マクフィー・エネルギー、GRHYDプロジェクトへの参加でフランスのガス供給網に技術革新を起こす

仏グルノーブル--()--(ビジネスワイヤ) -- 据え置き型エネルギー貯蔵のリーダー企業のマクフィー・エネルギーは、GDFスエズ・ガスと新エネルギー研究イノベーションセンター(CRIGEN)が立ち上げたGRHYDプロジェクトの中核企業となりました。約10のフランスのパートナーで構成されるこのプログラムの目的は、水素ベクトルを介して電気とガスのエネルギー管理を組み合わせた柔軟なソリューションを提供することです。環境特区で間もなく開始される最初の5年間の実験は、再生可能エネルギーから生産された水素を天然ガス供給網に注入することを基本としています。同時に実施される2つ目の実験は、より環境に配慮した燃料であるハイタン(Hythane©)を自動車用天然ガスで動く自動車でテストすることです。マクフィー・エネルギーは、水素貯蔵ソリューションの専門知識を提供します。この革新的な会社は、供給と需要の調整に向けた生産曲線の平滑化も目指しています。

再生可能エネルギーへの新たな道を開く
GRHYDプロジェクトは、野心的で賢いものです。特に風力タービンによって生産される「グリーン」なエネルギー生産の促進を目的としています。その出力は気象条件に依存するため大きく変動し、時には需要を上回って供給網を飽和させる可能性があります。この場合は、例えば風力発電基地などの生産ユニットは通常は停止され、フランスの貴重なエネルギーに相当量の損失が生じます。この余剰電力の貯蔵にガス供給網を使用することで、GDFスエズとそのパートナーはこの問題への効率的な対策を提供し、この有望な分野で足場を固めます。各社は、欧州指令2009/28/Cも順守する予定です。この指令は、フランスに対して2020年までに全体の総エネルギー消費量に占める再生可能エネルギーの割合を23%にするという目標を設定しています。

一般的な原理は、風力タービンによって生み出された余剰エネルギーを回収し、貯蔵可能な燃料ガスの水素に変換することです。このガスは、必要に応じて既存のガス供給網に随時再注入されます。「電力からガスへ」と呼ばれるこのシステムは、既にドイツと米国で採用されています。これは、再生可能エネルギーの推進、既存のインフラ(ガス供給網)の使用、必要に応じた電力生産といった多くの利点を提供します。

パートナーのマクフィー・エネルギー
革新的なフランス企業のマクフィー・エネルギーは、専門分野に完璧に一致する今回のプロジェクトに当然ながら関心を持ちました。2008年1月に設立されたマクフィー・エネルギーは、水素化マグネシウムを用いた独自の固体水素貯蔵技術を開発しました。これらは圧縮ガスや液化ガスよりはるかに高密度の化合物であり、安全で可逆的な水素貯蔵・輸送と優れたエネルギー効率が実現します。マクフィー・エネルギーは、このようにしてGDFスエズに再生可能エネルギー由来の水素の貯蔵・生産に関する専門知識を提供します。

マクフィー・エネルギーの貯蔵ユニットを使用すれば、生産と供給の分離が可能となり、伝達するエネルギーの品質管理が向上します。従って、天然ガス供給網へのこの水素の注入は、真に電気とガスのエネルギー網の間の溝を埋めるものです。

マクフィー・エネルギーのパスカル・モーベルジェ最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「これは、フランスで生産される全エネルギーをつなぐ初の構造化プロジェクトであり、私たちはこれに参加できることを非常に誇りに思っています。当社の主な役割は、再生可能エネルギーからの水素生産の急激な変動を制御・平滑化し、それによって供給と需要を調整することです。これは、当社が有望な分野に本格参入する機会でもあります。この分野に参入することで、当社は将来的に世界中のプロジェクトでこのモデルを繰り返し使用できるでしょう。」

マクフィー・エネルギーについて - www.mcphy.com
2008年に設立されたマクフィー・エネルギーは、水素化マグネシウムを用いた革新的な水素貯蔵技術の工業化・商業化を使命とするフランスの新しいハイテク企業です。その他の水素貯蔵ソリューションに比べてユニークな利点を提供するこの技術は、産業用水素と再生可能エネルギーの市場に対応しています。マクフィー・エネルギーは、ジョセフ・フーリエ大学と協力してフランス国立科学研究センター(CNRS)で実施した8年以上にわたる研究から生まれた特許ポートフォリオに関して独占的権利を所有しています。TENERRDIS競争力クラスターの一員であるマクフィー・エネルギーは、いくつかの研究プロジェクトに直接パートナーや下請け企業として参加しています。マクフィー・エネルギーは、グローバル・クリーンテック100とトップ5クリーンテック・フランスに選ばれています。当社は最近、フランス、英国、イタリア、日本で数多くの契約を締結し、その技術的リーダーシップを証明しました。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Press Contact:
EQUILIBRE
Florence Dapoigny - 01 39 25 00 33 - 06 60 49 83 95
florence.dapoigny@sfr.fr

Sharing

Contacts

Press Contact:
EQUILIBRE
Florence Dapoigny - 01 39 25 00 33 - 06 60 49 83 95
florence.dapoigny@sfr.fr