スタリオン・オイルフィールド・ホールディングズが定期融資取得計画の中止、配当金の宣言、戦略的選択肢の再検討について発表

ヒューストン--()--(ビジネスワイヤ) -- スタリオン・オイルフィールド・ホールディングズは本日、取締役会が以前発表したシニア有担保定期融資取引を中止すると決定したこと、および2012年の当社株主に支払われる1株当たり4.00ドルの特別現金配当を宣言したと発表しました。配当の基準日は2012年12月20日で、支払日は2012年12月24日です。

定期融資を放棄するという当社取締役会の決定は、当社の株主にとって定期融資よりも有利なものとなる戦略的選択肢の可能性を探り、評価することが目的です。何らかの戦略的選択肢が実行されることや完了することに対しての保証はできません。当社は、取締役会が具体的な取引を承認するまで、戦略検討のプロセスに関する進展を開示する意図を持っていません。

スタリオンについて

スタリオン・オイルフィールド・ホールディングズおよびその子会社は、米国各地の石油・ガス探査・生産会社、掘削会社、その他のサービス会社に対して油井サイト支援、コンプリーション、生産、物流のサービスを提供しています。当社の包括的なサービスには、人員滞在ユニット、生産・流体輸送、地上機器レンタル、固体コントロール、油井サイト建設、遠隔通信のサービスが含まれます。スタリオンの営業地域には米国の最も生産的で利益性の高い石油・天然ガス堆積盆が含まれ、南テキサス(イーグルフォード・シェール)、アークラテックス(ヘインズビル・シェール)、マーセラス/ユティカ・シェール、北テキサス(バーネット・シェール)、中央部(ウッドフォード・カナ、グラナイトウォッシュ)、ペルミアン盆地(ウルフキャンプ、アバロン、ボーンスプリング・シェール)、ロッキー山脈(ナイオブララ、バッケン・シェール)、湾岸(タスカルーサ・マリン・シェール)で営業し、テキサス州洋上、ルイジアナ州湾岸地域、プルドー湾(アラスカ)、また程度は小さいものの一部の海外の水系でも活動しています。詳細情報は、www.stallionoilfield.comでもご覧いただけます。

1995年民事証券訴訟改革法の「セーフハーバー」規定のための注意記述

本プレスリリースには1995年民事証券訴訟改革法の意味における将来見通しに関する記述を構成する記述が含まれることがあり、これには当社の事業および油田サービス産業全体に関するスタリオン・オイルフィールド・ホールディングズ、その取締役、またはその役員の計画、意図、考え、および現在の期待に関する記述が含まれます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Stallion Oilfield Holdings, Inc.
David Schorlemer, 713-528-5544

Sharing

Contacts

Stallion Oilfield Holdings, Inc.
David Schorlemer, 713-528-5544