロジェクトを表彰するものです。」

サンダンス・インスティテュートのドキュメンタリー・フィルム・プログラム・アンド・ファンドのディレクターであるカーラ・メルテスは、次のように述べています。「持続可能性の問題と地域社会の健全性に関するソリューションは、多くのドキュメンタリー映画制作者にとって緊急を要する重要なテーマです。さらに、ヒルトン・ワールドワイドとサンダンス・インスティテュートの提携を通じてドキュメンタリー映画制作者に直接提供される支援は、こうした独立のアーティストたちがキャリアを持続させていく助けとなります。」

2013年ライトステイ持続可能性賞の受賞作は、サンダンス・インスティテュートのドキュメンタリー・フィルム・プログラム・アンド・ファンドに提出された1,500本の長編ドキュメンタリーと5,000本以上の短編映画の応募作品より選ばれました。受賞作はそれぞれ、ヒルトン・ワールドワイドの事業と地域社会への影響に関わる世界の問題を映し出しています。持続可能性、経済的発展、地域社会の開発の相互的な関係を描き出した受賞作を、以下にご紹介します。

  • 「Revolutionary Optimists」(長編映画賞) – コルカタのスラムの人々の命を子供たちが守っています。アムラン・ガングリー氏はスラムに暮らす子供たちをスラムから救い出す代わりに、貧困と闘い、目覚ましい成果を挙げることで地域を生まれ変わらせる変革推進者となるよう力づけます。数年にわたり撮影された「The Revolutionary Optimists」は、ガングリー氏と彼と一緒に活動する子供たちの姿を追い、子供たちが思春期に至るまでの親密な関係を描き出します。ガングリー氏はよりよい未来に向けて闘い続ける子供たちを「想像することは君たちの当然の権利だ」と勇気づけます。監督:ニコル・ニューナム、マレン・グレインジャー・モンセン
  • 「Hungry」(「制作中」賞) – 世界の食用作物から失われつつある生物学的多様性、そして気候変動がもたらすかもしれない農業への恐ろしい影響は、人類の脅威です。長年の経験を持つ先駆的な農業従事者のケリー・ファウラー氏は、現存する作物の多様性を北極圏にある遺伝子銀行で保全する活動に熱心に取り組んでいます。彼の取り組みは始まったばかりです。世界の遺伝子の蓄積は減少しつつあり、凶作は飢餓、そして食物を求める暴動を招き、世界中の農業従事者は加速する気候変動の影響をすでに感じ始めています。農業の破滅的な事態は間近に迫っており、ファウラー氏は時間と闘いながら食糧供給の安全保障を確かにする取り組みを続けています。監督:サンディー・マクラウド
  • 「Studio H」(特別賞) – エミリー・ピロトン氏とマット・ミラー氏はノースカロライナの農村地域にある高等学校2年生のクラスでデザイン、建築、建設の基礎を教えています。ノースカロライナ州バーティー郡が直面する上昇する失業率、厳しい状況下に置かれた教育制度、深刻なリソースの不足などの問題により、人々はピロトン氏、ミラー氏とその生徒たちに助けを求め、自分たちの地域社会のためにクラスの中で設計・構築される物が未来の世代のために地域社会を変身させるチャンスを持っていることを発見します。監督:パトリック・クリードン
  • 「Jungle Fish」(短編映画賞) – 何十年もの間、ガイアナの先住民の人々は経済的自立を目指して闘ってきました。貧困と非識字により多くの成人が無法行為と密猟で生計を立てる生活へと追いやられ、子供たちの多くはブラジルの危険な炭坑での仕事を求めて国外へ出て行きます。しかし、希望はガイアナの川を泳いでいました。世界最大の淡水魚、ピラルクーがその希望の光です。映画は熟練の漁師3人の2週間にわたる漁の旅を追います。ガイアナの多雨林の奥深くへと分け入り、フライフィッシングでピラルクーを釣れることを実証します。もし成功すれば、ガイアナで始まったばかりのスポーツフィッシング業界は発展可能であり、先住民の人々とその故郷である多雨林、そして絶滅の危機に瀕したピラルクーに明るい未来をもたらすことができることの証明となるのです。監督:ルイジアナ・クロイツ

昨年、ヒルトン・ワールドワイドは、サンダンス・インスティテュートの支援のためヒルトン・ワールドワイド持続可能性賞を設立し、最初の受賞作として「The Island President(南の島の大統領―沈みゆくモルディヴ)」と「Solar Mamas」が選定されました。ヒルトン・ワールドワイドのイニシアチブはサンダンス・インスティテュートのドキュメンタリー・フィルム・プログラム・アンド・ファンドの活動を年間を通じてすべての範囲にわたり支援するもので、多様な持続可能性と世界的な開発問題に焦点を合わせたドキュメンタリー映画プロジェクトへの助成金の授与などを行っています。

当社の10個のグローバルブランドの特典プログラムであるヒルトンHオナーズ、および傘下ラグジュアリーホテル群の1つであるラグジュアリーブランドのウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツは、公式ホテルスポンサーとして2014年までサンダンス映画祭に協力します。ヒルトン・ワールドワイドおよび当社の持続可能性への取り組みの詳細については、www.hiltonworldwide.com/sustainabilityをご覧ください。サンダンス・インスティテュートの詳細については、www.sundance.orgをご覧ください。

サンダンス・インスティテュートのドキュメンタリー・フィルム・プログラム・アンド・ファンド

サンダンス・インスティテュートのドキュメンタリー・フィルム・プログラム・アンド・ファンドは、年間を通じて世界のノンフィクション映画制作者に支援を提供します。当プログラムは、多様な現代社会の問題に関する先駆的なノンフィクションのストーリーを伝える手法を前進させ、ドキュメンタリー映画を多くの人に鑑賞してもらえるよう努めています。サンダンス・ドキュメンタリー基金を通じて、ドキュメンタリー・エディット・アンド・ラボラトリー、コンポーザーズ+ドキュメンタリー・ラボラトリー、クリエイティブ・プロデューシング・ラボ、ならびにサンダンス映画祭、サンダンス・クリエイティブ・プロデューシング・サミットおよび「ストーリーズ・オブ・チェンジ」やグッド・ピッチを含む各種のパートナーシップや国際的イニシアチブにより、現代の独立系ドキュメンタリー映画のための独自の世界的リソースを提供しています。www.sundance.org/documentary

サンダンス・インスティテュート

1981年にロバート・レッドフォードにより設立されたサンダンス・インスティテュートは世界的な非営利文化団体で、映画と劇場での芸術表現の育成、芸術家と鑑賞者の文化的交流のための対話の支援に努めています。当インスティテュートは、地政学的、社会的、宗教的、文化的な違いに関わらず、連帯、情報提供、啓発を実現するための独立したストーリーの伝達を促進します。年1回開催のサンダンス映画祭と監督、脚本家、製作者、映画音楽作曲家、劇作家、演劇俳優のための芸術振興プログラムにより国際的に認められたサンダンス・インスティテュートは、「Born into Brothels(未来を写した子どもたち)」、「Trouble the Water」、「Beasts of the Southern Wild, Amreeka」、「An Inconvenient Truth(不都合な真実)」、「Spring Awakening(春のめざめ)」、「Light in the Piazza(ライト・イン・ザ・ピアッツァ)」、「Angels in America(エンジェルス・イン・アメリカ)」などのプロジェクトを助成してきました。サンダンス・インスティテュートについての情報は、フェイスブックツイッターユーチューブでご入手いただけます。

ヒルトン・ワールドワイドについて

ヒルトン・ワールドワイドは、業界をリードする世界的なホスピタリティ企業で、フルサービスの豪華ホテルやリゾートから長期滞在用の客室や中価格帯のホテルまで、幅広くホテル事業を行っています。ヒルトン・ワールドワイドは93年にわたり、出張やレジャーで旅行するお客さまに最高の宿泊施設とサービス、アメニティ、価値を提供してきました。私たちは今後も、お客さまに最高のおもてなしをするという当ホテルの伝統を守り続けるために世界各地のブランドで全力を尽くしてまいります。当社のブランドは客室65万室を擁する90の国と地域の宿泊施設・タイムシェア施設3900軒以上から成り、ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリー・バイ・ヒルトン、エンバシー・スイーツ・ホテルズ、ヒルトン・ガーデン・イン、ハンプトン・ホテルズ、ホームウッド・スイーツ・バイ・ヒルトン、ホーム2スイーツ・バイ・ヒルトン、ヒルトン・グランド・バケーションズなどがあります。さらに当社では、世界クラスの顧客特典プログラム「Hilton HHonors®」も運営しています。当社に関する詳細については、www.hiltonworldwide.comをご覧ください。ヒルトン・ワールドワイドの最新情報は、www.facebook.com/hiltonworldwidewww.twitter.com/hiltonworldwidewww.youtube.com/hiltonworldwidewww.flickr.com/hiltonworldwidewww.linkedin.com/company/hilton-worldwideでもご入手いただけます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Hilton Worldwide
Dasha Ross
(703) 883-5805
Dasha.ross@hilton.com
or
Sundance Institute
Sarah Eaton
(310) 360-1981
sarah_eaton@Sundance.org

???news_view.multimedia.download???

???pagination.previous??? ???pagination.next???

Sharing

Contacts

Hilton Worldwide
Dasha Ross
(703) 883-5805
Dasha.ross@hilton.com
or
Sundance Institute
Sarah Eaton
(310) 360-1981
sarah_eaton@Sundance.org