Big Data 向け新世代ストレージサーバー「HP ProLiant SL4500」発表

1Uあたり40TBを超える高密度・大容量サーバーがコスト効率の高い分散ストレージシステムを実現

シンガポール--()--(ビジネスワイヤ)-- 日本ヒューレット・パッカード株式会社(略称:日本HP、本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一)は本日、ストレージ容量単価を追求したBig Data向けストレージサーバー新製品「HP ProLiant SL4500」サーバーシリーズ(以下、SL4500)を発表します。また、これにあわせて、分散ストレージシステムを実現する各種ソフトウェアベンダーとのアライアンスを強化し、日本企業における導入を促進します。

昨今、企業の取り扱う構造型/非構造型データは増加の一途を辿っており、肥大化するデータを効率的に格納・分析するため、クラウドを活用した大規模ストレージサービスのニーズがグローバルに拡大しつつあります。一方で、膨大なデータを格納するストレージサービスを支えるシステム基盤には、今まで以上に大規模な拡張性とともに、ストレージ容量単価の大幅な低減が求められています。

こうした市場背景を受け、今回、日本HPでは、大規模拡張性と容量単価を追求した新しいコンセプトのストレージサーバー「SL4500」の提供を開始します。本製品は、1ノードあたり、スペースあたりのストレージ容量密度を最大化することにより、容量単価を徹底的に抑え、大量のデータを経済的に格納することができます。サーバーノードには、「HP ProLiant SL4540 Gen8サーバー」(以下、SL4540 Gen8)を搭載し、高性能なプラットフォームを実現するとともに、リモート管理機能iLO 4による「自働サーバー機能」を提供します。

「SL4540 Gen8」には、アーカイブストレージや大容量NASアプリケーション向けの1ノードモデル(60ディスク、最大容量180TB)、メールやNoSQL向けの2ノードモデル(各ノード25ディスク、最大容量75TB)、Hadoop、Verticaなどのビッグデータ分析基盤向けの3ノードモデル(各ノード15ディスク、最大容量45TB)の3つのモデルをラインアップします。これにより、用途に応じて最適な分散ストレージ環境を構築することができます。

なお、日本HPはソフトウェアベンダーと協業し、「SL4540 Gen8」と各種ソフトウェアとの組み合わせ検証、共同プロモーションなどを実施して参ります。現在、参画いただく企業は、SCSK株式会社、Cloudera株式会社、レッドハット株式会社の3社です。すでにHP本社においては、10数社のソフトウェアベンダーよりエンドースメントをいただいており、今後、日本においても参画企業を順次拡大していく予定です。

 

本日発表の新製品は、以下の通りです。

   
製品名 希望小売価格 販売開始日
HP ProLiant SL4540 Gen8

 1ノードモデル

1,174,950円~
(税抜 1,190,000円~)
2012年12月20日
HP ProLiant SL4540 Gen8
 2ノードモデル
1,345,050円~
(税抜 1,281,000円~)
2012年12月20日
HP ProLiant SL4540 Gen8
 3ノードモデル
未定 2013年春発表予定
 

<「HP ProLiant SL4500」の概要>
「HP ProLiant SL4500」は、分散ストレージおよびデータ分析用途に特化したスケールアウト型サーバーシステムです。4.3Uのシャーシにサーバーノードとして「HP ProLiant SL4540 Gen8サーバー」を搭載し、1ノードあたり、スペースあたりのストレージ容量密度を最大化することにより、従来システムに比べ容量単価を大幅に低減しています。1ノード、2ノード、3ノードの3モデルをラインアップし、1ノードモデルには最大60ディスク(最大容量180TB)まで搭載可能です。

≪サーバーノード「HP ProLiant SL4540 Gen8サーバー」の特長≫
「Gen8」テクノロジーの採用により、高性能の分散ストレージ基盤を実現するとともに、リモート管理機能「iLO 4」による優れた運用管理性を提供します。主なスペックは以下の通りです。

プロセッサー:   インテル® Xeon® プロセッサー E5-2400シリーズ×2
メモリスロット: 12×DDR3 DIMM
ネットワーク: 1Gb Ethernetポート×2

10Gb Ethernetポート×2 (オプション)

PCIスロット: 1 (ノード毎、オプション)
リモート管理機能: iLO Management Engine (iLO 4)
アレイコントローラー: HP Dynamic Smartアレイ B120i (サーバー内蔵側)

HP Smartアレイ P420i (ディスクシェルフ側)

 

≪用途に応じてモデルをラインアップ≫
ノード数とディスク容量の組み合わせにより、用途に応じ、以下のモデルから選択可能です。

  • 1ノードモデル(60ディスク、最大容量180TB):
    アーカイブストレージ、大容量NASアプリケーション用途に最適
  • 2ノードモデル(各ノード25ディスク、最大容量75TB):
    Web2.0、Eコマース用途に最適
  • 3ノードモデル(各ノード15ディスク、最大容量45TB):
    Hadoop、Verticaなどのデータ解析用途に最適 (※将来、正式発表予定)

■新製品に関する製品情報は以下のURLを参照してください。
http://www.hp.com/jp/proliant_20121220/

■製品写真ライブラリ (画像データは以下のURLからご覧になれます)
http://h50146.www5.hp.com/info/newsroom/library/proliant/

■日本HPプレスルーム
http://www.hp.com/jp/pressroom/

# # #

文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■お客様からのお問い合わせ先
(記事掲載時のお問合わせ先もこちらでお願いいたします。)
カスタマー・インフォメーションセンター TEL: 03-5749-8291
ホームページ: http://www.hp.com/jp/

© 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P
HP製品およびサービスに関する保証条件は製品およびサービスに付属する保証書に明示された保証条件のみによるものとし、本ニュースリリースの記載内容はいかなる追加保証をも行なうものではありません。HPは本レターの記載内容に技術上の誤り、欠落または本ニュースリリース作成にあたっての誤り、記載漏れがあった場合でも何ら責任を負わないものとします。

Contacts

本件に関するお問い合わせ先
日本ヒューレット・パッカード株式会社
エンタープライズ広報担当 平尾
TEL:03-5628-1570
Japan.PR@hp.com
www.hp.com/jp/pressroom/
東京都江東区大島2-2-1
(紙誌面には掲載しないでください)

HP ProLiant SL45402 Gen 8 (Photo: Business Wire)

HP ProLiant SL45402 Gen 8 (Photo: Business Wire)

???news_view.multimedia.download???

???pagination.previous??? ???pagination.next???

Sharing

Contacts

本件に関するお問い合わせ先
日本ヒューレット・パッカード株式会社
エンタープライズ広報担当 平尾
TEL:03-5628-1570
Japan.PR@hp.com
www.hp.com/jp/pressroom/
東京都江東区大島2-2-1
(紙誌面には掲載しないでください)