セルジーン・コーポレーションとアジオス・ファーマシューティカルズががん代謝の独自科学を発展させるためのグローバルな戦略的提携を発表

–本提携ではアジオスの変革的科学とセルジーンのトランスレーショナル医療の能力を活用し、まだ満たされていない重要な医療ニーズの分野をターゲットに–

米ニュージャージー州サミット&マサチューセッツ州ケンブリッジ--()--(ビジネスワイヤ) -- セルジーン・コーポレーション(NASDAQ: CELG)と非公開バイオテクノロジー企業のアジオス・ファーマシューティカルズは本日、がん代謝をターゲットとするグローバルな戦略的提携関係の構築を発表しました。本提携の目標は、がん代謝に関するアジオスの革新的な研究プラットフォームという変革的科学を土台とし、腫瘍学において疾患を変え得る新規治療薬を創薬・開発・提供することにあります。このプラットフォームは、急速に増殖するがん細胞に特徴的な主要代謝酵素を標的とすることでがんを「餓死」させることができるという考え方に基づいています。

アジオスは本契約の下、株式投資を含め1億3000万ドルの先行投資を受けることになります。セルジーンはその代わり、初期独占期間を割り当てられます。セルジーンはこの期間においてアジオスのがん代謝研究プラットフォームに基づく任意の医薬品を開発するオプションを持ちます。セルジーンはこの独占期間を追加の資金提供で延長することもできます。この提携が成功すれば、アジオスは規制・臨床・商業化の各段階で相当のマイルストーン料を得ることになります。

セルジーン研究担当プレジデントのトーマス・ダニエル(M.D.)は、次のように語っています。「アジオスの手法は独自で画期的なものです。当社はIDH1とPKM2のプログラムで早期によい成果が得られる機会を期待するとともに、アジオスがその追及で独自の位置に付けている新規ターゲットにおいてこれまでにない価値を見込んでいます。当社はアジオスとの戦略的提携によって、重篤疾患と衰弱性疾患における治療パラダイムの変革に的を絞った当社の革新的プログラムについて、その奥深く多様なパイプラインを拡大させることができると確信しています。」

アジオスはがん代謝プログラムすべてについて創薬と早期トランスレーショナル開発を主導します。セルジーンは第1相の完了後に得られた任意の臨床候補をライセンスする独占的オプションを持ち、ライセンスしたプログラムの国際的な開発と商業化を主導し、それらの資金を提供することになります。アジオスは各プログラムにおいて、マイルストーン料として最大1億2000万ドル、販売ごとにロイヤルティーを取得し、さらに米国において一定製品の開発と商業化に参画することもできます。

アジオス最高経営責任者(CEO)のDavid Schenkein(M.D.)は、次のように語っています。「当社は世界で群を抜くバイオ製薬企業のセルジーンとこうしたアライアンスを確立することができ非常にうれしく思います。セルジーンは、世界のがん患者の生命を改善し得る画期的な医薬品の創薬において、その情熱とコミットメントを当社と共有しています。アジオスはこの変革的アライアンスによって、がん代謝の分野における当社のリーダーたる地位を拡大すると同時に、独立した総合企業としての能力とプログラムを発展させるための長期的資産と柔軟性を獲得することができます。」

がん代謝について

がん代謝は生物学における刺激に満ちた新しい分野であり、がん治療の革新的な手法を提供するものです。がん細胞の代謝は、確実に増殖と生存を行うために栄養の必要条件と利用を極端に変化させる点で際立っています。この分野の研究によって、がん細胞は特定の燃料源と代謝経路に依存するようになることが実証されています。こうした代謝経路における特定酵素の同定と阻害によって、がん治療薬の創薬と開発で強力な介入点を提供できるようになります。

アジオス・ファーマシューティカルズについて

アジオス・ファーマシューティカルズは非公開の独立バイオ製薬企業で、がん代謝という新分野において新規治療薬の創薬と開発に専心しています。アジオスはこれらの活動を支援・促進するため、生物学、代謝学、生化学、情報科学を統合した強力なプラットフォームを構築しました。このプラットフォームによりターゲットとバイオマーカーの同定が可能となります。

アジオスは今日までに、世界レベルの科学チームを配置して、がん代謝専用の最大規模の研究所を建設し、新規のがん治療薬で新しい化合物開発のパイプラインを立ち上げました。同社の設立者と科学顧問はがん代謝の分野における中心的なソートリーダーであり、同分野の重要な進展と洞察、新知見の創造で責任ある立場にあります。アジオス・ファーマシューティカルズはマサチューセッツ州ケンブリッジを拠点としています。同社はサード・ロック、フラグシップ、ARCHベンチャーパートナーズから資金提供を受けています。同社に関する詳細情報についてはウェブサイトwww.agios.comをご覧ください。

セルジーンについて

セルジーン・コーポレーションは国際的な総合バイオ製薬企業で、主として遺伝子とタンパク質を調節することでがんと炎症性疾患の革新的な治療薬の創薬・開発・商業化に努めています。「同社」に関する詳細情報についてはウェブサイトwww.celgene.comをご覧ください。

将来見通しに関する記述

本リリースには、「同社」の管理下にない既知および未知の遅延、不確実性、その他の要因が関与する一定の将来見通しに関する記述が含まれます。「同社」の実際の結果、業績、成果は、これら将来見通しに関する記述で予測される内容と著しく異なる場合があります。これら将来見通しに関する記述とは異なる実際の結果、業績、成果を引き起こし得る要因は、「同社」の10-K、10-Q、8-Kの各フォーム報告書など、米国証券取引委員会に提出した書類で議論されています。これらのリスクと不確実性を前提に、読者はこれら将来見通しに関する記述に過度の信頼を置かないよう留意してください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Celgene Corporation
David W. Gryska, 908-673-9059
Senior Vice President and
Chief Financial Officer
or
Tim Smith, 908-673-9951
Director
Investor Relations
or
Agios Pharmaceuticals
Yates Public Relations
Kathryn Morris, 845-635-9828

Sharing

Contacts

Celgene Corporation
David W. Gryska, 908-673-9059
Senior Vice President and
Chief Financial Officer
or
Tim Smith, 908-673-9951
Director
Investor Relations
or
Agios Pharmaceuticals
Yates Public Relations
Kathryn Morris, 845-635-9828