ライティング ジャパン 2013 出展企業プロフィール

LIGHTING JAPAN 2013

東京--()--(ビジネスワイヤ)-- ライティング ジャパン 2013が、2013年1月16日(水)~ 18(金)に、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されます。

ビジネスワイヤライティング ジャパン 2013の公式メディアパートナーです。最新のニュースリリース、オンライン・プレスキットなどは、ビジネスワイヤの見本市・イベント関連ニュースサイトTradeshownews.com でご覧いただけます。

ライティング ジャパン 2013の出展企業プロフィール:


会社名:D-LIGHT株式会社/(共同出展社)西日本高速道路サービス・ホールディングス株式会社
ブース番号:西4-26
Web:http://www.d-light.jpn.com

D-LIGHT㈱は、西日本高速道路サービス・ホールディングス㈱(NEXCO西日本SHD)と高速道路灯をはじめ、各種LED照明を共同開発しております。
国内省庁の厳しい規格をクリアした、「ELREY DLIGHT」ブランドシリーズのLED照明は、世界最高水準の製品であると自負しております。
また、道路灯以外でもこの技術を応用し消費電力削減率、コストパフォーマンスにおいて、現在のLED照明業界における通常の概念を履した画期的且つ高品質な製品となっております。
震災以降、電力削減の意識が高まる中、生活環境に直決する照明の世界で、社会貢献を目指し、努力させて頂きます。


会社名:GRE アルファ エレクトロニクス有限会社
ブース番号: W3-36
Web:http://www.grealpha.com

GRE アルファ エレクトロニクス(GRE Alpha Electronics)有限会社はLED電源設計と製造に専念する会社です。弊社は20年以上電源設計関連専業知識と創意、また客に必要な先端技術、最高品質製品、コストの節約を理念として経営しています。弊社の製品は世界各地と様々な分野に、欧米からアジア、屋外建築街道照明から屋内家庭用照明まで幅広く適応されています。


会社名:Mustang Industrial Corp.
ブース番号:W7-24g
証券コード・上場市場名:台湾証取:コード5460
Web:http://www.mlight.com.tw/index.jsp?l=jp

MUSTANGが環境分野の新事業として開発した蛍光灯型LEDランプは長寿命で低消費電力の特長を生かしながら、独自の機能を持つ照明です。MUSTANGが誇るLED蛍光灯ランプの最大のポイントは安定器内蔵により従来型照明器具に簡単な施工により取り付けることが出来ることと独自開発の電磁波ノイズ対策があげられます。更に、従来の20W形、40W形に加え商業施設向けの110W形も新開発。さらには屋外従来型照明向けの防水型LED蛍光灯ランプの開発を日本の電気工事業者とのタイアップにより完成させました。


会社名:アモイ普為光電技術有限公司
ブース番号:W4-37A
Web:http://www.pvtech.com.cn

厦门普為光电技術有権公司(PVTECH)はLEDランプの研究開発、生産、マーケティングまでおこなう、高技術企業であります。当社はLED蛍光灯とLED電球に専念して、安価で優れた製品を絶えずに提供し、常にお客様のニーズに応えられる会社でありたい。既に PSE Diamond,PSE Circle,TUV Mark,CE,ROHS,SAA,C-Tick,FCC の認証に合格しました。


会社名:アラノッド
ブース番号:2-52
Web:http://www.alanod.co.jp

アラノッドは「MIRO®(ミロ)」「MIRO-SILVER®(ミロシルバー)」を生産する、アルミ高反射材の世界的リーディングカンパニー。

LED照明にも、ご存知のとおり、実は効率アップに「反射板」が不可欠。可視光域で安定した反射特性を持つ、全反射率95%のMIRO®(ミロ)、そして98%を誇るMIRO-SILVER®(ミロシルバー)はLED光源にも最適で、理想的な材料です。


会社名:EVERLIGHT(エバーライト)
ブース番号:West 6-10
証券コード・上場市場名:台湾証取:コード2393
Web:http://www.everlight.com

台湾LEDパッケージ業界のリーダーとして、売上高と売上高成長率の両方でも、引き続き台湾LED業界のNo.1の地位を確立してきました。エバーライトはハイパワーLED、砲弾型LED、表面実装型LED、赤外線オプトエレクトロニクス、LED照明器具など、幅広いライナップで最先端のLED製品をお届けします。当社は「省エネ、環境保護、健康」の経営理念を実践し、継続的に高品質の光半導体製品で、台湾および中国市場の一流LEDライティングブラントを目指しております。


会社名:株式会社 オプトコム
ブース番号:西1-30
Web:http://www.optcom.co.jp/

オプトコムは、次世代照明光測定機・検査機器のメーカーです。研究所で使われている検査技術を生産現場へフィードバックすることで、お客様のより良い製品づくりをサポートしています。今回は、検査機器として、LEDモジュール検査用の機器「2次元色温度計」とLED照明検査用の積分球を使った「全光束測定システム」の2つを展示します。また、高品質な光学コンポーネントの展示も行います。


会社名:クロマATE(致茂電子)
ブース番号:W2-12
証券コード・上場市場名:台湾証取:コード2360
Web:http://www.chroma.co.jp

クロマATE(致茂電子)は台湾を本拠地に1984年に設立され、自社ブランドの自動計測装置(ATE)で世界をリードする総合メーカーです。当社は電子計測機器及びシステム産業に、「精度」「信頼性」「独創性」に優れた自動検査システムと生産情報システム(MES)を統合したTurnkey Solutionを提供します。

当社の焦点は、パワーエレクトロニクス、受動素子、電気安全性、ビデオ&カラー液晶(LCM)、カーエレクトロニクスなどの半導体産業に対する試験・測定システムの提供です。  さらに当社は、太陽光発電、LED、リチウムバッテリ、電源、バッテリーパック、電気自動車などの新しいエコロジー産業のクリーンテクノロジーに向けてのテストソリューションの開発に力を注いでいます。

当社は常に最先端の技術を確保するために、研究開発に力を注いでいます。  これまでにも当社の革新的な技術に対して多くの特許が認められており、当社の将来の成長につながる優位性を確保しています。  当社のパワーエレクトロニクス技術や光学技術、生産管理システム(MES)などのコア技術は、お客様の要求を満たすための独創的なテストソリューションを提供して、様々な新しい領域に進出する礎になっています。


会社名:株式会社ハタヤリミテッド
ブース番号:西9-38
Web:http://www.hataya.jp

ハタヤリミテッドは1918年創業のコードリール、作業用照明機器等の専門メーカーです。現在、弊社商品は800種類を超え、業界のスタンダード製品をはじめ、特殊機能、複合機能、高性能のハイグレード製品を小型から超大型に至るまで、幅広くお届けしております。特に工業用コードリールにおきましては、業界トップのシェアーをいただいております。
今回の展示会では、LED照明や不意の消灯にも約1秒で再点灯するメタルハライドライト、収納ケース入防災用スタンドライトセットなど、災害時の緊急照明としても役立つ製品を多数紹介いたします。


会社名:株式会社 ロボストラクト
ブース番号:西8-46
Web:http://www.robostruct.co.jp

今までのLEDでは導入に踏み切れなかった皆様へ

弊社の商品は、様々な施設の既存照明に対し、使用用途に適したLEDチップ・電源・筐体を用い設計し生産しています。
弊社の特徴としては、既存灯具のまま交換できるLED照明をはじめ、多彩なラインナップを取り揃えております。
少量・多品種・カスタマイズ、その課題に私たちのLEDが応えます。

※無料貸し出しデモ機(先着10社)の相談会を開催いたします。


会社名:深セン市陽光富源科技有限公司
ブース番号:W5-40q
Web:http://www.sunrichled.com

深セン市陽光富源科技有限公司は中国の深セン市にある一流のLEDの研究、開発、生産、販売を専門におこなう会社です。弊社の製品はLEDの街路灯やトンネルライトや投光器やバルブライトや直管などがあります。弊社は国内で6つの子会社と2つの海外子会社を持っています。70人以上の開発技術者がいるので、研究と開発の能力は高いです。CEやRoHsやISOなどの資格証も取りました。弊社の製品はたくさんのお客様に愛用されています。日本のEPSONの深セン市の子会社の街路灯も弊社の製品です。今回の展示会は、日本の会社との合作や提携などのチャンスだと期待しています。


会社名:正屋(アモイ)電子有限公司
ブース番号:西 4-47
Web:http://www.mainhouses.com

アモイ市にある正屋(Mainhouse)電子有限公司は、1994年トランスの製造メーカーとして設立致しました。主要商品として省エネ電球、LED電球、整流器、CCFL。自社及びOEM製品はすべて海外向けに生産しております。


会社名:東京コイルエンジアリング株式会社
ブース番号:西1-20
Web:http://www.tokyo-coil.co.jp/

弊社はストロボ用昇圧トランス・トリガーコイルに従事しお客様第一主義、品質第一主義を理念として今年で30年目を迎えました。そしてカメラ用ストロボコイルのワールドワイドでシェア70%を確保するに至りました。ストロボコイルの技術を応用しLED照明用トランス、パワーチョークも随時ラインナップし更なる「存在価値のある企業」を目標に誠心誠意業務に邁進しております。


会社名:復興支援アースケア株式会社
ブース番号:西8-24
Web:http://www.kakki.co.jp

地球環境に関わるCO2排出の照明環境分野に於ける照明製品の研究、開発、及び製造、販売また各施設に省エネ照明環境を整える事を主な事業目的とし、地球全体の二酸化炭素(CO2)の排出量を軽減できる照明製品の普及を目指し、社会に貢献する。ライティングフェア2013に出展する製品は東北被災地への復興支援製品とし、販売価格の5%~10%を製造メーカー、販売関連企業の協力の元、その金額を環境復興支援事業として小型風力発電システムの寄贈及び設置費用として使用させていただきます。


会社名:豊田合成株式会社
ブース番号:西1-65
証券コード・上場市場名:東証:コード7282
Web:http://www.toyoda-gosei.co.jp/index.html

豊田合成グループはゴム・樹脂やLEDなど高分子分野・光半導体分野を中心に発展し、現在では、海外17の国と地域に46の拠点を設ける、自動車部品及びLED製品のグローバルシステムサプライヤーとして事業を展開しています。

現在は、世界トップクラスの明るさ、低消費電力の白色LEDを軸にラインアップ。

今後、さらなる高輝度・省エネ化を目指すことで、付加価値の高い業界トップクラスの製品を開発・供給し、事業拡大を目指します。


会社名:北京維信諾科技有限責任会社
ブース番号:W5-58
Web:http://www.visionox.com

ビジョノクスは中国有機ELの領域で自社開発、量産、導入及び営業等のセグメントを一体化し、中国ではHigh Technology企業としての第一企業であり、国内有機EL業界をリードする企業とも言える。ビジョノクスは有機EL材料、部品、プロセス及び駆動等の肝心な技術を把握して、今まで清華大学と連携して、国内及び海外で申請した特許件数は400件以上もある。また、弊社は有機EL国際基準の重要な参加者でもあり、有機EL国家基準の主要作成者でもある。ビジョノクスは2001年の設立と共に、中国で最初に有機EL照明事業に着手した会社でもある。



ライティング ジャパン 2013について

ライティング ジャパン2013は、第5回  次世代照明技術展第3回 LED/有機EL照明展、そして新設の第1回 東京デザイン照明展の3つの専門展からなる、アジア有数の照明の展示会です。今回2013年は世界中から出展社410社、来場者32,000人が一堂に集結します。(予定)
また同時開催の専門セミナーではPHILIPS LIGHTING、OSRAM、パナソニック、東芝ライテック…等、多数の業界リーダーを講師に招き、LED/有機EL照明における話題の最新トピックに関する各社の戦略や最新開発状況が講演されます。

ビジネスワイヤについて

ビジネスワイヤはバークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)の子会社であり、プレスリリース配信法定開示サービスのグローバル・リーダーです。ターゲット配信から広範な配信まで、多くの広報・IR担当者に当社のサービスをご利用いただいています。当社は、ディスクロージャー・サービスにおいても米国、カナダ、欧州十数カ国で高い評価を得ています。文書フォーマット編集、EDGAR(米国)やSEDAR(カナダ)などのシステムに対応した規制当局へのファイリングも行っています。幅広い広報にもターゲットを絞った配信にも、ビジネスワイヤを利用する公開・非公開企業、政府機関、市民団体などのコミュニケーション担当者は増加しており、公開企業向けのIRサービスやPRサービスのPublic Policy、LatinoWire、Corporate Social Responsibilityをご利用いただいています。ビジネスワイヤでは、ホスティングサービス「オンライン・ニュースルーム」、SEO、モバイル配信、プレスリリース配信後の計測レポートなども提供しています。特許技術による配信プラットフォーム「NX」では、事実上あらゆる言語であらゆる国のニュースシステムやウェブサイトにコンテンツ全文を同時に掲載することができます。世界各地に31カ所のオフィスを構えるビジネスワイヤは、各地域に合わせたグローバルなサービスを提供しています。

BusinessWire.comブログ「BusinessWired」、Twitter(@businesswire)、Facebookもご覧ください。

ビジネスワイヤのモバイル・アラートを購読するには、こちらをクリックしてください。

Contacts

Business Wire
Global Event Services
US. +1-310-820-9473
http://www.businesswire.com
http://www.tradeshownews.com
Twitter: @tradeshownews
または
ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社
角井 茜 +81 3-3239-0755
japan@businesswire.com

Sharing

Contacts

Business Wire
Global Event Services
US. +1-310-820-9473
http://www.businesswire.com
http://www.tradeshownews.com
Twitter: @tradeshownews
または
ビジネスワイヤ・ジャパン株式会社
角井 茜 +81 3-3239-0755
japan@businesswire.com