エクステラが中小企業向けにXteraLinkを発表

ダラス & 台湾・台北--()--(ビジネスワイヤ) -- 光伝送とWANネットワーキングのソリューションを提供する世界一流企業エクステラ・コミュニケーションズ(エクステラ)は本日、XteraLink 300を発表しました。この商業提供可能な新製品ラインによって、支所、ホームオフィス、中規模企業、アパート、ホテル、その他の雑居ビル向けに先進のネットワーキングソリューションが実現します。XteraLinkは、既存インフラのROIを最大化し、ネットワークの信頼性を向上させ、ユーザー体験を改善することで、企業がネットワーク効率を最適化できるようにするものです。

XteraLinkは企業イントラネット(LAN)とインターネット(WAN)の境界に設置するエッジサーバーアプライアンスです。本製品はコスト効率よく複数のWANリンクを仮想パイプに接続することで、帯域幅集約とWAN耐故障性を実現します。最大スループット300MbpsのXteraLinkは、WAN、LAN、DMZにつきそれぞれ3本、1本、1本のリンクを持ち、3Gセルラーデータカード向けUSBポートを備えています。XteraLinkには組み込みのファイアウオールが付属しており、DoS攻撃、DDoS攻撃、接続制限に対応した機能を含んでいます。その他の重要機能には、アウトバウンドロードバランシング(オートルーティング)、NAT、仮想サーバーがあります。

エグゼクティブバイスプレジデント・最高マーケティング責任者・最高経営企画責任者を兼任するPablo Gargiuloは、次のように述べています。「エクステラはネットワーク効率を最大化する先進的で革新的なソリューションの提供に努めています。XteraLinkによって、年中休みなくセキュリティーと信頼性を確保しつつ、先進的な高性能ネットワークを実現することができます。」

エクステラ・コミュニケーションズについて

エクステラ・コミュニケーションズ(エクステラ)は、最大の容量・リーチ・セキュリティー・価値を実現するネットワークインフラを専門としています。エクステラは世界中のサービスプロバイダーや企業向けに光伝送やWAN最適化のソリューションを提供しています。エクステラは地上通信・海底通信・長距離通信・局所通信・最適化のアプリケーションをソリューションポートフォリオに擁しており、5大陸で展開しています。サービスプロバイダーはエクステラの光伝送ソリューションを活用することで、新規導入によって自社の市場範囲を加速化しながら拡大するとともに、コスト効率に優れたアップグレードによって既存ネットワーク資産の寿命を延長することができます。エクステラのWAN最適化ソリューションにより、効率性・インテリジェント性・柔軟性を備えたネットワーク最適化が可能となります。詳細情報については、www.xtera.comをご覧いただくか、リンクトイン、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブをご参照ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Xtera Communications
Bertrand Clesca, +1-972-649-5135 or +33 1 45 48 15 67
bertrand.clesca@xtera.com

Sharing

Contacts

Xtera Communications
Bertrand Clesca, +1-972-649-5135 or +33 1 45 48 15 67
bertrand.clesca@xtera.com