オートモーティブワールド2013 出展企業プロフィール

AUTOMOTIVE WORLD 2013

東京--()--(ビジネスワイヤ) -- オートモーティブ ワールド2013が、2013年1月16日(水)~ 18(金)に、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されます。

ビジネスワイヤオートモーティブ ワールド2013の公式メディアパートナーです。最新のニュースリリース、オンライン・プレスキットなどは、ビジネスワイヤの見本市・イベント関連ニュースサイトTradeshownews.com でご覧いただけます。

オートモーティブ ワールド2013の出展企業プロフィール:

会社名:株式会社ACR
ブース番号:東6-39
Web:http://www.acr-ltd.jp/

ACRは研究開発型企業として、排ガス浄化装置の開発製造販売、受託試験評価及び共同開発事業を行っております。現在、ACRは長年培った研究開発・試験評価技術をもとに「クリーンディーゼル発電機付EVシステム」の研究開発に取り組み、エネルギー問題、地球温暖化などの環境改善を目指してまいります。

このたびは、クリーンディーゼル発電機付EVシステムの「ディーゼル発電システム」、「駆動モータシステム」、「インバータシステム」を展示させていただきます。

会社名:D&Vエレクトロニクス社
ブース番号:E6-34
Web:http://www.dvelectronics.com

D&Vエレクトロニクス社は、カナダのトロントに本拠を置き、スターター、オルタネーターの生産、耐久試験、研究用の試験機、及びエレクトリックパワートレイン試験機の設計から製造まで一貫して行っている、お客様本位の会社です。D&V社のEPT製品群は、HV/EVモーター並びにコントローラー分野では最先端の試験装置です。これら製品群は、自動車用試験での15年に渡る研究開発とイノベーションに根ざしています。得意の電子工学を活用した長年の技術の蓄積により、日々新たなるハイブリッドパワートレイン分野でのコスト面で納得できる最高クラスの製品を提供しています。最近のハイブリッド市場でのOEM並びTier 1企業に対する成功がEPT統合テストシステムにおける信頼性を証明しています。

会社名:LEADING EDGE ASSOCIATES株式会社
ブース番号:E6-28
Web:http://www.alvc.jp

L.E.A.の工場は台湾にあり、2010年に主に受注とリサーチを請け負う東京事務所を設立しました。台湾工場では、25年以上の自動車熱交換器の製造実績を持つ技術者が設計・製造をしています。当社ベーパーチャンバーは技術者が長年培った自動車のコンデンサー原理に基づいて開発したものです。冷媒技術の応用とアルミ使用により、従来製品の1/3の大きさ、それに伴う軽量化も実現しました。低コストで多様な設計も可能です。使用後は100%リサイクル可能で、環境保全にもつながります。今後も冷媒技術を駆使した小型・軽量の設計でお客様のニーズにお応えしていきます。

会社名:Mywayプラス株式会社
ブース番号:東4-002
Web:http://www.myway.co.jp/

Mywayプラスは、パワーエレクトロニクス用評価試験装置を他社に先駆けて製品化し、この業界のパイオニアとして企業・教育機関のお客様に、先端技術サービスをご提案してまいりました。これまでに培ったインバーター技術、モータ制御技術を核として、新エネルギー、省エネルギー分野で、地球環境に優しい技術開発に貢献します。製品と同様に、汎用品では満たすことのできない複雑な仕様やご要望にあわせたカスタム開発を、《仕様検討〜回路設計〜部品調達〜試作製造〜デバッグ・評価〜納品設置》、OneSTOP体制でサポートいたします。約1000件の開発実績から、お客様にご満足いただける最適なカスタム開発を目指し、『先端技術と感動サービス』をご提供いたします。開発支援ツール「PSIM(回路シミュレーター)」では、世界で40カ国以上、日本で約120校の教育機関、約300社の企業様で導入して頂いており、サポート体制及びセミナー開催にて、充実したサービスをご提供しております。

会社名:PAPAGO JAPAN 株式会社
ブース番号:11-14
Web:http://www.papago.co.jp

”セーフティ ドライブの為の新しいアイデア”

PAPAGOはナビゲーション技術および車載用 ドライブレコーダー専門ブランドの先駆者として,ドライバーの快適性と安全性の向上のため,我々は製品の品質,安全性,サービスを最重視しています。PAPAGO! 車載用ドライブレコーダーは、ドライバー自身が安全な運転を習得するだけではなく,先進技術によるサポートで利便性と安全性を向上し,ドライバーに運転する楽しみを再認識させることを目指しています。

会社名:UIEvolution株式会社
ブース番号:東12-20
Web:http://www.uievolution.co.jp

UIEvolution株式会社は、車載器向けコネクテッドサービスを開発するためのソリューションを提供しています。国内大手自動車メーカー、車載器メーカーが採用するUIEngine for Automotiveパッケージは、車載器とスマートフォンの連動によって実現する、新たなカーエンターテイメントの可能性を広げます。

会社名:株式会社コージン
ブース番号:東 12-37
Web:http://www.kojin.co.jp

㈱コージンはインサート成形品の専門メーカーです。

各種産業用インバーター、サーボモーター向け制御モジュールケース、電源・制御基板及び自動車、家庭用モジュールケース・センサーケース・モールド成形基板を得意分野としています。

立体インサート成形法の特許を駆使したユニークな製品を製造。独創的な設計と金型構造、そして、独自の成形プロセスによるモールド製品は、産業・自動車・民生等各分野でVA価格低減に貢献します。

会社名:サイバネットシステム株式会社
ブース番号:東9-9
証券コード・上場市場名:東証:4312
Web:http://www.cybernet.co.jp/ansys/

サイバネットシステム株式会社は、30年以上にわたる実績とノウハウにより、CAEソフトウェア、ならびにコンサルテーションや技術者教育サービスなど、総合的なソリューションを提供しています。

本ブースにおいては、Multiphysics解析ツール「ANSYS」によるECUやパワーモジュールにおけるはんだの熱疲労解析や複合材の構造解析事例を中心に、カーエレクトロニクスの信頼性向上や車の軽量化における最新シミュレーション技術をご提案いたします。

会社名:シーメット株式会社
ブース番号:東2-41
Web:http://www.cmet.co.jp/

シーメット株式会社は光造形システムのパイオニアであり、専業メーカとして「日本のものづくり」に大きく貢献。自動車・家電・医療・エネルギー等、様々な業界において設計・開発期間の短縮化と、金型製造・生産現場における納期とコスト低減に寄与。日本のモノづくり仕様に合った大型光造形装置NRM-6000、ミドルサイズ光造形装置ATOMm-4000(2013年1月販売開始)と自社開発の光硬化性樹脂を販売。「耐熱性」と「透明性」を兼ね備えた樹脂を活用した「視える化」、光造形マスタモデルを利用した「光造形精密鋳造法」をご提案。

会社名:ダイナカスト シンガポール
ブース番号:E2-40
Web:http://www.dynacast.com/

ダイナカストは、亜鉛・アルミ・マグネシウムの精密ダイカスト部品のメーカーで、世界16ヶ国に20拠点を持つ世界最大級のダイカストメーカーです。これまで以上に、より日本顧客に近い位置でのサービス向上と新規顧客開拓のさらなる強化に乗り出すため、2013年2月頃を目処に日本連絡事務所を開設致します。

会社名:デーナホールディングコーポレーション
ブース番号:東7-40
証券コード・上場市場名:ニューヨーク証取:コードDAN
Web:http://www.dana.co.jp

DANAは革新的で高い信頼性を持つバッテリークーリングと燃料電池製品をご提供します。DANAのアルミプレート積層技術によりクーリングプレートはバッテリーセル間に挿入することが可能です。リチウムイオン、ニッケル水素バッテリーセルを効率良く冷却でき、独自に設計した流路で均一に一定の温度を保持できます。

会社名:テレモーティブ・ジャパン
ブース番号:東 13-11
Web:https://www.telemotive.de/4/en/

車載ネットワークの記録・解析用のデータロガー専門メーカーで、欧州でのデファクトスタンダードとなっています。

会社名:株式会社トアック
ブース番号:東12-14
Web:http://www.toack.co.jp

トアックは、鉄道車両用、通信工業用、防災防犯機器用、電力機器用など、産業全般に渡る機器組込型安定化電源の製作販売をする会社です。

クルマのITソリューション展に下記の3商品を展示いたします。

1. "眠りまセンサー"~カックンとなる前に! 居眠りの前触れをお知らせする装置

2. "ナノイー発生ユニット"~野菜もあなたも新鮮なままお届け!お荷物の清潔さ・鮮度・美味しさ、乗客の美容の向上を提供する

3. "TyphonⅡ"~小さいけど、大きいログとれます!名刺サイズの異常検知ロガーユニット

会社名:株式会社パワーシステム / Ioxus, Inc.
ブース番号:東8-27
Web:http://www.ioxus.com

パワーシステムおよびIoxusは大容量キャパシタのグローバルサプライヤーとして、幅広い技術と情熱をもって価値の高いキャパシタとその用途を創造します。キャパシタは新たな蓄電技術であり、耐久性や低温特性に優れたエンジン始動、より高いレベルの燃費改善を可能とするエネルギー回生、エンジン小型化、EV/HEV/FCVの加速性能向上等の価値を提供します。また、急速充電を活かしたワイヤレスソリューションも提案できます。当社はGE、リコー、TMEICといった一流のお客様に支えられ、着実にキャパシタの経験を積んでいます。

会社名:株式会社ピューズ
ブース番号:東7-33
Web:http://www.pues.co.jp

PUES(ピューズ)は東京アールアンドデーの子会社で、お客様のご要求に合わせて、自動車用電動駆動システム、制御システムの研究・開発・製作・評価や電気自動車を中心としたコンポーネントの販売を行っております。本展示会では、電気自動車用車両制御ユニット“PUES  VCU”をはじめ、リチウムイオンバッテリシステム用インテリジェントバッテリ制御ユニット“BMU”および“BSU”や、ピューズ製電気自動車駆動用モータおよびインバータ、絶縁劣化検知センサ、BRUSA製充電器などEV関連機器を多数展示致します。

会社名:株式会社フクダ
ブース番号:東7-13
Web:http://www.fukuda-jp.com

株式会社フクダは、今年で創立50年を迎えるリークテスタの総合メーカです。

リークテスタとは、漏れを測る装置で、弊社リークテスタは、自動車部品、食品パック、医療機器など様々な製品の漏れ検査に、世界中で使用されています。

リークテスタの販売だけでなく、お客様に、安全で正確に測定して頂くために測定環境の整備も行っております。

展示会では、ヘリウムリークテスタ、小型電子部品の気密検査装置、エアリークテスタ、水素リークテスタを出展致します。

会社名:ルネサス エレクトロニクス株式会社
ブース番号:東14-40
証券コード・上場市場名:東証:コード6723
Web:http://japan.renesas.com/

半導体専業メーカーとして、「マイコン」、「アナログ&パワー半導体」、「SoC」という3つの製品群を事業の柱に、グローバルに事業を展開しています。

世界シェアNo. 1のマイコン事業を中核に、海外・新興国向けのマーケティング強化、スマート社会向けを中心とした成長分野での事業拡大により、全世界のお客様のニーズに応える信頼されるパートナーとして、高い競争力を持つ製品、最適なソリューションを迅速に提供してまいります。

本展示会では、「Smart to the Core」をテーマにルネサスのスマートなソリューションのご紹介を通じ、スマートカーの実現に貢献してゆきます。

会社名:ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
ブース番号:東 12-001
Web:http://www.rohde-schwarz.co.jp/

Rohde & Schwarz グループ(本社:ドイツ・ミュンヘン)はエレクトロニクス分野に特化し、電子計測、放送、無線通信の監視・探知および高品質な通信システムなどで世界をリードしています。約80年に渡り、世界70カ国以上で販売と保守・修理を展開している会社です。

会社名:ローム株式会社
ブース番号:東2ホール[東10-40]
証券コード・上場市場名:大証1部、東証1部  コード:6963
Web:http://www.rohm.com

ローム株式会社は、EV/HEV、車載/電装の市場に向け、SIC SBD、フルSiCパワーモジュールをはじめとした最新のパワーデバイスからカーエンターテインメント向けのビームフォーミングマイクIC、サラウンドプロセッサICなど、様々な新しい製品も数多く出展しています。併せて技術者によるプレゼンテーションを毎日開催。お客さまのニーズ・関心にお応えして、より興味を深めていただける内容となっております。是非ロームブースへのご来場を、心よりお待ちしております。

会社名:健和興端子股份有限公司
ブース番号:東 10-26
証券コード・上場市場名:台湾証取:コード3003
Web:http://www.ksterminals.com.tw/

健和興端子股份有限公司は1973年に設立したターミナル株式会社です。この40年間、弊社は誠信、団結、品質、開発、奮発の五つ経営理念を持って、合理化、標準化及び自動化を求め、全面的に品質を上げるため、努力をしてまいりました。さらに、AS/RS自動倉庫システムを導入し、製造工程分流システム及びMISシステムを整合し、それを生かして、お客様にもっと迅速なサービスを提供します。それに研究開発の能力を強化し、新たな製品を開発し続け、会社をより進歩し、継続経営を最終目標とし、KSターミナルを世界端子の製造中心及び3C、光通信組立パーツの専門メーカーになるよう努力します。

会社名:進工業株式会社
ブース番号:東15-33
Web:http://www.susumu.co.jp/

世界最小形状2010(0805)サイズも加わりました。

期待に添える小型/省エネ/高電力 の豊富な抵抗器をラインナップし、ご紹介します。ブース東15-33でお待ちしております。

出展品目:

(1) KRLシリーズ:(長辺電極)金属箔低抵抗チップ抵抗器

(2) KRLシリーズ:(短辺電極)金属箔低抵抗チップ抵抗器

(3) RG シリーズ:金属皮膜チップ抵抗器(超精密級)

(4) RM シリーズ:金属皮膜チップネットワーク抵抗器

(5) RT シリーズ:金属皮膜トリマブルチップ抵抗器 

会社名:星和電機株式会社
ブース番号:東11-38
証券コード・上場市場名:大証第2部  6748
Web:http://www.seiwa.co.jp

当社はEMCトータルソリューションサプライヤーを目指し、シールディング、グランディング、フィルタリングとあらゆるニーズにお答えする電磁波ノイズ対策部品をとり揃えております。また自社内の電波暗室で実機評価や評価用のモデリング等の貴社の要素技術研究をお手伝いします。

ケーブルソリューションとして新製品のタフコア(ゴム被覆)やシールドスリーブの可視化した評価をご覧下さい。また別ブースでは当社LED関連の商品も展示しております。

是非ご覧下さい。

会社名:日特エンジニアリング株式会社
ブース番号:東4-4
証券コード・上場市場名:ジャスダック:コード6145
Web:http://www.nittoku.co.jp/

日特エンジニアリングは自動ワインディングシステムのトップメーカーです。弊社は各国に拠点を持ち、世界企業と競うお客様の多種多様なニーズに応えられる巻取・巻線機や周辺機器を日々研究開発・製品化しています。今回の展示会では弊社のコア事業であるモータ巻線機の紹介のみならず、高速間欠フィルム搬送装置や噴流半田装置など巻線以外の機械も出展致します。そのため、ものづくりに関わる企業様であれば、既存・新事業に革新的な創造性が得られるものだと考えています。ぜひこの機会に弊社ブースに訪問頂き、貴社事業のお役に立てれば幸いです。

会社名:日本アルテラ株式会社
ブース番号:東15-42
Web: http://www.altera.co.jp

アルテラは、FPGA/CPLD、ASICなどの分野で、顧客志向のプログラマブル・ソリューションが高く評価され、日本のPLD市場でトップシェアを維持しています。

自動車に搭載される電子機器は年々増加しています。そうした市場からの新しい要求に対して、アルテラは迅速な市場投入を可能にするインフォテイメント、電気自動車、先進運転支援システム(ADAS) 向けの最新ソリューションを提供しています。

ブースでは、自動車機器向け 最新FPGA 1チップソリューションの展示としてセンサーフュージョンとステレオカメラによる世界最先端のADASのライブデモを実施します。

また、ARM® Cortex™-A9デュアル・コアを搭載したCyclone® V SoC FPGA評価ボードを世界で初めてご紹介します。


オートモーティブ ワールド2013について

オートモーティブワールドは、[カーエレクトロニクス]、[EV/HEV]、[軽量化]、そして[クルマのITソリューション]という注目の成長分野に特化した、アジア最大級の専門技術展です。
今回2013年は世界中から出展社460社、来場者30,000人が一堂に集結します。(予定)
また同時開催の専門技術セミナーではトヨタ、現代、ホンダ、三菱、ボッシュ、デンソー、コンティネンタル等の業界リーダーにより、<PHV, ワイヤレス給電、コネクティッドビークル…>等、話題の最新トピックに関する各社の戦略や最新開発状況が講演されます。

ビジネスワイヤについて

ビジネスワイヤはバークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の子会社であり、プレスリリース配信法定開示サービスのグローバル・リーダーです。ターゲット配信から広範な配信まで、多くの広報・IR担当者に当社のサービスをご利用いただいています。当社は、ディスクロージャー・サービスにおいても米国、カナダ、欧州十数カ国で高い評価を得ています。文書フォーマット編集、EDGAR(米国)やSEDAR(カナダ)などのシステムに対応した規制当局へのファイリングも行っています。幅広い広報にもターゲットを絞った配信にも、ビジネスワイヤを利用する公開・非公開企業、政府機関、市民団体などのコミュニケーション担当者は増加しており、公開企業向けのIRサービスやPRサービスのPublic Policy、LatinoWire、Corporate Social Responsibilityをご利用いただいています。ビジネスワイヤでは、ホスティングサービス「オンライン・ニュースルーム」、SEO、モバイル配信、プレスリリース配信後の計測レポートなども提供しています。特許技術による配信プラットフォーム「NX」では、事実上あらゆる言語であらゆる国のニュースシステムやウェブサイトにコンテンツ全文を同時に掲載することができます。世界各地に31カ所のオフィスを構えるビジネスワイヤは、各地域に合わせたグローバルなサービスを提供しています。

BusinessWire.comブログ「BusinessWired」、Twitter(@businesswire)、Facebookもご覧ください。

ビジネスワイヤのモバイル・アラートを購読するには、こちらをクリックしてください。

Contacts

Business Wire
Global Event Services
US. +1-310-820-9473
http://www.businesswire.com
http://www.tradeshownews.com
Twitter: @tradeshownews
または
ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社
角井 茜 +81 3-3239-0755
japan@businesswire.com

Sharing

Contacts

Business Wire
Global Event Services
US. +1-310-820-9473
http://www.businesswire.com
http://www.tradeshownews.com
Twitter: @tradeshownews
または
ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社
角井 茜 +81 3-3239-0755
japan@businesswire.com