ARCエネルギーが同人電子との提携を継続し、CHES性能アップグレード計画の概要を公表

中国・江蘇 & 米ニューハンプシャー州ナシュア--()--(ビジネスワイヤ) -- 複数のLEDチップメーカー向けサファイア基板の適格性を確認した同人電子(Trinity Material)は、ARCエネルギーの制御式熱抽出システム(CHES)炉のさらなる効率改善に一貫して取り組んでいます。ARCエネルギーは現在、コストを低減して装置生産性を向上させるアップグレードに当たっています。

同人電子のJamin Sheng最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「複数のLEDチップメーカー向け材料の適格性確認に成功して以来、製造効率をさらに改善すべく努力しています。ARCエネルギーとの提携によって、コストの低減と装置生産性の向上を達成できるはずです。」

CHES炉は完全に新しい炉に投資することなく、スムーズにアップグレードが可能です。ARCエネルギーは現在、消耗品コストの低減、電力消費量の削減、装置生産性の向上によって、サファイア製造コストのさらなる低減に取り組んでいます。CHES炉のアップグレードの目標は、2013年中頃にさらなるコスト低減を達成することです。同人電子は、アップグレードの進行に合わせてそのメリットを享受していきます。

ARCエネルギー共同設立者で最高技術責任者(CTO)を務めるリック・シュヴェルトフェーガー博士は、次のように述べています。「困難を伴うこのLED市場においては、同人電子のような提携企業に対して最新の技術アップグレードを提供するなど、革新を行い続けることが重要です。当社は2013年度にCHES製品でさらなる生産性の向上と所有コストの低減を実現していきたいと思います。」

同人電子について

同人電子(Trinity Material)は、LEDグレード・サファイア基板材料の研究・製造・販売を専門に手掛けるハイテク企業です。当社は、100%所有工場として江西同人電子材料有限公司(Jiangxi Trinity Material)と江蘇同人電子有限公司(Jiangsu Trinity Material)を有しています。同人電子はLEDチップ製造用に2~8インチのサファイアインゴットを製造する世界的大手です。エネルギー効率に優れたLED照明製品のコストを低減することで、地球環境の保護に貢献しています。同人電子はその設立以来、ハイテク企業として技術的な自立性と発展を重視しています。たゆまぬ努力の結果、当社はサファイア基板とパターン化サファイア基板(PSS)ウエハーの製造でリーダーの地位に浮上しました。同人電子に関する詳しい情報については、www.trinity-material.comをご覧ください。

ARCエネルギーについて

ニューハンプシャー州ナシュアに本拠を置くアドバンストリニューアブルエナジー・カンパニー(ARCエネルギー)は2007年に設立され、LED市場やその他のクリーンエネルギー市場向けに最先端技術の製品化を行っています。ARCエネルギーに関する詳細情報についてはwww.arc-energy.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

ARC Energy
Marcus Weddle, +1-603-883-7500 x263
Marketing Manager
pr@arc-energy.com

Sharing

Contacts

ARC Energy
Marcus Weddle, +1-603-883-7500 x263
Marketing Manager
pr@arc-energy.com