コカ・コーラ、2012年のクリスマスソングに新進アーティストを起用

コカ・コーラのキャンペーンソングはチャリティーアルバム「A Very Special Christmas®」にも収録

アトランタ--()--(ビジネスワイヤ) -- 今年のクリスマスシーズンには特別な曲が流れます。コカ・コーラは新進アーティスト3人と協力し、2012年のクリスマス・キャンペーンソングを作り上げました。

ロック・マフィアをプロデューサーに迎え、ミュージック・ディーラーズ契約アーティストのグレイソン・サンダースが作曲した楽曲は、サンダースに加えアトランティック・レコード契約アーティストのロリアナ・メイとMulinjer契約シンガーソングライターのジョノが歌っています。

さまざまな音楽的背景と人生経験を持つ3人がその多彩な要素を曲に詰め込み、クリスマスシーズンの魅力を讃えます。メイのジャズとリズム・アンド・ブルースの影響を受けたソウルフルな歌声とコンテンポラリーなポップスが調和し、真にユニークなサウンドが誕生しました。ジョノにとって、この曲はめまぐるしかった今年の締めくくりとなります。2つの仕事を掛け持ちしていた状態から、コカ・コーラのクリスマスソングと自身のソロシングルのレコーディングを行うに至るまで、大きく飛躍した年でした。

グレイソン・サンダースは、こう語っています。「この曲の背景にある物語は、自分自身の思い出に結びついています。クリスマスには、遠くに引っ越してしまった友人たちが再び集まります。これは、1年のうちのこの特別な季節にすべての人に共通する文化的なテーマです。」

コカ・コーラには記憶に残るクリスマスソングを生み出してきた長い伝統があります。2010年と2011年のクリスマス・キャンペーンで流れていた「シェイク・アップ・クリスマス」に続く「サムシング・イン・ジ・エア」は、コカ・コーラの有名な5音のメロディーのジングルを取り入れた最新ソングです。

現在iTunes(アイチューンズ)より購入できる「サムシング・イン・ジ・エア」は、今年のコカ・コーラ・クリスマス・キャンペーンの中心です。世界100カ国近くで開始されるキャンペーンの構成要素として、このキャンペーンソングは今月より世界各国で放映される2012年のコカ・コーラ・クリスマス・テレビコマーシャルのサウンドトラックとして流れます。キャンペーンは伝統的なクリスマスならではの連帯感の意味から発展し、人々がクリスマスシーズンに一緒に集うときに世界はもっと幸せな場所になり素敵な出来事が訪れるというメッセージを伝えます。

クリスマス・キャンペーンの一環として、コカ・コーラは各国の消費者の皆さまに自分だけの「サムシング・イン・ジ・エア」を作る機会を提供します。オンラインアプリケーションを使って曲をダウンロードし、自分の声を加えてオリジナルにアレンジできます。フェイスブックのプロフィール写真を使ってアルバムカバーを作り、家族や友人と共有することもできます。

ロリアナ・メイは、次のように語っています。「私自身のクリスマスの習慣にとって、音楽は大きな意味を持ちます。今年のコカ・コーラ・クリスマス・キャンペーンに参加でき、とてもうれしいです。斬新でオリジナルな方法でこの曲を周りの人と一緒に楽しむことができるのは、素晴らしいことです。ファンの皆さんがどのようなアレンジをするのか、今から楽しみです。」

A Very Special Christmas(ア・ベリー・スペシャル・クリスマス)

クリスマスソング・シリーズの「ア・ベリー・スペシャル・クリスマス」は1987年に始まり、音楽史上最も成功したチャリティーレコーディングの単独シリーズとなっています。長年にわたり、このシリーズは音楽業界の有名アーティストを集め、スペシャルオリンピックスへの寄付に充てられるロイヤリティとして1億900万ドルをこれまでに生み出しました。

1968年に故ユニス・ケネディー・シュライバー氏が設立したスペシャルオリンピックスは、スポーツの力を通じて知的発達障害を持つ人々に力を与えるために活動しています。コカ・コーラは、スペシャルオリンピックスのスポンサーを設立当初から務めてきました。

「ア・ベリー・スペシャル・クリスマス」25周年記念アルバムは現在、iTunesよりダウンロードできます。今回初めて、コカ・コーラの楽曲が当シリーズに収録されました。

ザ コカ・コーラ カンパニー炭酸飲料ブランド担当上席副社長のシェイ・ドロハンは、次のように述べています。「コカ・コーラは再び、この季節ならではの魔法を生むお手伝いをします。今年は特に、スペシャルオリンピックスへの寄付に貢献するクリスマスソングの伝統に参加でき、光栄に思います。スペシャルオリンピックスはスポーツを通じて知的発達障害を持つ人々の社会参加を促し力を与えるための活動を行っています。」

ザ コカ・コーラ カンパニーについて

ザ コカ・コーラ カンパニー(NYSE: KO)は、500超の炭酸・非炭酸飲料ブランドで消費者にさわやかさをお届けする世界最大の飲料会社です。世界で最も価値の高いブランド「コカ・コーラ」をはじめ、「ダイエット コーク」、「ファンタ」、「スプライト」、「コカ・コーラ ゼロ」、「ビタミンウォーター」、「パワーエイド」、「ミニッツメイド」、「シンプリー」、「ジョージア」、「デル バレ」などのブランドで150億ドルの売り上げを上げています。当社は、炭酸飲料、RTDコーヒー飲料、果汁・低果汁飲料を提供する世界第1位の飲料メーカーです。世界最大の飲料流通システムを通じて、200カ国以上の消費者が毎日18億杯以上の当社製品を愛飲しています。ザ コカ・コーラ カンパニーは、持続可能な地域社会の構築を目指してたゆまぬ努力を重ねており、環境フットプリントの削減、活動的で健康的な生活の支援、当社社員のための安全で受容的な労働環境の構築、そして事業を展開する地域社会の経済発展の促進のための活動に力を注いでいます。ボトラー各社を合わせたコカ・コーラシステム全体で70万人を超える従業員を擁する当社は、世界の上位10社に挙げられる民間企業です。詳細については、「コカ・コーラ・ジャーニー」(www.coca-colacompany.com)をご覧ください。あるいはツイッターでtwitter.com/CocaColaCoをフォローするか、当社のブログ「コカ・コーラ・アンボトルド」(www.coca-colablog.com)をご覧ください。

スペシャルオリンピックスについて

スペシャルオリンピックスは、スポーツの力を通じて人々の生活に変化を与える国際組織です。知的発達障害を持つ人々に力を与え、すべての人を認め合う精神を広め、相互理解と個人の尊重を奨励するコミュニティーを醸成する活動を世界中で行っています。1968年に故ユニス・ケネディー・シュライバー氏が設立したスペシャルオリンピックスは、参加アスリート数百人規模の大会から始まりました。現在では世界170カ国から400万人のアスリートが参加する活動へと発展し、年間を通じてスポーツトレーニング、競技会、関連プログラムを実施しています。スペシャルオリンピックスの活動は日々行われ、世界各地で知的発達障害を持つ人々の生活に変化を与えています。スペシャルオリンピックスは知的発達障害を持つ人々が可能性を実現し、健康を増進し、勇気をふるい、喜びと友情を感じる機会を提供しています。スペシャルオリンピックスの詳細については、www.specialolympics.orgをご覧ください。最新情報は、@specialolympics(ツイッター)、fb.com/specialolympics、youtube.com/specialolympicshq、specialolympicsblog.wordpress.comでご入手いただけます。

アーティストについて

グレイソン・サンダース

ブルックリン在住の作曲家・演奏家のグレイソン・サンダースは、バンドSnowmineのボーカリストです。11歳の時、コネチカット・ヤング・コンポーザーズ・コンペティションで優勝しハートフォード交響楽団により初演されました。ニューヨーク大学に入学し、クラシック作曲において同学で最高の栄誉を贈られました。作曲した4曲の交響曲はすべてニューヨーク地域の交響楽団により初演され、ネットワークテレビ局の番組1作を含む短編映像作品15作の作曲を担当しました。ワイクリフ・ジョンの2008年世界ツアーで演奏された楽曲のクラシック調の編曲を手がけ、現在はフリーランスの作曲家としてニューヨークの複数のポストプロダクション会社の仕事を請け負っています。

ロリアナ・メイ

最近アトランティック・レコードと契約したロリアナ・メイは、ソウルフルなジャズボーカルにコンテンポラリーなポップス、リズム・アンド・ブルース、ヒップホップミュージックを融合させています。メイはデビューシングル「ラブ・メイ」を2011年12月にリリースしました。メイは2013年にデビューアルバムをリリース予定で、ポピュラーミュージックの殻を破り、過去から現在までの素晴らしいソウルミュージックの真髄を再定義し、メイらしい方法でファンの元へ届けるべく準備を進めています。ロリアナ・メイに関する詳しい情報は、ツイッターで@laurianamaeをフォローするか、Facebook.com/laurianamaemusicやウェブサイト(http://www.laurianamaemusic.com/)をご覧ください。

ジョノ

ジョノはコロラド州デンバー出身で、高校時代に音楽に目覚めました。2012年7月、ジェイソン・ムラーズのホノルル公演で前座を務め、2012年夏にはE!テレビジョンのナイジェル・リスゴーの「オープニング・アクト」で取り上げられました。ジョノはMulinjer契約ソングライターで、デビューソロシングルのスタジオ作業と参加グループTherapoetic Soulのアルバムの完成作業を行っています。ジョノに関する詳しい情報は、ウェブサイト(http://www.mulinjer.com/Jono.html)をご覧ください。

編集者への注記

キャンペーンの画像と映像は、こちらからダウンロードできます:
http://www.coca-colacompany.com/media-center

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

The Coca-Cola Company
Carrie Brown, +01 404-676-2683
carribrown@coca-cola.com

"Something in the Air" is available on iTunes and as part of the 25th Anniversary release of the "A Very Special Christmas(R)" album also available on iTunes. (Photo: Business Wire)

???news_view.multimedia.download???

???pagination.previous??? ???pagination.next???

Sharing

Contacts

The Coca-Cola Company
Carrie Brown, +01 404-676-2683
carribrown@coca-cola.com