新ライトン(Ryton®)PPS工場、MC(Mechanical completion)を終了

    テキサス州ウッドランド -- 【ビジネスワイヤ】 -- 2009年6月15日 – Chevron Phillips Chemical Company LP(Chevron Phillips Chemical)は、テキサス州ボーガーに、年間10,000トンを生産するライトン(Ryton®)PPSポリフェニレンサルファイド樹脂(PPS)新工場がMC(Mechanical completion)を終了したことを発表しました。同工場は現在、試運転・操業開始段階にあり、残り数週間で商業生産が開始できる見込みです。現在ボーガーにあるPPS工場の隣に建てられたこの新施設により、弊社の合計PPS生産能力は年産20,000トンにまで拡大することとなります。
    「新工場が操業し、Chevron Phillips Chemicalは既存のPPSポリマー製品ラインナップが最大となりました。」エンジニアリングポリマーグループ、総括マネジャーであるMark Amelunkeは話しております。「自動車市場から電気・電子、家電、産業用アプリケーションまで、私たちはお客様のニーズに応えることのできるポリマーとコンパウンドを揃えております。」
    既存のライトン(Ryton®)PPS工場と同様、ボーガーで生産されるPPSポリマーの多くは、テキサス州LaPorteとベルギーのKalloにあるChevron Phillips Chemicalのコンパウンド工場にてガラス繊維やミネラルともにコンパウンドされ、独自の性能・機能を持つ製品が製造されます。

    ライトン(Ryton®)PPSは、寸法安定性と腐食・高温環境における耐性により知られるChevron Phillips Chemicalの高機能のエンジニアリングポリマーです。30年以上の歴史を持つライトン(Ryton®)PPSは、条件の厳しいプラスチックアプリケーションにおける世界最高水準の製品の1つであると認識されています。ライトン(Ryton®)PPSは、コンピュータコンポーネント、自動車部品、産業部品、繊維および各種電気製品をはじめとする射出成形、ブロー成形、および押出用途に使用されます。

Chevron Phillips Chemicalについて

    Chevron Phillips Chemical Company LPは、Chevron Phillips Chemical Company LLCが所有する100%子会社であり、オレフィンとポリオレフィンにおける世界トップメーカーの1つです。また、芳香族化合物、アルファオレフィン、スチレン類、スペシャルティケミカル、プラスチックパイプやポリマーなどの、世界のリーダー的メーカーです。LLCとその関連グループは、60億米ドル($6 billion)以上の資産を有し、9カ国・37ヶ所の製造拠点・研究施設において、4,500人を超える従業員を擁しています。Chevron Phillips Chemical Company LLCは、Chevron CorporationとConocoPhillipsが50%:50%所有し、テキサス州ウッドランドに本社がございます。Chevron Phillips Chemicalについての詳細情報は、 www.cpchem.com をご覧ください。

Contacts

連絡先: Kammy Reece
電話: +1.832.813.4838
e-mail address: reecekn@cpchem.com

Sharing

Contacts

連絡先: Kammy Reece
電話: +1.832.813.4838
e-mail address: reecekn@cpchem.com