東芝:無線給電システム用ICの開発で協業

- Qi規格のワイヤレスパワーシステムでHanrim 社と合意 -

東京--()--当社は、スマートフォンや携帯電話などの携帯機器向けとしてWPC*1(Wireless Power Consortium)が提唱するQi規格*2のローパワー分野において、韓国のHanrim Postech LLC社(以下、Hanrim社)と無線給電システム向けICの開発で協業することに、このほど合意しました。

当社がICの開発・生産を、Hanrim社が無線給電システムのモジュールの提案を行うことで、ユーザが必要とする非接触充電システムの普及を促進する活動を今月から開始します。

近年、スマートフォンの普及とともに、その充電方法はACアダプタやUSBを使ったケーブルから一新し、非接触充電システムへ移行しつつあります。1日におけるスマートフォンの利用時間が従来と比べ長くなり、充電回数が日に2回以上に増加しているため、現状では常に充電するためのケーブルが必要です。ケーブルレス化が実現できれば、ケーブルを持ち歩く必要はなくなります。

また当社は、Hanrim社が持つ非接触充電システムのノウハウを活用し、Qi規格に準拠した送電側ICと受電側ICの2つの製品を開発し、今月からサンプル出荷を開始します。

*1: WPC
Wireless Power Consortiumは137社(2012年12月時点)のメーカーが加盟する非接触誘電に関するコンソーシアム。各社の送電システムと受電システムの互換性があることで、世界の非接触誘電システムのデファクトスタンダードになりつつある。
非接触充電システム対応のための無線給電用IC開発を目的として、当社は2012年2月からWPCレギュラーメンバーとして活動中であり、Hanrim社も同メンバーとして参画している。
*2: Qi規格
電磁誘導方式で最大5Wの低電力向けに対応

 

製品の概要

品番   サンプル時期   量産時期   備考
TB6865FG 2012年12月 2013年1月 Qi規格ver1.0対応
TB6860WBG   2012年12月   2013年1月   Qi規格ver1.0対応
 

製品の主な特長

1. WPCが提唱するQi規格を採用
本製品はQi規格ver1.0に対応しています。

2. 給電/ 充電モードは内蔵するDC-DCコンバータで
受電側であるTB6860WBGは電圧出力のためにDC-DCコンバータ回路を採用しています。バッテリーの急速充電に必要な電流容量を最大1,200mAで効率よく出力することが可能です。

3. バッテリー充電機能も搭載
TB6860WBGは既存のスマートフォンプラットフォームが持つ充電の仕組みに電源供給する給電モードに加え、バッテリーへ直接充電可能な充電モードを搭載しています。携帯機器に内蔵されるバッテリーパック内に非接触充電を搭載する際、TB6860WBGを採用することで充電専用ICが不要になり、スペース面・コスト面にも有利です。各社バッテリーセルが持つ固有の充電プロファイルも内蔵するレジスタ設定で変更可能です。

4. 2台のセットを同時充電可能
TB6865FGは1つのICで2台同時に充電できる2デバイスをサポートしています。Qiマークの付いているスマートフォンの充電している状態で、もう片方の空いた送電パッドにQiマークの付いたデジタルスチルカメラやゲーム機などのモバイル機器を同時に充電することが出来ます。それぞれの専用ケーブルを用意する手間がなく、簡単に同じ充電パッドでQiマークの付いた携帯機器の充電が可能です。

 

製品の主な仕様

     
品番   TB6865FG
方式 電磁誘導方式
制御回路 ARM CortexTM-M3内蔵
動作入力電圧

4.5V~14V(アナログ)
2.7V~3.6V(デジタル)

PWM出力数 8CH/ ユニット×2
コイル制御 複数コイル制御アーキテクチャ
パッケージ   LQFP100
     
品番   TB6860WBG
方式 電磁誘導方式
動作入力電圧 3.4V ~ 15V
出力電流(最大) 1,200mA
出力電圧 3.0V~5.55V(給電モード時)
充電方式 降圧型DC-DC コンバータ
充電シーケンス設定 I2C経由でレジスタ設定
フェイルセーフ機能 入力電圧、出力電流、IC熱管理
パッケージ   WCSP39

 

  *CortexTM はARM Limitedの商標です。

 

製品の詳細はホームページをご覧ください。
http://www.semicon.toshiba.co.jp/product/linear/selection/powersupply/wpc/index.html

*本資料に掲載されている情報(製品の価格/仕様、サービスの内容及びお問い合わせ先など)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

Contacts

・本資料に関するお問い合わせ先:
東芝 セミコンダクター&ストレージ社
高畑浩二
Tel:03-3457-3405
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp
・お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
ミックスシグナルLSI営業推進担当 Tel:044-548-2821

東芝 無線給電システム向けIC、送電側IC(左)と受電側IC(右)(写真:ビジネスワイヤ)

東芝 無線給電システム向けIC、送電側IC(左)と受電側IC(右)(写真:ビジネスワイヤ)

???news_view.multimedia.download???

???pagination.previous??? ???pagination.next???

Sharing

Contacts

・本資料に関するお問い合わせ先:
東芝 セミコンダクター&ストレージ社
高畑浩二
Tel:03-3457-3405
e-mail: semicon-NR-mailbox@ml.toshiba.co.jp
・お客様からの製品に関するお問い合わせ先:
ミックスシグナルLSI営業推進担当 Tel:044-548-2821