アスクレップがメディデータ・パートナー・プログラムに参加してアジア太平洋地域における臨床試験サービスを拡大

日本のCROが業界をリードするクラウドベースの臨床研究プラットフォームを基盤とする 新サービスを立ち上げ、臨床試験サービスを強化し、Phase I-IVサービスを拡大

ニューヨーク & 東京--()--株式会社アスクレップ(以下アスクレップ) が、従来のサービスを拡大して臨床試験のライフサイクル全体をサポートするための更なる投資戦略の一環として、メディデータ・ソリューションズ(NASDAQ:MDSO)のパートナープログラムに参加しました。アスクレップは臨床試験プロセスの重要な領域を顧客(スポンサー)のために合理化することを目的に、メディデータのクラウドベースプラットフォームに関する認定の取得を目指します。認定によって同社はスポンサーに対する効果的なサポート能力を劇的に高めることができます。アスクレップがサービス提供にあたって認定取得を計画しているメディデータのソリューションは、電子データ収集(EDC)・臨床データ管理(CDM)、安全性データ収集、モニタリング、治験薬の無作為化及び治験薬供給管理、医療コーディングです。

中国・台湾・韓国に子会社を持つアスクレップは、モニタリング、データ管理、統計解析、ライティング、教育研修といった臨床研究サービスを含め、アジア太平洋地域のスポンサーに多様なサービスを提供しています。同社はメディデータのプラットフォームを提供することで、日本およびアジアにおける臨床試験及び市販後調査の効率と品質をさらに高めていきます。

  • アスクレップの執行役員、医薬情報本部、本部長代理の池田 真日登氏は、次のように述べています。「弊社のパートナーもクライアントの臨床試験及び市販後調査のプロセスの効率化及び高品質なサービスを提供するという弊社の使命を共有する事が重要です。弊社はメディデータが多種多様な規模及びフェーズの臨床試験を運用している実績及び多くの施設でメディデータのプラットフォームが選定されている状況を見て、臨床試験及び市販後調査に対するパートナーとしてメディデータを考えています。」

アスクレップがメディデータのパートナープログラムに参加して、自社戦略を支えるために認定を取得しようした重要な決定要因には、メディデータがアジア太平洋地域に関する専門性と経験を蓄積しているという点もあります。メディデータは現在、同地域に本社を置くパートナー企業13社と提携しています。

  • メディデータ・ソリューションズ最高経営責任者(CEO)のTarek Sherifは、次のように述べています。「顧客の臨床試験を最適化するアスクレップの取り組みは、臨床開発の”企画から結論まで”効率的なソリューションでライスサイエンス企業をサポートするというメディデータの使命と足並みを揃えています。弊社のクラウドベースプラットフォームを活用することで生産性向上とコスト削減に取り組んでいるアジア太平洋市場のCROは増えており、アスクレップもその1つとなります。」

メディデータはチャンネル・パートナー・プログラムを2005年4月に初めて発表し、厳選されたCROとその他のサービスプロバイダが電子データ収集・臨床データ管理のMedidata Rave®システムの導入サービスを提供できるようにしました。以来このプログラムは拡大し、小規模な臨床コンサルタントから大規模なグローバルCROまで、パートナー企業は米国、欧州、アジアの30社以上に及びます。現在は、メディデータのプラットフォームによる8つの認定サービスも提供しており、パートナー企業を多様なオンデマンドリソースで支えることで、スポンサーによる臨床試験の最適化に貢献しています。

メディデータのソーシャルメディア:

アスクレップについて

1992年に東京で創業したアスクレップは、モニタリング、データ管理、統計解析、ライティング、教育研修などの臨床研究サービスを提供しています。弊社はインテージグループ(http://www.intage.co.jp/)構成企業として、医療研究・システムソリューションの機能を効果的に活用して、医薬品開発事業においてフルサービスのサポートを提供します。

メディデータ・ソリューションズ・ワールドワイドについて

メディデータ・ソリューションズは、顧客の臨床試験効率を高めるクラウドベースの臨床開発ソリューションを扱うリーディング・グローバル・プロバイダです。メディデータの高度なプラットフォームは、臨床試験のconcept to conclusion(企画から結論まで)、すなわち、臨床試験およびプロトコールデザインから、臨床試験の計画と予算管理、治験実施施設との交渉、臨床管理ポータル、臨床試験管理、無作為化&治験薬供給管理、臨床試験データの収集・管理、安全性データ収集、医療コーディング、臨床事業分析に至るまでのプロセスをトータルに最適化することで、臨床開発の総コストを削減します。ライフサイエンスにおけるメディデータの広範な顧客基盤は、バイオ製薬、医療機器・診断、学術・政府機関、CRO、その他の研究機関にわたり、トップ 25 までに位置するグローバル製薬企業 20 社以上に加え、生命を向上する治療・診断方法の開発に携わるあらゆる規模の組織を含みます。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Medidata Contact:
Geoff Curtis
312-233-1253
Geoff.curtis@edelman.com
お問い合わせ先:
株式会社アスクレップ  経営企画部
担当:松浦 正純
TEL.03-5979-1001

Sharing

Contacts

Medidata Contact:
Geoff Curtis
312-233-1253
Geoff.curtis@edelman.com
お問い合わせ先:
株式会社アスクレップ  経営企画部
担当:松浦 正純
TEL.03-5979-1001